【AviUtl】さつき氏のスクリプトの導入方法と使い方

AviUtl愛用者なら知らない人は居ないであろう「さつき」氏(@satsuki_ssd)が無料公開して下さっている「AviUtlスクリプト一式」について簡単に紹介。

スポンサードリンク

「さつき」氏とは

さつき

AviUtl布教に大きく貢献している「AviUtl 拡張編集Plugin詳説」や、この記事で紹介する「AviUtlスクリプト一式」を無料公開しているニコニコ動画のユーザーです。(@satsuki_ssd

ニコニコ動画内でも、AviUtlに関する有益な動画を幾つもUPされています。(さつき氏のマイリス

特に「AviUtl 拡張編集Plugin詳説」は「AviUtlの教科書」とも言えるくらい完成度が高いので、AviUtlユーザーなら一見の価値有りです。

AviUtlスクリプト一式とは

AviUtl_icon

AviUtlは、「Lua」というスクリプト言語で書かれたスクリプトファイルを読み込む事で、機能をどんどん拡張する事が出来ます。

「Lua」スクリプトは自分で書く事も出来ますし、有志が書いたものをダウンロードして利用する事も出来ます。

「AviUtlスクリプト一式」は、「さつき」氏が自ら作ったスクリプトを、1つのフォルダにまとめて無償公開しているものです。

かなり有用なモノばかり揃っているので、AviUtlで動画編集していくつもりなら、絶対に入れておくべきスクリプトの1つです。

どんな事ができるようになる?

初心者が「こういう編集がしたい!」って思ってるような表現がほとんど出来るようになります。

ループANM
各辺を伸縮させる(例)

※種類が多すぎてここでは書ききれないので最後のリンクを見て下さい

導入方法

付属のreadmeにも書いてますけど、一応解説です。

  1. こちらのページよりスクリプト一式をダウンロードする
  2. ダウンロードしたファイルを解凍する
  3. AviUtl本体フォルダの中に「script」というフォルダを作る(大文字でも小文字でも良い)
  4. 解凍したフォルダの中にある「ANM_ssd」フォルダ「TA_ssd」フォルダ「各.anm .obj」ファイルを「script」フォルダに移動させる

これで導入は終了です。

最終的に「script」フォルダ内は以下の様な感じになります。.anmなどのファイルを更にフォルダ分けしたい場合は行っても問題有りません。(ただし、scriptフォルダより2階層深いフォルダにあるファイルは認識されないので注意です。)

  • フォルダ構成
      • AviUtl
        • script
          • ANM_ssd
            • テスト ←このフォルダ(2階層以上)の中のファイルは認識されないので注意
          • TA_ssd
          • @ANM1.anm
          • @ANM2.anm
          • @FIGURE.obj
          • @LOAD.obj
          • @TA.anm
          • @音声.anm
          • @加減速.anm
          • @連番.anm

※scriptフォルダの中に更にフォルダを作って、効果毎にフォルダ分けするのを推奨します(これだとかなり分かりづらいので)

それぞれの特徴は、ざっくり以下の様な感じです。

  • @ANM1.anm
    • 汎用的な「アニメーション効果」①
  • @ANM2.anm
    • 汎用的な「アニメーション効果」②
  • @FIGURE.obj
    • 汎用的な「カスタムオブジェクト」
  • @LOAD.obj
    • 色々なオプションを付けて動画を読み込む事が出来る「カスタムオブジェクト」(あまり使わないと思います
  • @TA.anm
    • 文字オブジェクトに使用する「アニメーション効果」
  • @音声.anm
    • 動画内の音声に合わせて変化する「アニメーション効果」
  • @加減速.anm
    • 加減速の”強弱”を調整する事が出来る「アニメーション効果」
  • @連番.anm
    • 連番画像を読み込む為の「アニメーション効果」

※それぞれの拡張子の意味とかは以下の記事を参考にして下さい。

使用方法

使用方法は、「アニメーション効果」エフェクト、「カスタムオブジェクト」を追加して、効果一覧の中から選ぶだけです。

使用方法_スクリプト_anm1 カスタムオブジェクト_figure
▲アニメーション効果 ▲カスタムオブジェクト

また、右の「すべて表示」のリストボックスを開けば、「script」フォルダ内にあるフォルダ名が表示されます。(フォルダ別にスクリプトを管理出来る)

使用方法_スクリプト_フォルdabetu

それぞれのスクリプト効果の使い方と機能

それぞれの効果を別記事にてまとめてます。(gif動画付き)

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 夏疾風 より:

    3.AviUtl本体フォルダの中に「script」というフォルダを作る(大文字でも小文字でも良い)
    ですが、それでは導入できない場合があります。
    なので[plugins]フォルダに[script]というフォルダを作り、
    解凍したフォルダの中にある「ANM_ssd」フォルダ「TA_ssd」フォルダ「各.anm .obj」ファイルを「script」フォルダに移動させることでちゃんと機能します。