【AviUtl】作業状態を保存(バックアップ)する方法【aupとexo】

AviUtlで大規模な動画の編集する際には、作業が複数日に渡る事が多々あると思います。

そういう時の為に、AviUtlでは作業状態を保存しておける機能があります。

その機能について紹介。

スポンサードリンク

保存する方法の種類

保存する方法としては、

  • 「.aup」(プロジェクトファイル)
  • 「.exo」(オブジェクトファイル)

の2種類の方法が有ります。

.aup

.aupで保存する方法

メニューの「ファイル」→「編集プロジェクトの保存」から保存する事が出来ます。
aup出力ダイアログ
▲クリックで拡大

.aupファイルの開き方

開く方法は2通り有ります。

  • メニューの「ファイル」→「編集プロジェクトを開く」から開く
  • .aupファイルを直接ダブルクリックして開く
    ▼開く際には「ファイルの関連付け」を行っておく必要が有ります
    ファイルの関連付け

.exo

.exoで保存する方法

拡張編集の画面で「右クリック」→「ファイル」→「オブジェクトファイルのエクスポート」から保存する事が出来ます。

「オブジェクトファイルのエクスポート エクポートダイアログ
exo保存方法 exo出力ダイアログ

.exoファイルの開き方

開く方法は3通り有ります。

  • タイムライン上で「右クリック」→「ファイル」→「オブジェクトのインポート」から開く
  • タイムラインに.exoファイルをD&Dする(手軽)
  • AviUtl.exeと同じ階層に.exoファイルを直接保存、もしくは適当なフォルダ名を付けてその中に保存」しておく事で、タイムライン上で「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」のメニューの中から「シーン」として挿入出来るようになる
    exofile

また、挿入したオブジェクトは、「シーン」扱いとしても扱う事が出来るようになり、別途シーンとして編集も可能です。
シーン_オブジェクト追加

※シーンとして挿入する際は、該当シーンを選択した状態でタイムライン左上のシーン名(ライムライン左上_シーン名)を左クリックし「シーンの設定」を開き、「アルファチャンネルあり」にチェックを入れないと、オブジェクト以外何もない映っていない部分も上書きされるような形で挿入されてしまいます。

シーンの設定

また、それ以外にも「合成モード」を「通常」以外に変更する事でもこれを回避する事が可能です。
合成モード一覧

それぞれのメリット・デメリット

これらの使い分けとしては、

  • 完成された1つの作品として保存する場合は「.aup
  • のちのち他のプロジェクトでも使いまわせるかもしれないヤツは「.exo

といった使い分けで良いかと思います。

基本的に小規模なプロジェクトであれば「.exo」で保存しておけば、のちのち他のプロジェクトでも「部品」として挿入する事が出来ますし、利便性も高いので「.exo」で良いでしょう。

.aup

.aupで保存するメリット・デメリットについてです。

メリット

  • ファイルをダブルクリックするだけで開く事が出来る
  • AviUtl本体のフィルタ設定なども保存出来る
  • 全てのシーンを保存出来る(RootからScene49まで)
  • レイヤーの表示・非表示の設定が保存出来る

デメリット

  • .aupファイル同士を繋げる(結合)事が出来ない
  • プロジェクト内で使用しているファイルの場所(パス)が変わってしまった場合、読み込めなくなってしまう

.exo

.exoで保存するメリット・デメリットについてです。

メリット

  • 頻繁に使うオブジェクトを部品として使う事が出来る(「メディアオブジェクトの追加」のメニュー欄などに追加できる
  • オブジェクト(画像、動画等)の保存場所(パス)が変わってしまっても書き換える事が出来る
  • AviUtl以外のソフト(nicotalkとかゆっくりムービメーカーとか)でも扱う事が出来る(※これらのソフトで読み込めるわけではない。出力出来るというだけ)

.exoファイルはメモ帳などのテキストエディタで直接開く事が出来ます

開いた後、動画オブジェクトや画像オブジェクトのファイルパスなども編集する事などが出来ます(各オブジェクトの設定ダイアログのパラメータなども編集できる)

デメリット

大規模な動画の場合、シーンを分ける事がよくあると思いますが、.exoの場合「出力した1シーン」しか保存する事が出来ません。(Rootを出力した場合、Scene1~49は保存されない)

自分の用途に合った方で保存すると良いでしょう。

2つのexoファイルを結合する方法

  1. 2つのexoファイルを、タイムラインにドロップして結合する
  2. おわり

2つのaupファイルを結合する方法

  1. それぞれのプロジェクト(aup)を開く
  2. それぞれ、タイムライン上で「右クリック」→「ファイル」→「オブジェクトファイルのエクスポート」からexoファイルとして出力
  3. 出来た2つのexoファイルを、タイムラインにドロップして結合する
  4. おわり

このページの情報は以上です。

関連ページ【AviUtl】自動バックアップ機能の使い方【復元】

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    「オブジェクトによってはプラスマイナスが逆転してしまう事がある」
    「画面外からの登場」で-0.5が反応しなくてググったらここに辿り着いたけど
    リンクされた掲示板に
    「0~-0.9までの数値は、exoにはちゃんとマイナスで記録されるけど、exoを読み込むとプラスに変わる」
    って特定されてるね。
    自分もexoファイル見てみたらちゃんと-0.5で保存されてたから、恐らくバグという名の仕様なんだと思う