【AviUtl】QSVを使用してハードウェアエンコードする方法【QSVEnc】

rigaya氏が公開している、

QSVを使用して動画を高速にエンコードする事ができるAviUtlの出力プラグイン「QSVEnc」の使い方などを簡単に紹介したいと思います。

スポンサードリンク

QSVとは?

sb-logo

QSV(QuickSyncVideo)は、

IntelのCPUの中にある「動画をエンコードする専用の機能」のことです。(Intel専用なのでAMDのCPUにはありません

動画のエンコード中って、CPUの使用率が跳ね上がってしまうので、他の作業がろくに出来なくなってしまいますよね。

しかしQSVを使ってエンコードすれば、CPUの演算とは別の回路で演算を行うので、CPUにあまり負荷を掛けずに処理できます。

また、QSVがエンコードに最適化された機能なので、高速にエンコードできますし、
消費電力も低いので電気代の節約にもなります。

というわけで「QSV」は、

  • 速く
  • 低負荷に
  • 安く(電気代)

という3つの特徴を持った、動画をエンコードできる機能のことを言います。

QSVEncとは?

QSVEncは、AviUtlでQSVを使用できるようにした出力プラグインです。

作者は、x264guiExでお馴染みのrigaya氏です。

QSVEncを使用できる条件

QSVは「IntelのCPUの中にあるエンコード機能」なので、AMDのCPUでは使用できません

また、IntelのCPUの中でもハイスペッククラスのパソコンには、QSVの機能がついてなかったりするので、IntelのCPUの中でも使用できるものと使用できないものがあります

この条件については、rigaya氏が上手くまとめてくれてますので、そのまま転載します↓。

OS
Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 (x86 / x64)
Linux x64 (Redhat/CentOS系、Debian/Ubuntu系は動作確認済み)

ハードウェア環境
Intel CPUでQuick Sync Videoの使用可能なもの
主にIntel Core i3/i5/i7 CPU 2000番台以降

主なCPUまとめ

Core系 CPU QSVの使用
Penrynn以前 Core2 xxx ×
Nehalem/LynnField Core i3/i5/i7 xxx ×
SandyBridge Core i3/i5/i7 2xxx
SandyBridge-E Core i7 3xxx ×
IvyBridge Core i3/i5/i7 3xxx
IvyBridge-E Core i7 4xxx ×
Haswell Core i3/i5/i7 4xxx
Haswell Pentium G3xxx
Haswell Celeron G1xxx
Haswell-E Core i7 5xxx ×
Broadwell Core M/i3/i5/i7 5xxx
Skylake Core i3/i5/i7 6xxx
Skylake Pentium G4xxx
Atom系 CPU  
Bonnell Atom ×
Saltwell Atom ×
Silvermont Pentium/Celeron/Atom
Airmont Pentium/Celeron/Atom

引用:http://rigaya34589.blog135.fc2.com/blog-entry-704.html

ただ、ここにある条件に当てはまっていても、マザボがQSVに対応していないものだったりすると使用する事が出来ないので、何とも言えません。(例えばSandy系のCPUだと「H67なチップセットを使っているマザボじゃ使えない、P67じゃないとダメ」みたいなのがあったりします)

あとWindowsXPも非対応のようです。

というわけで、

使用の条件が非常にややこしいので、「自分のパソコンで使えるか知りたい!」という人は、実際に自分でインストールしてみて使えるか使えないかを判断するのが手っ取り早いです。

ダウンロードとインストール

  1. rigaya氏のブログから「QSVEnc + QSVEncC」というファイルをダウンロードする
    • 右のサイドバー一覧にあります
  2. ファイルを解凍する
  3. 中に入っている「auo_setup.exe」を実行する
  4. 以下のようなインストーラーが立ち上がるので、AviUtlの本体フォルダを指定して、「次へ」をクリックする
    qsvenc
  5. 「終了」をクリック
    qsvenc_end

以上でインストールは終了です。

使い方

使い方は、他の出力プラグインと同じです。

メニューの「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 QSV出力」から使用できます。

設定画面は以下のような感じで、他のx264guiExなどと同じような感じです。

c244a9477a5d59d414c3d58e73d6650f

「H.265/HEVC」は「Skylake」以降のCPUじゃないと選べないみたいです。

MPEG2も、CPUによっては選べるみたいです。

また、「Vpp/詳細設定」から、QSVの機能で直接、

  • 「リサイズ」 
  • 「インタレ解除」
  • 「エッジ強調」

などのフィルター処理も出来ます。

Vpp-詳細設定

付属のreadme.txtに詳しく解説されていますので、そちらを参照されてから使用することをおすすめします。

エンコードしてみた結果

実際にエンコードしてみたので、超簡単に結果を書いてみます。

エンコしたPCスペック

  • CPU:core i3 4005U
  • メモリ:4GB

エンコした動画・設定

  • 種類:動きの激しい実写
  • 長さ:9秒
  • 解像度:1920×1080
  • fps:60fps
  • QSVEncの設定:デフォルト
  • x264guiExの設定:デフォルト
  • その他:フィルタ処理などは何もなし
  x264guiEx QSVEnc(H.264)
エンコ時間 1分30秒 52秒
 CPU使用率  75~80%くらい  70~75%くらい

というわけで、

・普通にエンコードする場合と比較して、2倍くらいの速さでエンコ出来る

・CPU使用率は、どちらもあまり変わらない(ただし、もっと最新のCPUであれば、QSVの機能も向上してると思うので、更にソフトウェアエンコードと差を付けられると思います)

という結果になりました。

QSVEncプラグインは頻繁に更新されていて、更新することで機能が向上するかもしれないので、よく使用する予定の人は、rigaya氏のブログをチェックするの推奨です。

このページの情報は以上です。

関連動画のエンコードを出来るだけ高速化する方法について

スポンサーリンク

フォローする

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    AMDのAPUでQSVに相当するものはVCEという名前であることも付け加えたほうが親切では?