【AviUtl】ピッチ変更プラグインの使い方

rikky氏(@rikky_mausu)が製作した「ピッチ変更プラグイン」の使い方について紹介。

スポンサードリンク

ピッチ変更プラグインとは?

ピッチ変更プラグインは、

AviUtlの拡張編集上で、音声のピッチ(高さ)を変更することができるプラグインです。

▲原音 ▲原音を1オクターブ上げる ▲原音を1オクターブを下げる

※これらの動画では、割れたような音になっていますが、これはAviUtl上で再生しているからです。
(後述する「改良版」にチェックを入れれば、音質は改善します)

導入

以下、導入方法です。

  1. rikky氏のホームページより「ピッチ変更」をダウンロードする
  2. ファイルを解凍する
  3. 中に入っている「pitch.auf」というファイルを、AviUtlの直下に移動させる

導入後は、以下のようなフォルダ構成になります。

  • AviUtl
    • aviutl.exe
    • pitch.auf ←ここ

使い方

「ピッチの調節」の使い方

以下、使い方です。

  1. 拡張編集のタイムラインに、ピッチ変更したい音声を読み込む(ドラッグ&ドロップする)
  2. タイムライン上で「右クリック」→「フィルタオブジェクトの追加」→「ピッチの調節」をクリックして追加し、「ピッチ変更したい音声」の下レイヤーに「ピッチの調節」を移動させる
  3. 「ピッチの調節」をダブルクリック → 設定ダイアログを表示 → 「ピッチ」を好きな値に変更する

これの状態で再生すると、ピッチが変更された状態で再生されます。

基本的な使い方は以上です。

「ピッチの調節(補助)」の使い方

タイムライン上で「右クリック」→「フィルタオブジェクトの追加」を見ると、「ピッチの調節(補助)」という項目も追加されていると思います。

この「ピッチの調節(補助)」は、「ピッチの調節(補助)」より上にある音声オブジェクトに対して、「ピッチの調節」の影響を受けないようにするためのオブジェクトです。

▲このように設置すると、Layer2より上にある音声オブジェクトは、Layer4にある「ピッチの調節」オブジェクトの影響を受けなくなる

「背景で流れているBGMはピッチ変更したくない!」という場合に使用できます。

設定項目

「ピッチの調節」の設定項目についてです。

  • ピッチ:
    • ピッチの高さを変更できる
      0:原音のまま
      100:1オクターブ上げる
      250:2.5オクターブ上げる
      -100:1オクターブ下げる
  • 音量レベル:
    • 音声の大きさを変更できる
      128:原音のまま
      256:音量を2倍にする
      64:音量を半分にする
  • 改良版:
    • チェックを付けると、高クオリティな音質になる
    • ただし、チェックを付けると、AviUtlで再生しても音が流れなくなる
      音声を確認するには、音声ファイルや動画ファイルとして書き出す必要がある

「改良版」のチェックについては、

  1. チェックを外す
  2. 音のピッチを確認する
  3. 「これでOKだな」と思ったら、チェックを付ける

という風にして、最終的に書き出す前には、チェックを付けることをオススメします。
(というかチェックを付けないと、割れているような音になってしまうので、チェックは必須かもしれません)


▲rikky氏の解説動画(1つ目)


▲rikky氏の解説動画(2つ目)

このページの情報は以上です。

関連【AviUtl】音の高さ(ピッチ)を変えずに再生速度を変更する方法