パソコンに地デジ・BS/CSを動画として録画保存する2つの方法

デジタル放送(地デジ・BS・CS)を、どうにかして「パソコンに動画として保存する方法」について紹介したいと思います。

※ここでいう「パソコンに動画として保存する」というのは、HDD・USBなどのメディア間でも自由に移動・コピー出来るし、動画編集・エンコードもできたりと、煮るなり焼くなり好き放題に出来る状態の動画として保存することを指します

※コピープロテクト付で保存することじゃありません

スポンサードリンク

地デジ・BS・CSを動画として録画保存する方法

方法としては2つの方法しか有りません。以下の方法のどちらか一択です。

  1. BDレコーダー等の外部機器で録画しておいた番組内容をBD(若しくはDVD)にダビングして、パソコンに保存する
  2. パソコンで地デジチューナーを使用して、動画を保存する方法(俗にいう「TS抜き」ってやつです)

それぞれの方法について詳しく紹介します。

方法1.BDレコからダビングしてパソコンにコピーする方法

パソコンに知識が無い人なら、真っ先に思いつくであろう方法です。

この方法では、BDにダビングする場合はAACSを、DVDの場合はCPRMを、パソコン側で解除必要が有るので、そもそも違法です。

※「AACS」はBD専用のコピープロテクト、「CPRM」はDVD専用のコピープロテクトです。

著作権のあるメディアのコピーガードを外すことは、私的利用目的であったとしても残念ながら違法なのです(まぁバレないけど)

しかも、BDのAACSは解除の敷居が結構高い上に、BDレコーダーのAACSのバージョンとかによっては解除出来ない場合も有ります。(最悪、「感染」(AACSのバージョンが上がってしまうことの俗称)してしまう可能性もあります)

AACSっていうのはそれくらいクソな仕組みなのです。(これがBDが流行らない原因の1つです)

ちなみに、有料ソフトを使用すれば、どんなバージョンのAACSも外すことが出来るので、最悪お金を払えば解決出来ます。。

あとDVDのCPRMは、解除自体は簡単ですが、この場合「720×480」という解像度まで落とされてしまいます。(AVCREC(DVDにハイビジョン録画する方法)でダビングすれば地デジの画質をそのまま保ったままダビング出来ますが、なにぶん容量が4.7GBしかないので1時間番組すらダビング出来ません。。)

というわけで、この方法は、「地デジチューナーを持っていない人」にしかオススメ出来ません。

BDレコにある動画をパソコンに移したい!」という人は結構苦労すると思いますが頑張ってください。。

方法2.TS抜きして動画として保存する方法

パソコン用の地デジチューナーは必須な方法、「TS抜き」する方法です。

TS抜きっていうのは、一言で言うと「地デジ・BS・CS放送を、コピープロテクトが掛かっていない状態でパソコンに動画として保存してしまう事」です。

「デジタル放送を保存する際にはコピープロテクト(CCI)がかけられる仕組みになっちゃっているので、それを回避しちゃおうぜ!」みたいなことですね。(ちなみにこれは(一応)違法じゃありません)

※「TS抜きについてもっと詳しく知りたい!」という人は以下記事を参考にして下さい。

地デジチューナーには、内蔵タイプと外付けタイプがありますが、どちらにせよ、これらの地デジチューナーにテレビのアンテナケーブルを繋いで、更に地デジチューナーと本体をパソコンに繋いで、パソコン側で専用のソフトを起動して録画するだけです。

TS抜き対応 地デジチューナー(一例)
パソコン内部に直接取り付けるタイプ(PCI Express x1) USBタイプ
PT3 Rev.A
Amazon:PT3 Rev.A
PLEX USB接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3U4
Amazon:PX-W3U4

まぁTS抜きをする為のソフトの準備とかが結構大変だったりするんですが、その最初の準備さえ終わらせてしまえば、あとは普通のテレビを扱うより簡単に録画出来ます。

番組表から予約・同時録画とかも可能です。(テレビで録画するより断然使いやすかったりします)

まとめ

というわけで、パソコンに(コピープロテクトとかの制限なしに)デジタル放送を録画したいなら、圧倒的にTS抜きするのが便利です。

「合法」に、「簡単」に、「楽チン」に、「便利」に、動画として保存出来ます。

地デジチューナーはほとんど壊れる事とか無いですし、地デジの規格が変わらない限り一生使えるので、テレビ大好きっ子な人は購入してみては如何でしょうか。

この記事の内容は以上です。