【AviUtl】モーショントラッキングを使って顔を隠す方法【追跡機能】

AviUtlで「モーショントラッキング」を使って、

被写体の一部を隠す(合成する)方法について紹介します。

スポンサードリンク

モーショントラッキングとは?

顔隠し

「モーショントラッキング」は、動画内の被写体を自動的に追跡(追尾)できる機能です。

例えば、

  • 「動画内の動く人物に合わせてモザイクを掛ける」
  • 「動く物体に合わせて矢印を付ける」

などの動画編集処理できます。

AviUtlには「モーショントラッキング」機能はない

AviUtlにはデフォルトで「モーショントラッキング」機能が付いていません。

しかし、有志が作成した「Motion Tracking MK-Ⅱ」というプラグインを導入すれば、「モーショントラッキング」が使えるようになります。

「Motion Tracking MK-Ⅱ」の導入方法

プラグインの動作環境

作者さんのReadmeにも書かれていますが、ここでも列挙しておきます。

  • CPUは「Core-iシリーズ」か「AVX」をサポートしているCPUしかテストしていないらしい
    • 要するにiシリーズ以前のCPUとかだと動かないかもしれないということ
  • OSは「Windows 7」以降ならOKとのこと
    • 「OpenCV」という画像処理専用のライブラリを使っているらしいのでVC2013は必須みたいです
  • メモリは最低でも2Gbないと動かないかも

もし動かない場合は、作者さん(@MaverickTse)に直接問い合わせてみると良いかもしれません。(日本語でツイートされていますが日本人ではないので注意です)

ダウンロード

こちらのページより本体ファイルをダウンロードします。

ダウンロードする場所
▲One Driveのサイトに行くので、「MotionTrackingMKⅡ-Release.7z」というファイルをダウンロードする

インストール方法

インストール方法は、通常のプラグインと同じです。

  1. ファイルを解凍すると、以下の様なファイルが出てくるので、「MotionTrackingMKⅡ.auf」というファイルをAviUtlのフォルダに移動させます(AviUtlのフォルダの中に「Plugins」というフォルダを作ってその中に入れるのでも可)
    放り込むファイル

導入としては以上で終了です。

使い方

以下の動画で詳しく解説しています。(使用している動画はコレです)

手順

AviUtlを立ち上げ、モーショントラッキングをかけたい動画を読み込みます。

そして、メニューの「設定」→「MotionTracking MK-Ⅱの設定」画面を表示します。(図1)

本体メニューの「設定」→「MotionTracking MK-Ⅱの設定」
図1

すると図2のようなウィンドウが表示されます。

  • Method
    • 解析する手法を1~4までの4種類の中から選ぶ
      (実際使えるのは1と2だけみたいです。2より1の方がじっくり時間を掛けて解析してるみたいで時間が掛かります。)
  • 1.Select Object
    • トラッキングする部分を選択する
  • 2.Analyze
    • 「1.Select Object」で指定した部分を解析する
  • 3A.View Result
    • 解析した結果を見る
  • 3B.Clear Result
    • 解析した結果を削除する
  • 4.As English EXO?:
    • 英語版のAviUtlに対応した.exoファイルを出力できる・・・?
  • 5.As Sub-filter/部分フィルター:
    • )解析結果を、exoファイルではなく、「部分フィルター」オブジェクトとしてタイムラインに追加できるようにする設定だと思います・・?
  • Quick Blur
    • 選択したトラッキング範囲がAviUtlメインウィンドウにもモザイクで表示されるようになる
  • Easy Privacy
    • 人の顔を自動で識別できる(3次元のみ)
      ※これを選択した場合、トラッキングする部分を選択する必要がなくなる

MotionTracking MK-Ⅱ画面
図2

このウィンドウの「1.Select Object」をクリック → 出てきた画面で、モーショントラッキングしたい部分(被写体)を矩形選択します(図3)

選択し終わったら、ウィンドウを閉じます。(普通に右上の☓マークで閉じる)

トラッキングする区間としては、AviUtl本体で選択している、

  • 開始地点
  • 終了地点

の間の区間です。((選択範囲始まりマークと選択範囲終わりマークで指定します)

被写体選択
図3

2.Analyze」をクリックして解析を開始します。(図4)

解析中
図4

解析が終わったら、「3A.Vieew Result」をクリックします。

すると図5のような画面になるので、結果を確認します。

きちんとトラッキング出来ているようなら、次へ進みます。

出来ていないようなら、「3B.Clear Result」をクリックして、解析結果をリセットし、もう一度「1.Select Object」の部分からやり直します。

s-解析結果
図5

これで満足行く解析結果であれば、「6.Save EXO」をクリックします。(図6)

オブジェクト出力
図6

すると、トラッキングの結果をオブジェクト(.exo)として出力されるので、

出力されたオブジェクトファイル(.exo)をタイムラインにドラッグ&ドロップして、タイムラインに読み込みます。(図7)

読み込んだオブジェクトの設定ダイアログを開き、右上の方にある「更新マーク」みたいなボタンを押せば、緑四角の図形の代わりに、「画像」や「動画」を挿入できます。(図8)

また、エフェクトをかけてモザイク処理をする事も可能です。

読み込んだ後
図7

更新マーク
図8

その他もろもろの動画編集が終わったら、あとは、

「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264出力(GUI)Ex」などを使って、エンコード(動画として出力)するだけです。

参考【AviUtl】動画をエンコードするやり方【ビデオ圧縮】

このページの情報は以上です。

関連画像で顔を隠す方法(中間点を駆使する方法)

関連モザイクで顔を隠す方法(中間点を駆使する方法)
【AviUtl】モザイクで顔を隠す方法【拡張編集】

コメント一覧

  1. MaverickTse より:

    ご紹介させてありがとうございました!
    (ちなみに、中国人じゃなくて、「香港人」か「地球人」にしてください)

  2. えい より:

    「コンピューターにopencv_core249.dllがないためプログラムを開始できません」というエラーが起きてしまいます。

  3. rR より:

    README.txt より
    翻訳してみました(意訳あり)。

    動作環境
    ———————–
    -SSE2 をサポートするCPU
    -Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ
    -Windows7 またはそれ以降
    -AviUtl v1.00 と 拡張編集 v0.92

    インストール方法
    ———————-
    (ダウンロードしたzipファイルを)解凍し、
    全てのファイルをAviUtlのルートフォルダーにいれてください。

    >>SSE2 をサポートするCPU
    SSE2はかなり(10年以上)前に登場した技術のようです。
    >>Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ
    ダウンロード→https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40784
    念のため32bitと64bit両方インストールしたほうがいいかも・・・
    >>AviUtlのルートフォルダーにいれてください
    pluginsフォルダーではまずいのでしょうか・・・

    [原文]
    System Requirement
    ———————–
    -CPU with SSE2 support
    -VC2013 Redistributable
    -Win7 and later
    -AviUtl v1.0 with Advanced Editing(拡張編集) 0.92

    Installation
    —————-
    Extract all files in the archieve and put into AviUtl’s ROOT folder.

  4. 匿名 より:

    コンピューターにopencv_core249.dllがないためプログラムを開始できません
    外部サイトで申し訳ないが
    http://imagingsolution.net/program/opencv/no-opencv-dll-file/
    で解決したよ。

  5. モア より:

    ダウンロードして解凍したのをファイルの中に入れたのですが、項目が出ません。どうすればいいですか?

    • 匿名 より:

      インストール時のトラブル
      本体メニューの「設定」→「MotionTracking MK-Ⅱの設定」が現れない現象ですが
      原因はAVX非対応のCPUを使用していたからのようです。
      このページとreadmeには「AVX対応CPUでしかテストしていない」と控えめな表現になっていますが、
      「CPUのAVX対応が必須」だと思われます。
      AVX非対応CPUでも使えるMK-ⅡのSSE版がOneDrive内にあり、それなら問題なく使えました。

      CPUがAMD製の場合はシンプルで昔のものは全てAVX非対応で、最近のものは全てAVX対応と別かれているようです。
      問題はINTEL製CPUで、core-iシリーズのみがAVX対応で、どんなに新しくてもceleronやPentiumやAtomは全てAVX非対応なので、
      これに引っかかる人は自分も含め多いと思います。

  6. タスク より:

    同じく項目が出ません。
    OpenCVおよびVC2013は導入済です。
    .dllエラーが起きる以前の問題で何の反応もありません。

  7. ao より:

    「コンピューターにopencv_core249.dllがないためプログラムを開始できません」のエラーは
    DLページの「MK-I-Release.zip」のdllファイルを全部aviutlフォルダに入れると解決しました。

    作者様のサイトによるとPluginsフォルダ内でなく「aviutl.exe」と同じフォルダに入れないとダメみたいですね。
    https://www.mavtse.com/wordpress/archives/1534

  8. ao より:

    「コンピューターにopencv_core249.dllがないためプログラムを開始できません」のエラーは
    DLページの「MK-I-Release.zip」のdllファイルも全部aviutlフォルダに入れると解決しました。
    この中にopencv_core249.dllなど必要なdllファイルが揃ってます。

    Pluginsフォルダ内でなく「aviutl.exe」と同じフォルダに入れないとダメみたいです。

    作者様のサイト https://www.mavtse.com/wordpress/archives/1534

  9. 匿名 より:

    そもそも重すぎて解析ができない

  10. syosinnsya より:

    解析の結果のEXOファイルを読み込めないのですが何か入れないといけないプラグインなどがあるのでしょうか?

  11. 匿名 より:

    導入したのですが、1.Select Object をクリックしても画面が出てきません。
    win10だとできないとかあるのでしょうか?