【AviUtl】モーフィング動画の作り方【アハ体験みたいに画像を徐々に変化させる】

フリーの動画編集ソフト「AviUtl」を使用して、「モーフィング」動画を作る方法について紹介します。

※スクリプト導入必須です

スポンサードリンク

モーフィングとは?

文章で説明するより、実際にどんなものか見てもらったほうが早いと思うので、サンプルgifを3種類用意しました。

まず、単に2つの画像を切り替えてるだけのgif

普通の画像切り替え
ただの画像移り変わり

次に、シーンチェンジ(俗に言うトランジション、切り替え効果等)で、画像をクロスフェードさせたgif

クロスフェードでシーンチェンジ(トランジションの事)
シーンチェンジ_モーフィング違い

最後に、モーフィングさせたgif

モーフィング
モーフィング

モーフィングは、1枚の画像を徐々に別の画像に変化させていく手法の事を言います。(Wiki

以前、放送よくテレビ番組などで取り上げられていた「アハ体験」みたいな感じです。

AviUtlでこれを実現する為には、有志が作ったモーフィング用のスクリプトを導入する必要があります。

※AviUtl自体の導入が出来ていない人は以下記事参照。

モーフィング用のスクリプトを導入

作者はAviUtlスクリプトでお馴染みの「ティム」氏です。

以下のニコニコ動画ページの説明欄にあるURLからダウンロード出来ます。

ダウンロードが終わったら、ファイルを解凍し、フォルダの中にある「@モーフィング.anm」というファイルを、AviUtlの「script」フォルダに移動させれば導入は完了です。

  • フォルダ構成
      •  AviUtl
        • script
          • @モーフィング.anm

モーフィング動画の作り方

作り方を解説。

まず、「変化前」と「変化後」の2種類の画像を用意します。

上記動画で使用した動画は以下の2つです。(一部切り取ったもの)

s-変化前 s-変化後

次に、AviUtlを立ち上げて、「変化前」の画像をタイムラインの「レイヤー1」に読み込みます。(図1)

DD
図1

「変化前」の画像をダブルクリックして、設定ダイアログから「アニメーション効果」を追加した後、効果一覧から「モーフィング-ポイント指定@モーフィング」を設定、「ポイントを表示」にチェックを付けます。(図2)

「モーフィング-表示@モーフィング」を設定、「ポイントを表示」にチェックを付けます
図2

メイン画面にて、画像にあわせて番号付きのスナップポイントを、画像の縁に合わせていきます。(図3)

※ポイントは「ポイント数」の値を変更する事で増やせます

s-poinnto
図3

次に、「Ctrl+D」キーで、「変化前」の画像を「レイヤー2」にコピーした後、そのコピーしたオブジェクトの設定ダイアログに「変化後」の画像をドロップ&ドロップします。(図4)

「変化後」の画像をドロップ&ドロップ
図4

「変化後」の画像にて、先ほどと同じように番号付きのスナップポイントを画像に合わせていき、「画像番号」を「2」に変更します。(図5)

「画像番号」を「2」に変更
図5

次に「図形」を「レイヤー3」に追加します。(図6)

※追加するオブジェクトは何でもOKですが、ここでは「図形」を追加したものとします

「図形」を「レイヤー3」に追加
図6

「図形」に、「アニメーション効果」を追加し、効果一覧から「モーフィング-表示@モーフィング」を設定します。(図7)

モーフィング-表示@モーフィング
図7

「変化前」(レイヤー1)と「変化後」(レイヤー2)の画像の「透明度」を「100」にします。(図8)

の「透明度」を「100」
図8

あとは、「図形」(レイヤー3)の「変化度」を変更する事で、モーフィング出来ます。(図9)

※変化のさせ方については以下記事を参考にして下さい。

「変化度」を変更する事で、モーフィング出来ます
図9

もっと正確にモーフィングしたい場合は、スナップポイントを正確にして、更に数を増やすと良いです。

また、「変化後」の画像に「モーフィング(輪郭)-表示@モーフィング」という効果に変更して、「設定」→「変形前画像レイヤー」を、変形前の画像があるレイヤーに指定してやれば、輪郭のみでのモーフィングが出来ます。

設定ダイアログ モーフィング(輪郭のみ)
モーフィング_輪郭のみ モーフィング輪郭

ニコニコ動画で有名な「Bad Apple!!」の動画みたいに影絵もどきの事が出来るかもしれません。

ひとこと

余談ですが、Adobe ElementsAdobe Premiere CCなどの他の有料動画編集ソフトでは、モーフィング機能は無いらしいです。(After Effectsでは出来るらしいけど)

なので、AviUtl使用者の人は、Adobeの動画編集ソフト使用者に精一杯ドヤ顔してやりましょう。

おわり

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    図2の説明「モーフィング-表示」→「モーフィング-ポイント指定」ですね

  2. 匿名 より:

    失礼します。質問ですがポイント表示をチェックしてもポイントが表示されません。

    どうかご教授お願いします。

    • 管理人 管理人 より:

      「表示されるはずです」としかアドバイス出来ません。。
      動画の方を見直していただくようお願いします。