【AviUtl】AVI出力をマルチスレッド化してエンコードする方法【出力プラグイン】

AVIで出力(エンコード)する際に、マルチスレッド処理でエンコードする方法について紹介します。

スポンサードリンク

マルチスレッドにするには

マルチスレッド化するには、AviUtl公式サイトで配布している「AVI出力(マルチスレッド) versionX.XX」という出力プラグインを導入します。

注意点として、元々マルチスレッドに対応しているコーデック(Ut VideoとかLagarithとか)やマルチスレッドに対応しているフィルタを適用している場合にはあまり効果が感じられません。

また、元々マルチスレッドに対応していないコーデックを使用する事で、基本的には高速化しますが、コーデックによっては動作が不安定になったり、エンコード自体が正常に行えなくなる可能性が有ります

※マルチスレッド非対応バージョンの「HuffYUV」コーデックなどでは高速化が確認出来ました。しかし「YUY2」や「未圧縮」などの高速化の効果はあまり体感出来ませんでした。

導入方法

  1. AviUtl本家サイトにて「AVI出力(マルチスレッド) version0.01」というファイルをダウンロードする
    AVI出力_マルチスレッド
  2. ファイルを解凍する
  3. 中に入っている「avi_save_mt.auo」というファイルをAviUtlの本体フォルダに移動する

以上で導入は終了です。

使い方

メニューの「ファイル」→「プラグイン出力」→「AVI出力(マルチスレッド)」を選択します。

▼すると、通常の「AVI出力」と同じ画面が出てくるので「ビデオ圧縮」をクリックします。

AVI出力_マルチスレッド2

▼ビデオコーデックと音声コーデックを選択する画面が出てくるので、それぞれ選択します。

AVI出力_マルチスレッド3

▲「設定」を押すとそれぞれのコーデックの詳細設定画面を開くことが出来ます。

※その他、基本的なエンコード画面の詳細については以下の記事を参考にして下さい。

※AVI出力と言っても、プラグインを通してしまっているので、再圧縮無し設定(無圧縮)でエンコードする事は出来ないので注意です。

スポンサーリンク