【AviUtl】動画のフレームレート(fps)を変更する方法【落とす|上げる】

AviUtlを使用して、動画のフレームレート(fps)を変更する方法について紹介します。

※動画のフレームレートは「MediaInfo」という無料ソフトを使用すれば簡単に調べる事が出来ます。
MediaInfoのインストール方法と使い方

fps比較(参考)
30fps 15fps 10fps
30fps 15fps 10fps
スポンサードリンク

フレームレートを下げる方法

フレームレートを落としたい動画をAviUtlに読み込みます。(図1)

※読み込むのは、「拡張編集」のタイムラインからでも、AviUtlの本体ウィンドウからでもどちらでも構いません(フレームレートを落としてエンコードするだけなのでどっちでも良い)

DD
図1

メニューの「設定」→「フレームレートの変更」から落としたいフレームレートを選びます。(図2)

選んだ後は、そのままエンコード(出力)さえしてやればフレームレートが変更された状態で保存されます。

表記が分かりづらいですが、右の括弧の数字だけ見てください。

例えば、「24fps <- 30fps (4/5)」ならfpsが4/5倍になります。元動画が30fpsなら24fpsに、60fpsなら48fpsに。と言った感じです。

フレームレート落とす
図2

このフレーム変更の方法では単純にフレームを間引きます。例えば、60fpsを30fpsにする場合は、1フレーム毎に1フレームを間引きしてエンコードすると言った感じです。

もしここに無い割合でフレームレートを落としたい場合は、フレームレートを上げる方法で紹介している方法で落としたいフレームレートを直接入力してエンコードして下さい。

※「24fps<-30fpsの間引きには自動24fpsの処理を使う」は、インターレース解除設定にて「自動24fps化」を設定した際に使用する項目なので使う必要は有りません

フレームレートを上げる方法

既存の動画のフレームレートを上げる方法は有りません

が、「擬似的に」フレームレートを上げる方法は有ります。

AviUtlで擬似的に上げる方法

AviUtlでfpsを擬似的に上げる方法では、例えば、30fpsの動画を60fpsに上げる事は出来ますが、それは、「今まで1秒間に30フレーム表示していたのを、1秒間に60フレーム表示するようにするだけ」なので、再生速度を2倍速にするのと同じ効果になります。(なので正直、ほとんど意味無いです・・)

まずフレームレートを上げたい動画を”AviUtl本体ウィンドウ”に読み込みます。(図3)

※”拡張ウィンドウ”から読み込んでしまうと動画ファイル自体のfpsは変わりますが、動画の中身自体は1倍速のままとなります。(本体ウィンドウから読み込んだ場合は、例えば30fpsの動画を無理やり60fpsにした場合、そのまま2倍速になります)

aviutl本体画面
図3

メニューの「編集」→「再生速度の情報を変更」を選択します。(図4)

再生速度の情報を変更
図4

すると、図5のような画面が出てきますので、上げたいフレームレートを指定します。(例:60fps)

これであとは「OK」を押し、そのままエンコードすれば「擬似的に60fpsに上げた動画」が完成します。

ちなみに、ここで動画のfpsより低いfpsを入力すれば、この方法でもfpsを下げた動画を作る事が出来ます。

再生速度の変更
図5

AviSynthで60fps化(フレーム補間)

AviSynthというソフト(コマンドライン動作の動画編集ソフト)を使用すれば、動画の各フレームの間を”補間して、擬似的に30fpsの動画を60fpsに”見せかける”事が出来たりします。(ヌルヌルな動きの動画に出来ます)

AviUtlは、デフォルトでAviSynthに対応しているので、AviSynthのスクリプトファイル(.avs)を書いてやって、AviUtl本体ウィンドウに.avsファイルをドロップしてやれば、AviSynth経由でファイルを読み込めます。

※詳しくは以下サイトなどを見てみて下さい。

本体ウィンドウの「開く」で読み込みfpsを変更する方法

本体ウィンドウの「ファイル」→「開く」をクリックして、「fps変換無し」というドロップダウンリストから、変換したいfpsを指定して「開く」を押して読みこめば、指定したfpsに変換(フレームを間引く)されて読み込まれます。
fps変換

(当たり前ですが)この方法では拡張編集からの読み込みは出来ません。

また、フレームレートも60fpsまでしか調整出来ません。(これ以上はムリ)

fps変更確認方法

本当にフレームレートが変更出来たかどうかは、MediaInfoなどの動画解析ソフトで「フレームレート」の欄などから確認する事が出来ます。

フレームレート確認

ちなみにyoutubeにアップロードする際には、HD解像度以上(1280×720以上)でないと、どんなフレームレートの動画も30fpsまで強制的に落とされてしまうので注意です。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    aviutlのウインドウにドラッグするのではなく、
    ファイルメニューの開くで動画ファイル選択画面を出し、一番下のfps変換なしになっている部分をクリックして変えたいfpsを選択して動画ファイルを開く
    ・・・という方法で楽にfpsの変更が出来る様です