【AviUtl】2つ以上(複数)の動画を1画面に並べて合成する方法【動画編集】

AviUtlを使用して、

2つ以上の動画を1つの動画に合成する方法について紹介します。

s-hulu_4画面
▲「24 -TWENTY FOUR-」でよく使われている感じのやつです。
スポンサードリンク

手順

以下動画では、

4つの動画を1つの動画に合成する手順について解説しています(大まかな流れは動画で見てみて下さい)。

このページでは、動画の内容をテキストで紹介したいと思います。

合成したい動画をタイムラインにそれぞれ読み込み(図1)、

プロジェクトを作成します。(図2)

今回は4つの動画を「1280×720」の中に収めるので、

  • 画像サイズ:1280×720
  • フレームレート:30fps
  • 音声レート:44100Hz

と指定します。

DD
図1

プロジェクト設定
図2

タイムライン上で「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「グループ制御」を追加します。(図3)

(「グループ制御」を追加するのは、のちのち作業性が上がるためです)

参考グループ制御オブジェクトの使い方

グループ制御_追加_複数動画
図3

「グループ制御」オブジェクトをクリックし設定ダイアログを開き、「同じグループのオブジェクトを対象にする」のチェックを外します。(図4)

なぜチェックを外すかというと、動画は通常、タイムラインに読み込むと、「音声」と「映像」のセットでグループ化された状態で読み込まれるので、「同じグループのオブジェクトを対象にする」のチェックを外してやらないと「グループ制御」の対象にならないからです。

グループ化されて読み込んでしまう設定を変更したい場合は、以下の記事を参考にしてみて下さい。
参考拡張編集で読み込める拡張子を増やす方法【.mkv .mpg .mpeg .wma .wmv .m2ts等】

同じグループのオブジェクトを対象にする
図4

次に、動画に不要な部分(黒帯部分など)がある場合は

「グループ制御」オブジェクトに「クリッピング」エフェクトを追加します。(図5)

参考トリミングエフェクト(クリッピング・斜めクリッピング・マスク)の使い方【フィルター】

クリッピング_設定ダイアログ
図5

次の過程へ進む前に、動画サイズについて少し考えてみます。

例えば、解像度が「640×480」の動画を4つ、「1280×720」の枠内に収めようとした場合、4つの動画の合計解像度が「1280×960」となってしまい240pxほどはみ出てしまいます。

240px_はみでる

そこで、それぞれの動画を縦に120pxずつ縮めてやる事で、4つの動画の合計解像度が「1280×720」となり、無事枠内に収める事ができます。

240px_はみでる1

このように、動画を複数使用する場合は

今から作ろうとしている動画のサイズ(解像度)はどれだけなのか
使用している素材の解像度はどれだけなのか

を意識しておく必要があります。

というわけで解像度がはみ出てしまう場合は、グループ制御オブジェクトに「基本効果」エフェクトの「拡大率」を追加する必要があります。

例えば、「1280×960」を、プロジェクトの解像度である「1280×720」の枠内に収める場合、

960px→720pxに縮めるわけなので、縦方向に「0.75倍」してやれば縮める事ができます。

なので、

  • Y:75

と設定します。

参考基本効果エフェクトの使い方【フィルター】

拡大率_設定ダイアログ_基本効果
図6

解像度がきちんと収まったら、あとは4つ動画を、

  • 左上
  • 右上
  • 左下
  • 右下

にそれぞれ移動するだけです。

移動するには「X」「Y」座標を変更します。(図7)

動画オブジェクト_設定ダイアログ_X_Y
図7

動画の仕上げとして、「色調補正」エフェクトで

  • 明るさ
  • コントラスト
  • 彩度

などのパラメータを適当に上げてあげると良い感じになります。(図8)

参考色関係エフェクト(色調補正・色ずれ・単色化・グラデーション・拡張色・特定色域変換・縁取り)の使い方【フィルター】

色調補正
図8

最後に、使用した動画がインターレースな場合は、「インターレース解除」エフェクトを追加してインターレースを解除します。(図9)

自分の使用した動画がインターレース動画なのかどうなのか分からないという場合は、動画識別ソフトなどを使用して判別すると良いです。
参考MediaInfoのインストール方法と使い方

インターレース解除_設定ダイアログ
図9

このページの情報は以上です。