【AviUtl】FLV (VP6/MP3)形式 でエンコードする方法【出力プラグイン】

AviUtlを使用して「.flv」形式で動画を出力する方法について紹介します。

AviUtlは、デフォルトでは「.avi」形式を出力する機能しか備わっていませんので、「.flv」形式で出力できるプラグインを導入する必要が有ります。

スポンサードリンク

FLVコンテナの特徴

.flvでエンコードした場合、以下の様な特徴が有ります。

  • Adobe Flash Playerがインストールされている環境ならブラウザ等でコーデック不要で再生出来る
  • 映像コーデックは「h.263」「VP6」のみ。
    • この記事で紹介するプラグインは「VP6」のみ。

昔は、ニコニコ動画やyoutubeなどの大手ストリーミングサイトでもFlash再生がデフォだったので、「.flv」形式でアップしとけば、ストリーミングサイト側で再エンコードされないっていうメリットが有りましたが、今はどのストリーミングサイトも「.mp4」がデフォです。

それにhtml5が普及し出してから各ブラウザが「『.flv』は不便だから『.mp4』や『.webm』をデフォルトでサポートするようにしよう!」みたいな動きも出てきてますし、正直言って「.flv」でエンコするメリットが思い浮かびません。

この記事で紹介するプラグインは、昔は結構重宝しましたが、今はもう不要かもしれません。

ちなみにFLVの後継的なポジションの「F4V」は映像コーデックとして「H.264」を採用してるみたいです。

FLV (VP6/MP3) プラグインとは?

「FLV (VP6/MP3) 」は、AviUtlで編集した動画をFLV(映像コーデック:VP6、音声コーデック:MP3)でエンコードする事が出来るプラグインです。

このプラグインはPC内蔵のコーデック(VFW)を使用するので、事前に「VP6」と「MP3」コーデックを自分でインストールしておく必要が有ります。

準備

■VP6コーデックのインストール

VP6コーデックについては以下のページからインストールファイルをダウンロード出来ます。最新版ではないみたいですけど、大勢に影響は無いでしょう。

基本的に「Next」ボタンを押していくだけでインストールは完了します。

■MP3コーデック(lameACM)のインストール

MP3コーデック(lameACM)のインストール方法について以下の記事にて解説しています。

■FLV (VP6/MP3)プラグインのインストール

  1. こちらのサイトより「flv-0.2.3.lzh」をダウンロードする
    • 注:向こうサイトにも書かれていますが、ニコニコ動画に投稿をしようと考えている場合は、可変フレームレート非対応の「flv-0.1.6.lzh」をダウンロードしましょう。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍する
  3. フォルダの中にある「flv.auo」をAviUtlフォルダに移動させる

以上で全ての準備は完了です。

使い方

メニューの「ファイル」→「プラグイン出力」→「FLV (VP6/MP3) 」を選択し、「ビデオ圧縮」ボタンをクリックします。

FLV (VP6_MP3)_画面

圧縮プログラム:「VP62 Heightened Sharpness Profile」を選択します。(VP6には色々バージョンがあって、これが一番最新のバージョンで圧縮率も画質も良い)

1回目:「設定」をクリックして、自分の好きなように設定を行います。

2回目:2passでエンコードする場合、ここのチェックを有効にし「設定」をクリックし、「Mode」を「Two Pass – Second Pass~~~」という項目に変更します。(2passにする場合は「1回目」の方も「Two Pass – First Pass」に変更する必要があります。

音声形式:音声コーデックを選択します。MP3以外にもPCMも選択可能のようです。

音声属性:サンプリングレート、ビットレート、ビットレートモード、ステレオ/モノラルを選択します。

設定が終わったら「決定」を押して元の画面に戻り、「保存」を押してエンコードを開始します。

スポンサーリンク