【AviUtl】FFmpegOUTでWebM・ASF・TS形式の動画をエンコードする方法【出力プラグイン】

AviUtlにて、「FFmpegOUT」という出力プラグインを使用して、「webm」「asf」フォーマットなどで動画を出力する方法について紹介します。

※「webm」「asf」に限らず、有りと有らゆるフォーマット・コーデックで出力可能です

スポンサードリンク

FFmpegOUTとは?

FFmpegOUTは、AviUtl上からFFmpegという動画・音声のエンコーダーを使用して動画をエンコードする事が出来る出力プラグインです。

これ1つで他の出力プラグインの機能を全て補えてしまうほど機能が充実しています。(出来ない事はほぼ無いレベル)

FFmpegを普段使い慣れている人からすれば神プラグインと言っても良いかもしれません。

FFmpegとは?

ffmpeg_logo

FFmpegは、オープンソースなフリーの動画エンコーダー・デコーダーです。

この世に存在するエンコーダー・デコーダーの中で一番有名と言っても過言では有りません。(Youtubeのコアシステムにも使われてます)

FFmpegを使用する事で、実質、この世に存在するほぼ全ての動画フォーマット・コーデックで動画をエンコードする事が出来ます。(wmvとか一部出力出来ないコーデックは有るけど)

どんな動画形式・コーデックに対応している??

例えばほんの一例ですが、以下の様な動画フォーマット・コーデックでエンコード出来ます。

  • asf(MPEG-4・WMA)
  • asf(MPEG-4・MP3)
  • webm(VP9・Vorbis)
  • webm(VP8・Vorbis)
  • mp4(H.264・AAC)
  • mp4(H.265・MP3)
  • mp4(MPEG-2・OGG)
  • m2ts(H.264・AC3)
  • m2ts(H.264・LPCM)
  • ts(MPEG-2・MP2)
  • ts(H.264・AC3)
  • gif(ditherなども指定出来る)
  • ・・etc

こんな感じで、動画フォーマットとコーデックをそれぞれ自由自在に組み合わせる事が出来ます

最新コーデックである「VP9」や「H.265/HEVC」を使ってエンコードする事も可能です。

と言っても(当たり前ですが)対応していないコーデックを任意のフォーマットに指定する事は出来ません。(例えば、webmにH.264コーデックを指定したりは出来ないという事)

このプラグインの欠点

この出力プラグインの唯一の難点は、動画フォーマット以外のエンコードオプションは全てCUIで指定しなければならないという点です。(ある程度コマンドを覚える必要がある)

PC初心者の人には敷居が高いプラグインとも言えます。

準備作業

ダウンロードするものとしては「FFmpegOUT」と「FFmpeg」の2つです。

それぞれ別々にダウンロードする必要が有ります。

FFmpegOUT

※作者は「x264guiEx」出力プラグインでお馴染の「rigaya」氏です。

  1. こちらのページにて「FFmpegOUT」をダウンロードする
    • 右サイドバーの「○Aviutlプラグイン」の下に有ります
  2. ダウンロードしたファイルを解凍する
  3. フォルダの中にある「auo」フォルダの中にある、
    1. 「ffmpegOut.auo」
    2. 「ffmpegOut.ini」
    3. 「ffmpegOut_stgフォルダ」
      の3つのファイルをAviUtlフォルダに移動させる

以上でFFmpegOUTの導入は終了です。

FFmpeg

  1. こちらのページから「FFmpeg」をダウンロードする
    1. 「Static」って書いてるファイルで、32bitOSの人は32bit版を。64bitOSの人は64bitか32bit版を。(64のがエンコが速いかも)
  2. ダウンロードしてきたファイルを解凍する
  3. 中に入ってる「bin」フォルダの中にある「ffmpeg.exe」を適当な場所に移動させる(好きな場所で良い。AviUtlの「exe_files」の中とかが良いかも)

以上で準備作業は完了です。

※OSがXPの人は以下のファイルも導入する必要があるみたいです。(vista以降は不要)

.NET Framework 2.0(SP2) Runtime (x86)
※[NetFx20SP2_x86.exe]というのをダウンロード・インストールします。
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=5b2c0358-915b-4eb5-9b1d-10e506da9d0f

.NET Framework 2.0(SP2) Runtime (x86) LanguagePack
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=C69789E0-A4FA-4B2E-A6B5-3B3695825992

使い方

AviUtlメニューの「ファイル」→「プラグイン出力」→「ffmpeg/avconv 出力」を選択し、出てきた画面で「ビデオ圧縮」を選択します。

※ちなみに「avconv」ってのはlibavでのffmpegの別名なのかもしれないです(あんま良く分かりません。。)

参考①:ffmpegがavconvという名称に代わる?と雑記 | 銀メモ -SilveryMemo-
参考②:本の虫: ffmpegとlibavの背景事情

▼すると以下の様な画面が開かれるので、左上の「ffmpeg.exe / avconv.exe の指定」の部分にて、先ほどDLした「ffmpeg.exe」へのパスを指定します。

ffmpegout

これで初期設定は終了です。

あとは元の画面に戻って「保存」を押すだけで目的の動画フォーマットで出力出来ます。

各種設定項目

上メニューにある「プロファイル」にて各フォーマット・コーデックのサンプル設定が開けます。(至れり尽くせりですね)

  • 出力拡張子
    •  出力したい動画フォーマットを指定します。
    • 動画コーデックについては、指定した動画フォーマットのデフォルトのコーデックが指定されます。(例えば.mp4と指定すればH.264・AAC、.webmと指定すればVP9・Voribis、)
  • 自動2passエンコード
    • コマンドで2pass指定しなくてもこのチェックを付けるだけで2passになるみたいです
  • yuy2→nv12変換
  • 音声エンコーダ
    • 音声のエンコーダを指定します

使いそうなのはこんな所です。

FFmpegの各種コマンドについては以下のサイトなどが参考になります。

参考:ffmpegの使い方:tech.ckme.co.jp

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 名無しさん より:

    長文失礼します。AviutlにFFmpegを導入して、編集したものをプラグイン出力→ffmpeg/avconv 出力で出力拡張子を.webmにしてエンコードした動画をYouTubeにアップしたのですが.mp4となってしまいます。最近のYouTubeに投稿されている高画質な動画の詳細統計情報を見ると、video/webm; codecs=”vp9″となっていて、私がアップした動画を見るとvideo/mp4;codecs=”avc1.4d400c”
    となっていて画質もあまり良くないしvp9になりません。動画は1920×1080 60fpsです。(vp9コーデックだと高画質と捉えています)簡単なことでしたら申し訳ないのですが、教えてくれないでしょうか。