ffdshowの使い方と高画質設定方法【ビデオデコーダー】

ffdshowは、「高機能なコーデックパック兼Directshowフィルター」ですが、高機能すぎるが故に設定項目が多すぎて、動画初心者の人には何が何だか分からないと思います。

そんな人の為に、この記事では、

  • どの動画(コーデック)をffdshowにて再生するかの設定方法
  • どの再生プレイヤー(Directshowプレイヤー)にffdshowを適用させるか
  • 動画を高画質に観るフィルター設定方法

の3点を簡単に解説します。

※ffdshowの導入方法などは以下の記事で紹介しています。
ffdshowとは?インストールとダウンロード方法について

スポンサードリンク

どの動画(コーデック)をffdshowにて再生するか設定

スタートメニューより「ffdshow」→「ビデオデコーダーの設定」を開きます。

「どのコーデックの動画をffdshowを使用して再生させるか」は、「コーデック」という項目で設定します。

ffdshow_コーデック画面

▲「形式」というのが「コーデック」の事です。

それぞれのコーデックをffdshowで再生(デコード)するには、右の「デコーダー」という項目を「libavcodec」という項目に変更します。

※ffdshowっていうのは超有名なオープンなコーデックライブラリである「libavcodec」を普通の動画再生プレイヤーなどで簡単に使用できるようにしたソフトなのです。なので「libavcodec」というデコーダーがffdshowのデコーダと言えます。

▲また、メニューの中で「右クリック」→「安定な形式をすべてlibavcodecに変更する」を選択すると、この項目中でffdshowに対応しているコーデックは、全てffdshowを使用して再生するようになります。

全部の動画をffdshowで再生したい!」って人はこれをやるのが手っ取り早です。

ただし、ffdshowも万能に何でも再生出来るわけではなくて、一部のコーデック(一部のwmvとか)は再生出来なかったりするので、その時は該当コーデックの「デコーダー」を「無効」か「libavcodec以外のデコーダー」を選択してやる必要が有ります。(まぁ大体再生出来ますけど稀に起こり得ます)

▲あと一番最後にある「Raw video」っていう項目は、「非圧縮の動画」の事です。RGB・YUVなど、どの色空間の動画に適用させるか変更出来ます。

でも非圧縮というのは文字通り「非圧縮」なので、ffdshowを適用させなくても100%再生出来ますし、画質も最高画質なのでffdshowは不要です。(ffdshowのフィルタ効果を適用させたい時は有効にすると良い)

参考:YUVとRGBの違い

どの再生プレイヤーにてffdshowを適用させるかの設定

これを設定しないと「コーデック」の設定をきちんと行っていても、そもそも再生プレイヤー(Directshowプレイヤー)でffdshowが使用されません。

スタートメニューより「ffdshow」→「ビデオデコーダーの設定」を開きます。

「どの再生プレイヤーにてffdshowを適用させるかの設定」は、「Directshowのコントロール」という項目で設定します。

ffdshow_Directshowのコントロール

▲「メリット値」はffdshowをどれくらい優先させるかという設定ですが、変更しても、それぞれの再生プレイヤーでは内蔵コーデックやWindowsのコーデックが優先して使用されるので変更する意味は特にありません。むしろ、他のDiresctshowを使用したゲーム等でも使用されてしまう可能性も有るので、「デフォルト」がオススメです。

▲「ffdshowの複数起動」は主に以下の3種類に分類出来ます。

  • 制限しない:全面的にffdshowを使用する
  • 1つだけ:全面的にffdshowをする
    • 項目によっては直前に起動したffdshowの設定項目で変更した項目を反映させたり出来る
  • なし:全面的にffdshowを使用しない

「制限しない」か「1つだけ」に設定しておけばffdshowは有効になります。

▲「ffdshowを使用しない」と「ffdshowを使用する」項目では、個別にffdshowを使用するもの・使用しないものを設定出来ます。

ゲーム・キャプチャソフトなどのDirectshowを使用する系のものは「ffdshowを使用しない」に追加。再生プレイヤーなどでDirectshowを使用する系のものは「ffdshowを使用する」に追加します。

特に追加しなくてもffdshowは適用されるのでどちらもチェックを付ける必要は特段ありません。チェックを付ける場合は、使用したい再生プレイヤーが、それぞれどのようになっているかだけ確認しときましょう。

動画を高画質に観るフィルター設定方法

再生中に「フィルター」効果を適用する事で動画を高画質に(見せかけて)再生する設定方法です。(あくまで高画質に”見せかける”だけです。元画質より高画質になる事は有り得ないので注意)

なので、元々高画質な動画には、フィルターを適用する意味は有りません。(適用する意味が有るのは「インターレース解除」のみ)

○設定する際に知っておくと便利な項目

設定をミスってしまったから元に戻したい!」って時は右上にある「リセット」を押すとワンボタンで元に戻せます。

あと「フィルタを適用した後と前とで比較したい!」って場合は、右上の「半分のみ処理する」をチェックを入れると、左右で「フィルタ適用前」と「フィルタ適用後」に分けて確認する事が出来て便利です。(これで1つずつl効果を確認していくと全ての設定をある程度理解出来ます)

「半分のみ処理する」サンプル
左:「画質のプロパティ」適用前 右:「画質のプロパティ」適用後
s-半分のみ処理

インターレース解除

インターレース動画を視聴する際には必須の設定です。プログレッシブ動画ではチェックは外した方が良いかも。(どっちでも良いかもしれません)

推奨設定
ffdshow_インターレース解除

設定した方が良い項目についてです。

  • 手法:デフォの「Yet Another DeInterlacing Filter(yadif)」推奨です。
  • フレームレートを倍にする:インタレ動画みたいに動画が滑らか(ヌルヌル)に動くようになります。(チェック推奨)
  • フィールドを反転する:「フィールド」が反転してしまっている動画の場合にチェックを入れます。(そんな動画に出くわしたこと無いけど)
  • プログレッシブとされているフレームを処理する:プログレッシブ動画に入ってる横縞ノイズ的なのにも適用されるようになります。(インタレ動画にももちろん適用される)

またインターレース解除せずにプログレッシブ化してしまった動画も、「オーバーレイ」→「RGB変換」の中の「インターレース/プログレッシブ」の項目を「常にインターレースとして扱う」にチェックを入れると、インタレ解除出来るっぽいです。

※「インターレースって何??」って人は以下の記事を参考にして下さい。
インターレース動画とプログレッシブ動画の違い
インターレース解除_比較

ポストプロセッシング

ブロックノイズを低減出来る設定。ブロックノイズが発生しまくっている低画質な動画を再生する時に有効にすると良い設定です。

逆に高画質の動画だと全く効果が無い上に、CPU負荷が無駄に上がってしまうのでチェック非推奨。

  • 「画質の自動コントロール」と「正確なブロック低減」にチェック
サンプル
ポストプロセッシングON ポストプロセッシングOFF
ポストプロセッシングOFF_ffdshow ポストプロセッシングON_ffdshow

▲こんな感じでブロックノイズが消えます。その代わり、文字などに「シャープさ」がなくなる為、小さい文字などは逆に見えづらくなるかもしれません。(のっぺりした感じになる)

画質のプロパティ

「色」関係を調整出来る設定です。低画質・高画質問わずに使用します。

ffdshow_画質のプロパティ

▲個人的に、「コントラスト」と「ガンマ補正」と「色の濃さ」を少しだけ上げてやるのがオススメ設定です。(色というのは各人好みが有ると思うので、自分で色々調整してみて自分好みに設定する方が良いかもしれません)

  • コントラスト:画面が全体的に明るくなる
  • ガンマ補正:暗いシーンなどで際立って明るくなる
  • 色の濃さ:色が鮮やかになる(0にするとモノクロになる)
サンプル
画質のプロパティON 画質のプロパティOFF
s-画質のプロパティ_ON s-画質のプロパティ_OFF

▲上記画像を別タブで開いて交互に見比べてもらうと違いがわかると思います。(「右クリック」→「新しいタブを開く」みたいな感じで開いて下さい)
本当に僅かな違いですが、若干見やすくなります。(個人的にですが)

もっと明るくするのも良いかもしれませんが、私はこれくらいが好きなのでこの程度で留めています。

また、この画像では違いが分かりませんが、暗いシーンなどでは明らかに見やすさが違います。

バンディングノイズ除去

バンディングノイズを低減出来る設定です。ブロックノイズと同じく、バンディングノイズが発生しまくっている低画質な動画を再生する時に有効にすると良い設定です。

ffdshow_バンディングノイズ

設定項目についてです。

  • 「しきい値」と「半径」で強度を調整します。
バンディングノイズサンプル
バンディングノイズあり バンディングノイズなし
バンディングノイズあり バンディングノイズなし

▲こんな感じで「同じ色の連続」みたいなシーンで色の濃淡の境目が如実に顕れてしまっているのが「バンディングノイズ」です。これを若干軽減出来ます。(除去って書いてますが実質「軽減」です)

オフセット、反転

主に動画を「左右・上下に反転」させる設定です。

s-オフセット反転_ffdshow (2)

設定項目についてです。

  • 反転:上下反転します
  • ミラー:左右反転します
反転サンプル
反転前 左右反転 上下反転
s-左右反転前_ffdshow s-左右反転_ffdshow s-上下反転_ffdshow

▲「踊ってみた」とかで左右反転動画で踊りを練習するときとかに便利かもしれません。また、2つともチェックを付けると上下左右反転動画になります。

他にも「○軸の○○オフセット」という項目で、「輝度」「色差」のみを指定した数値だけずらすみたいな「どんな時に使うんだよコレ」っていう訳のわからない項目もありますが、普通に動画を視聴する分には不要です。(キャプチャ失敗した動画とか使うらしいですけどこんなキャプチャの失敗の仕方あるのかよって感じです)

ぼかし、ノイズ低減

基本的に「ポストプロセッシング」と似た機能ですが、こちらは「様々なノイズ」に対応しています。同じく低画質な動画を再生する時に有効にすると良い設定です。

ffdshow_ぼかし_ノイズ低減

※正直、私自身も全て理解出来ていないので間違ってるかもしれません

  • ソフト化:全体的にのっぺりした映像になる。「ポストプロセッシング」みたいな感じの機能です(数値を上げると「ガウスぼかし」の効果と類似してくる)
  • 時間軸スムーズ化:時間軸上で発生するノイズを除去する(シーンの切り替わりが激しい部分とか)
  • 輝度スムーザー:輝度を基準にノイズを除去する(同じような輝度の部分のみのノイズを除去したい時とか)
  • 色差スムーザー:色差を基準にノイズを除去する
  • 漸進的ノイズ低減:前後フレームで生じるブラー的なノイズを除去する?
  • mpayerの時間軸ノイズ低減:「時間軸スムーズ化」のmpayerバージョン。
  • swscalerのガウスぼかし:視力が悪い人の視界みたいな感じでボケさす事でノイズ除去する
  • 3Dノイズ低減:前後フレームで生じるブラー的なノイズを除去する?

デフォ設定の「ソフト化」と「漸進的ノイズ」だけで良いかも?しれません。

以下のようなモスキートノイズ等にも有効かもしれません。

モスキートノイズ_圧縮後

シャープ化

輪郭をくっきりさせる事が出来る設定です。低画質動画で設定する事でかなり見やすくなります。アニメ等などで特に有効な気がします。

高画質動画の場合でも適度にかけてやると良い感じになるかもしれません。

ffdshow_シャープ化

  • unsharp mask」で強さを「20~40」くらいにしてやると良い感じかもしれません。
    • その他の設定でもある程度良い感じになりますが、これが一番オススメな気がします。
unsharp maskサンプル
シャープ化ON シャープ化OFF
s-シャープ化ON_ffdshow s-シャープ化OFF_ffdshow

▲シャープ化させた方では輪郭がはっきりしてかなり画質が上がったように見えます。ただ、数値を上げ過ぎるとジャギー的なノイズが大量に発生して見れたもんじゃなくなるので注意です。

リサイズ

低解像度の動画を、拡大して視聴する時に有効な設定です。(縮小する際は多分意味無い)

仕組みとしては、「拡大する際に使用する『リサンプリングの手法』を変更してやる事で通常より綺麗にリサイズする」みたいな感じです。

なので「元々高解像度な動画」や「拡大して視聴しない派の人」には不要な項目です。

※「リサンプリング」については以下のサイトなどを参考になります。

参考①:ニアレストネイバー法やバイキュービック法でのリサイズやJPEG圧縮などを検証したよ。 / Maka-Veli .com

参考②:画像の拡大「Bicubic法」: koujinz blog

ネット上でも、かなり効果があると評判の設定です。

s-ffdshow_リサイズ

▲設定方法としては、「横幅と高さを指定」すると選択して、「縦解像度」と「横解像度」を指定するだけです。(自分の使用してるディスプレイに合わせる)

  • 「リサイズ」のメニュー:どの程度までリサイズするか、アスペクト比率はどうするか等を設定出来ます。
  • 「リサイズ」→「設定」のメニュー:「リサンプリングの手法」やリサンプリング時の輝度・色差等の補正の度合いを設定出来ます。
    • 「正確な丸め処理」はチェック推奨
    • 「輝度の手法」を「Laczos」になっている事を確認(これが一番有効だと評判ですが正直違いが分かりません)

その他

他サイトでは、

  • 「オーバーレイ」→「出力」などの「YV12からRGBへの高品質変換」
  • 「レベル」でコントラスト強調
  • 出力する色空間をRGB32のみにする
    • これは多分設定しても意味ないです。RGB→YUVへ変換されちゃう場合なら意味あるけど逆なら意味なし。(RGB動画自体ほとんど観る機会が無いのでという意味)

とか色々推奨してたりしますが、私自身違いがイマイチ実感出来なかったので紹介しませんでした。

設定の意味も理解せずに、ネット上の情報を鵜呑みにして、そのまま真似するのは「愚の骨頂」すぎるので止めといたほうが良いです。

必ず自分で理解してから使用しましょう。

※理解しとかないと、再生中に映像が変な事になってるのに関わらず、それに気付かずに「これが普通なんだ」とずっと「変な映像」のまま見続けてしまうという哀れな自体が惹起し得ます。

というわけで、この記事内では「高画質に見せかける事が出来るであろう設定項目」の紹介は以上です。

まとめ

フィルターは掛ければかけるほど高画質に見せかける事が出来ますが、その分CPU負荷も上がります。(当たり前ですが)

特に、

  • ノイズ除去
  • シャープ化
  • リサイズ

などの、常に全体的に細かい処理を行わなければならない系のフィルタは負荷が大きいので注意です。

と言っても低画質な動画を再生する場合は、元々低ビットレートで使用されているコーデックもMPEG2(負荷が小さいコーデック)とかが多かったりするので、元々の再生負荷もそんな大した事有りません。

それなら何のフィルタ効果をかけないで再生するHD画質動画の方がよっぽど負荷が大きかったりします。(特に1920×1080クラスになるとかなりキツい)

あと再生負荷が大きくなると言っても、今の時代のCPU(i3とか以上)なら他のアプリに全然支障が出ないレベルです。(昔ならcore2duoのe7500レベルでもかなり重くなったりした)

というわけで、きちんとそれぞれの設定を理解した上で、ffdshowを上手く活用して動画を存分に楽しみましょう!

このページの情報は以上です。

おすすめページ:【ffdshow】ファイル毎にフィルタ設定を変更する方法【プリセット・プロファイル】

スポンサーリンク