WindowsDVDメーカーでDVDに動画を書き込む方法【オーサリングソフト】

Windowsの標準装備で「オーサリング+書き込み」が出来るソフト、「WindowsDVDメーカー」を使用して動画をDVDに書き込む方法について紹介します。

デフォルトソフトだけあって使いやすいですが、対応しているファイル形式などはかなり少ないのが特徴です。

スポンサードリンク

DVDに書き込むという意味について

DVDに動画を書き込むというのは、「動画を.VOB形式のMPEG2コーデックに変換して一般的なDVDプレイヤーで見れるようにする」事を指します。

一般に、このように動画をDVDプレイヤーなどで見れる形式に変換する事を「オーサリングする」と言います。

また、そのようなソフトを「オーサリングソフト」と呼びます。

元々.VOB形式でMPEG2コーデックな場合は、DVDに直接書き込むだけでDVDプレイヤーで見れます。(ファイル階層は「VIDEO_TS」「AUDIO_TS」などにする必要が有りますが)

※「コーデック」とか「動画形式(フォーマット)」の違いとか意味を詳しく知りたい人は以下の記事などを参考にしてください。

WindowsDVDメーカーの対応ファイル形式

対応ファイルフォーマットは以下の種類になります。

  • 動画フォーマット:.avi  .mpg  .wm  .wmv  .dvr-ms  .wtv  .asf
  • 音声フォーマット:.wav  .mp2  .mp3  .wma
  • 画像フォーマット:.bmp  .dib  .gif  .jpg  .jfif  .jpe  .png  .tif  .emf  .wmf  .wdp

mp4やmov、flv形式に対応していないのが痛いですね。

音声も.m4aとか.oggとかには対応してないようです。

基本的に「Windowsに於ける標準ファイルフォーマット」しか対応していないようです。

もしこれらの「mp4」「mov」「flv」形式の動画を書き込みたい場合は、事前に「.avi」等の形式に再エンコードする必要があります。

「再エンコード」と言っても「無圧縮形式」で再エンコードすれば画質を劣化させる事なく、ファイルコンテナだけを変換出来ますので安心してください。

ファイルコンテナを変換する方法

対応ファイルフォーマットに、ファイルコンテナを変換する方法としては、様々なフリーソフトで行う事が可能です。

ここでは「AviUtl」「ffmpeg」を使用して変換する方法について紹介します。

※その他のエンコードソフトについては以下の記事などを参考にしてみてください

AviUtlで変換する方法

AviUtlは導入過程が結構長いソフトですが、その過程さえ終えれば非常に多機能で使いやすいソフトです。

変換する方法としては、以下の様な流れです

  1. メニューの「ファイル」→「AVI出力(Ctrl+S)」をクリック
  2. 「ビデオ圧縮」を選択し、動画コーデックを「YUY2」(若しくは「RGB」)を選択
  3. 「保存」を押しエンコード開始

導入方法や変換方法などは他記事にてまとめているので以下の記事などを参考にして下さい。

ダウンロードとインストール方法について【AviUtl】
L-SMASH Worksの導入方法と使い方【入力プラグイン】
動画をエンコードするやり方について【まとめ】

FFmpegで変換する方法

まずffmpeg本体を入手します。

  1. こちらのページからffmpegからダウンロードする

ダウンロードしてきたファイルを解凍し、中にある「bin」フォルダの中にある「ffmpeg.exe」が本体ファイルです。

このexeファイルにコマンドラインから以下の様に指定してやる事で動画形式を変換する事が出来ます。

ffmpeg -i ○○.mov -vcodec rawvideo △△.avi

こんな感じで記述する事で、「○○.movという動画形式を、△△.aviという動画形式(無劣化)に変換」できます。

ffmpegにはオプションが多すぎて動画変換出来ないコーデック・フォーマットは存在しないと言っても過言ではないです。

オプションも多すぎてここでは紹介しきれないので以下の様な他サイトを参考にしてみてください。

参考:ffmpegの使い方:tech.ckme.co.jp

WindowsDVDメーカーの使い方

使い方としては上述したWindowsDVDメーカーに対応している動画形式を画面上にドラッグ&ドロップしてウィザードに従って進めていくだけです。

  1.  メインウィンドウ上に動画ファイルをドラッグ&ドロップし「次へ」をクリックする
    windowsdvdメーカー
    ※メニュー上での動画の「順番」は、実際にDVDで視聴する際の動画の順番となります
    また、この画面右下の「オプション」より、「メニューなし」で動画をDVDを再生すると同時に動画を順番に連続再生させたり、縦横比を変更したり出来ます。
  2. 右下の「オプション」を押して設定画面を開いて、好きな設定にした後、「OK」をクリック
    dvdメーカー_オプション

    • 「DVD再生設定」については自分の好きなものを選択。
    • 「DVDの縦横比」は動画のソースに合わせる。
    • 「ビデオ形式」は「NTSC」一択。
  3. DVDメニューをもっと凝りたい場合は色々変更し、「書き込み」をクリック
    s-windowsdvdメーカー2

書き込みの流れとしては以上で終了です。

ファイル形式は対応してるのに読み込めないって場合

「ファイル形式」はきちんと対応しているのに読み込めないのは、その動画のコーデックがパソコン内に無いためです。

具体的には、Windowsメディアプレイヤーで再生出来ない動画は読み込めないという事です。

この問題は「コーデックパック」を導入することで解決出来ます。

「コーデックパック」は色々なモノが有りますが、オススメは「ffdshow」です。余計なものが入っていなくて動作が軽く安定しているのが特徴です。

(ちなみに余談ですが、mkvやflvなどのファイル形式の場合はコーデック云々以前に「スプリッター」を導入していないと動画ファイルと認識してくれません)

このページの情報は以上です。

おすすめページ:おすすめのDVD・BDオーサリングソフト13選