パソコンで動画が再生出来ない時の原因と対策【PC】

動画ファイル(mp4やaviなど)を再生できない場合の原因対策について、

動画初心者向けに解説してみます。

スポンサードリンク

手っ取り早く再生できるようにしたい人向けの方法

原因とか対策とかどうでも良いから、今すぐ再生できるようにする方法を教えて!」という人向けの方法です。

以下のソフトを入れれば、一般的な動画ファイルなら(ほぼ全て)再生できるようになります。

  • VLCメディアプレイヤー(動画再生ソフト)
    • どんな動画ファイルでも再生できる最強の動画再生ソフト
    • 壊れてる動画ファイルでも大体再生できる(インデックス再構築)
    • これで再生できない動画ファイルは基本諦めるべき
  • MPC-HC(動画再生ソフト)
    • 使いやすい上に、対応している動画の種類も豊富な最強の動画再生ソフト
    • 動画再生ソフトをどれ使うか迷ってるならこれが一番良い
  • ffdshow(コーデックパック)
    • Windowsメディアプレイヤーとかで再生する事ができる動画ファイルが増える

個人的には、MPC-HC+ffdshowと組み合わせて使用するのがオススメです。

「全部試したけど再生できねえぞ!」という人

上記を試したのに再生できない場合は、以下の様な原因が考えられます。

  • DRM付きの動画だから参考DRMとは?
    • DRM付きの動画は、専用再生ソフトで再生して、専用サーバーに問い合わせないと再生できない(ネット接続する必要がある&ライセンスを持っている必要がある)
    • .wmv/.asfなどはDRM動画の可能性がある(これらはWindowsメディアプレイヤーでしか観れない)
    • .ram(これはRealPlayerじゃないと観れない)
  • マイナーな動画形式・コーデックだから
    • MediaInfoなどで動画ファイルの情報を調べて、コーデック名・コンテナ名を調べて、それに対応している動画再生ソフト(もしくはコーデック)をインストールすれば再生できる
    • K-Lite Codec PackCCCPとかか他のコーデックパックも入れてみると良い
  • そもそも動画ファイルが壊れてるから
    • VLCでも再生できないなら、諦めた方が良い

動画が再生できない原因と対策

ここから「再生できない原因・対策を知って今後に活かしたい!」という人向けの記事です。

①その前に前知識

まず前提として、

”動画ファイルの仕組み”をある程度理解していないと、”何故再生できないのか”は理解できません。

なので、以下の用語くらいは最低でも理解しましょう。

  • スプリッター
    • 動画を再生する際に、コンテナ(.mp4とか)から「映像」と「音声」に分離するソフト

コンテナ・コーデック関係図

②動画を再生する流れ

動画を再生する際の流れは以下の様な感じです。

  1. 動画ファイルを”スプリッター”で「映像」を「音声」に分離する
  2. 再生する
    • 分離した「映像」を”映像コーデック”を使って解読 → 再生
    • 分離した「音声」を”音声コーデック”を使って解読 → 再生

「分離する」→「分離したものをそれぞれ同時に再生する」という流れです。

③動画が再生できない症状と原因

一言に「動画が再生できない!」と言っても、様々な症状があります。

その”症状毎の原因”一覧です。

  • そもそも動画の再生が開始できないなら・・
    mkv_windows_非対応
    ▲Windowsメディアプレイヤーの場合、こんな感じの画面↑が出る

    • 必要なスプリッターがインストールされていない
    • 「映像」「音声」両方のコーデックがインストールされていない
    • 動画ファイル自体が壊れてる
    • DRMが付いている
  • 「映像」は再生できるけど、「音声」は再生できないなら・・
    • ”音声コーデック”がインストールされていない
  • 「音声」は再生できるけど、「映像」は再生できないなら・・
    •  ”映像コーデック”がインストールされていない

④動画が再生できない対策

というわけで、”動画が再生できない原因”をまとめると、

以下の4種類に分類できます。

  1. コーデックがインストールされていない
  2. スプリッターがインストールされていないから
  3. DRMが付いているから
  4. 動画ファイルが壊れているから

この原因毎に対策を紹介したいと思います。

1.コーデックのインストール

動画ファイル再生に足りていないコーデックは分かってるから、そのコーデックだけをインストールしたい!」という場合は、以下ソフトなどを使用すれば可能です。

  • CodecInstaller(パソコンに余計なコーデックを入れて汚したくない人向け)

動画ファイルの再生に必要なコーデックが分からないし、個別にコーデックをインストールするにはメンドクサイ!」という場合は、”コーデックパック”をインストールすれば、有名なコーデックを一通り再生できるようになります。(マイナーなものも一通り)

よくわからない場合は、「ffdshow」を入れておけばOKです。

ただし、内蔵のコーデックのみを使用する動画再生ソフトについては、コーデックをインストールしても意味がありません

例えば、VLCメディアプレイヤーは外部のコーデックを使用する事が出来ないので、コーデックをインストールしても使用できません。

逆に、例えば、Windowsメディアプレイヤー/MPC-HC/GOM Player/Qonohaなどのソフトは、外部コーデックが使用できるので、コーデックをインストールすると使用できます。

2.スプリッターのインストール

代表的なスプリッターには以下の様なソフトがあります。

  • Haali Media Splitter
    • MKV / MP4 / OGG / OGM / TS
  • LAV Filters(MPC-HC/MPC-BEを入れれば同時にインストール可能)
    • MP4 / FLV / MKV / WebM / MOV / RM / OGV

どちらを入れてもOKです。

ただし、内蔵のスプリッターのみを使用する動画再生ソフトについては、スプリッターをインストールしても意味がありません

例えば、VLCメディアプレイヤーは外部のスプリッターを使用する事が出来ないので、スプリッターをインストールしても使用できません。

逆に、例えば、Windowsメディアプレイヤー/MPC-HC/GOM Player/Qonohaなどのソフトは、外部スプリッターが使用できるので、スプリッターをインストールすると使用できます。

3.DRM付き動画の再生

DRM付きの動画を再生するには、そのDRMに対応した動画再生ソフトで再生すれば再生できます。

  • .wmv/.asf
    • Windowsメディアプレイヤーで再生可能
  • .ram
    • RealPlayerで再生可能

DRMを解除する方法については以下記事を参考にしてください。
参考DRMを解除する方法まとめ【デジタル著作権管理】

4.動画ファイルが壊れているのを修復する

壊れている動画ファイルを修復するには”修復ソフト”を使用します。

以下の様なものです。

ちなみに、再生ソフト本体に、修復機能があるソフトもあります。

例えば、VLCメディアプレイヤーには壊れたファイルを修復する機能もあったりします。

このページの情報は以上です。

コメント一覧

  1. 鈴木 より:

    再生ができません
    0XC 1010103