【AviUtl】人物の分身動画の作り方【動画編集】

AviUtlを使用して、人物を分身しているように見せかける「分身動画」の作り方について紹介します。

スポンサードリンク

前準備

s-分身動画_画像

当たり前ですが分身動画を作るためには、分身させたい数だけ動画を撮影する必要が有ります。

その複数動画を撮影するに当たって以下の点に留意する必要が有ります。

動画は同じ時間に全て撮影してしまう

昼に撮影した動画と、夜に撮影した動画とでは動画の明度やコントラストが明らかに違ってしまいます。

撮影はなるべく同じ時間に全て撮ってしまった方が良いです。

それか、遮光カーテンなどで外光を完璧に遮断して、いつ撮影しても明度などが変化しないようにしましょう。

撮影を始めたらカメラは固定したままで絶対に動かさない

カメラを完璧に固定しておかないと、動画を組み合わせた際に人物以外の背景がズレてしまいます。

ほんのちょっとでもズレると動画の境目が目立ってしまって「キレイな分身動画」では無くなってしまいます。

撮影を始めたらカメラは絶対に動かさないようにしましょう。

※ちなみに私はコレ↓を使いました

時間を測る

分身同士の動きを合わせたい場合は、時間を頭の中で数えながら動かないと噛み合わない動画になります。

正確に動きを合わせたい場合などはストップウォッチなどを使ってみても良いかもしれません。

作り方手順

基本的な流れは、

  1. それぞれの動画の人物だけをトリミング
  2. それぞれの動画の境界(境目)がバレないようにエフェクト処理
  3. それぞれの動画のタイミングを合わせる

てな感じです。

また、この編集ではかなり多くのエフェクトを使用します。

動画を拡張編集タイムラインにドラッグ&ドロップする

動画をそれぞれタイムライン上に読み込みます。

DD
図1

それぞれ読み込んだ動画の「人物」が写っている部分だけをトリミングする

トリミングする為のエフェクトは沢山有るので、自分の好きなエフェクトを選んで下さい。

トリミングに使えるエフェクトについては以下の記事を参考にして下さい。
トリミングエフェクト(クリッピング・斜めクリッピング・マスク)の使い方【フィルター】

動画内では「クリッピング」を使用していますが(図2)、「斜めクリッピング」の方が「境界をぼかす機能」なども付いてるのでオススメです。

また、トリミングの形が非常に複雑な場合は「上のオブジェクトでクリッピング」機能を使います。(図3)

タイムライン上で動画を「右クリック」→「上のオブジェクトでクリッピング」で有効にできます。

クリッピング対象の図形は「カスタムオブジェクト」の「多角形」などを使用するのがオススメです。多角形以外にも、適当な「図形」を追加して「アニメーション効果」→「簡易変形」などを使用しても良いでしょう。

ちなみに「多角形」の「頂点16・8・4」と指定してやると「Adobe Premiere Elements」で言う所の「ガベージマット」的な機能と同じになります。(多分)

s-クリッピング_分身動画
図2

s-上のオブジェクトでクリッピング_分身動画
図3

動画の境界を隠す

動画の境界を隠すには「境界ぼかし」エフェクトを使用します。(図4)

縦のみ・横のみをぼかしたい場合は、縦横比をそれぞれ「-100」「100」に変更します。

縦の左のみをぼかしたいって場合は、「基本効果」エフェクトの「領域拡張」を追加し、「右」の数値を適当な数値にします。

また、「多角形」などを使って「上のオブジェクトでクリッピング」をしている場合は「透明度の境界をぼかす」にチェックを入れないとクリッピングした境界に沿ってぼかしてくれないので注意です。(図5)

また、クリッピングする段階で「斜めクリッピング」を使用した場合は、パラメータの「ぼかし」を有効にする事でクリッピングの境界をぼかす事が出来るので、「境界ぼかし」を適用せずに済みます。

拡張編集_境界ぼかし
図4

s-境界ぼかしエフェクト_分身動画
図5

途中から登場する動画には「フェード」させる

動画途中から登場する動画の場合、何もエフェクト効果なしに登場させると急に動画色が変わって違和感が出てしまいます。(図6)

途中から登場する動画には「フェード」エフェクトを追加して違和感を軽減しましょう。(図7)

「イン」を2秒くらいに指定すると違和感が無くなると思います。

s-途中からの動画_フェード_分身動画
図6

拡張編集_フェード
図7

違和感が消えない場合は「色調補正」を掛ける

部分的に「色調補正」エフェクトをかけて違和感を消す方法です。きちんと固定して撮影できている場合は、色の問題だけなので「色調補正」で解決出来ます。

部分的に「色調補正」を掛ける方法としては以下の様な方法が有ります。

  • 部分フィルタ」(部分フィルタオブジェクト)を追加し、これに「色調補正」エフェクトを追加する
    • 部分フィルタの場合、「図形」で指定出来る形でしか色調補正が出来ません。
  • 「フレームバッファ」(フレームバッファ_オブジェクト画像)、若しくは「直前オブジェクト」(直前オブジェクト_オブジェクト画像)を追加し、これに「色調補正」エフェクトを追加する
    • この方法の場合、完全に好きな形で色調補正をかけれる為、痒い所に手が届きます

s-色調補正が隠した例
図8

色調補正の他に「グラーデーション」「ノイズ」などを指定してやると良い感じに出来ます。(図8)

グラデーションの色は「透明色」と「動画内の色をスポイトで指定」してやると良い感じになるかもしれません。

どうしても違和感が消えない場合

違和感が大きすぎる場合は、部屋の光源の向きなどを最大限考慮して、再撮影しましょう。(そっちの労力のが多分少ない)