ブルーレイ再生可能なおすすめ動画再生ソフト3選【2016】

ブルーレイ再生可能なおすすめの動画再生ソフトとかについて色々紹介します。

スポンサードリンク

ブルーレイ再生可能なフリーソフトは存在しない

(現状)市販・レンタルのブルーレイディスクは、フリーソフトでは再生する事が出来ません

理由は、AACSという超強固なコピーガード(DRM)が導入されているからです。

AACSを解除するには、BDAから公認されている再生ソフトじゃないとムリなためです。BDAから公認されるにはライセンス料を払う必要があるので、フリーソフトではムリなのです。。

なので、AACS付きのBDディスクを(ちゃんと)再生したい場合は、市販ソフト(有料ソフト)を使用する必要があります。

ですが、AACSが付いていないBDディスク(自作ディスク等)なら、BDディスクの中身を開いて、動画ファイル(.m2ts)自体を直接開けばフリーソフト(VLCMPC-HCなど)でも再生可能です。(ただメニューの再生には対応していない)
2016-02-08_15h48_15
※あと、一部の商用のフリーソフトを使用すれば、AACSが付いていないBDディスクならメニュー付きで再生出来たりもします。

というわけで、まとめると以下のような感じです。

  1. 市販のBDディスク」「レンタルしてきたBDディスク」などは、市販の有料再生ソフトじゃないと絶対に再生出来ない(AACSがある為)
  2. 自作したBDディスク(AACSが付いていないBDディスク)」は、フリーソフトでも動画ファイル(.m2ts)を直接指定して開く事で再生可能(ただし、ファイルを直接開くのでメニューを表示させる事は出来ない)
  3. 一部の商用のフリーソフトでは、「自作したBDディスク(AACSが付いていないBDディスク)」のメニュー付再生が可能

と言った感じです。

つまり、ブルーレイは基本的に市販ソフトでしか再生出来ないという事です。(これがブルーレイの普及を妨げてる原因の1つ)

ブルーレイ再生可能な市販ソフト

※BDドライブ付きのメーカー製PCを購入した場合には、殆どの場合、再生ソフト(WinDVDかPowerDVDなど)が付属していると思うので、別途購入する必要は有りません。付属しているソフトを使えばOKです。

現状、ブルーレイに対応している市販の再生ソフトは以下の3つです。

※ちなみに(基本的に)どのソフトもAACSキーの更新は5年間ほど有効なので、5年間は最低でも使用出来ます。(5年経過するとAACSキーを更新できなくなるので、最新のBDとかは見れなくなる。つまり買い換える必要がある。)

①PowerDVD

PowerDirector(動画編集ソフト)でお馴染みの「CyberLink社」の動画再生ソフトです。

powerdvd-15

定番中の定番ですね。(恐らく)PCユーザーなら一度くらい名前を聞いた事が有るんじゃないでしょうか。

BDドライブが標準装備なパソコンを使用している人なら、このソフトが最初からインストールされている事が多いはずです。

使い勝手も申し分ないので、BDを不具合なく快適に視聴したい人にオススメなソフトです。

※AACSについては「2世代後のPowerDVDの発売から1年経過した時点」でAACSの更新サポートが打ち切られるらしいです。(最低でも5年くらいは使えるということ)(ソース

公式

※PowerDVDには「Standard」「Pro」「Ultra」「Live」と4種類のバージョンが有りますが、「Pro」以上のエディションじゃないとブルーレイに対応いないので注意です。(公式機能比較ページ

②WinDVD

VideoStudio(動画編集ソフト)などでもお馴染みの「Corel社」の動画再生ソフトです。

windvd

これについても定番中の定番でしょう。

「PowerDVDより使いづらい!」というネットの書き込みを見ましたが、私自身特に何も感じませんでいた( ´Д`)

使い込んでると不便に感じる点があるという事なんでしょうか・・。まぁ何にせよ、超有名ソフトなのでそこまで極端に使いづらいということはないと思います。

公式

③Mac Blu-ray Player

(あまり知名度は無いかもしれませんが)「Macgo」という会社が販売している動画再生ソフトです。

Mac Blu-ray Player

このソフト、MPC-HCに似た使い勝手(シンプル)なので、個人的には一番気に入りましたけど、Amazonのレビューを見る限りはそこまで評判が良くないみたい(?)です。

screenshot_6361

公式

どれが一番良いか

ネットでの評判は「PowerDVD」が一番良いみたい(?)です。

正直、私はブルーレイをほとんど視聴しないので、これらのプレイヤーの使い勝手についてはあまり分かりません( ´Д`)

というかブルーレイ自体に人気が無さ過ぎて、市販の再生ソフトもこの記事で紹介したソフトくらいしか存在しないので比較対象があんまり無いですしね。。

とりあえず、どのソフトも試用期間として30日間無料で使用できるので、自分で使いやすさを試してみて決めるのが一番良いかと思います。

ちなみに、ソフトによって「この再生ソフトの方は画質・音質が良い!」とか言う書き込みがネット上で結構見られますが、これについてはどれも大差無いと思います。。

違いは機能的な差だけな気がします。

バンドル版のAACS非対応、AC-3非対応な問題(?)

バンドル版(OEM)を持っていないので詳しく分からないのですが、以下の様な問題が有る可能性があるようです?

  • PowerDVDは、バンドル版のエディションによってはAC-3に対応していないせいでBDAVが再生出来ない事があるそうです(?)
    • まぁ市販・レンタルBDは全てBDMVなので関係ないかもしれませんが。。
  • WinDVDは、バンドル版の種類によって、もともとAACS自体に対応していないものもあるようです(?)
  • WinDVDは、バンドル版の種類によって、AACSの更新に対応していないものがあるようです(?)

バンドル版を使用しようと考えてる人はよく確認したほうが良いかもしれません(?)

BDドライブの付属のBD再生ソフトを使用する

BDドライブによっては、BD再生ソフトが付属しているものが有ります。(何かに付属しているタイプのソフトを「バンドル版」「OEM版」などと呼びます)

BDドライブもBD再生ソフトも持ってないからどっちも欲しいんだ!」って人は、「BD再生ソフトが付属しているBDドライブ」を買った方が安く済むのでオススメです。

例えば、内蔵タイプ(3.5inch)だと以下の様な商品が有ります。

▲これだと「PowerDVD12」が付属しています。(他にも「Power2Go」というBDオーサリングソフトなど色々なソフトが付属してて単体で買うよりかなり安い)

あと外付けタイプだと以下の様な商品があります。

▲これも同じく「PowerDVD12」と「Power2Go」が付属しています。外付けタイプについては再生ソフトが付属していないものが多いので、選ぶ際には注意です。

フリーソフトでブルーレイ(.m2ts)を再生可能なおすすめソフト

※先述しましたが、「ブルーレイに対応」しているのではなくて、「ブルーレイ規格の動画形式として使用されている.m2tsファイルを再生出来るソフト」というだけなので、ブルーレイに対応してるわけじゃないので注意

AACS無しのBDを再生出来るソフト(メニューも再生可能)

AACSが付いていないBDディスクに対応しているフリーソフト。(私が知らないだけで、ここで挙げてるソフト以外にも有ると思います)

  1. Leawoメディアプレイヤー
    Leawoメディアプレイヤー
  2. DAPlayer
    daplayer

.m2tsファイルを再生出来るフリーソフト(メニューは再生不可能)

.m2ts対応のフリー動画再生ソフトです。

MPC-HC

mpc-hc_画面

個人的に超オススメの動画再生ソフトです。(MPC-BEでもOK)

これとffdshowを組み合わせて使用するのが最強だと思います。

本当に使いやすいので、使ったことがないなら是非使ってみてください。使い易すぎてビックリするはずです。

MPC-HCとは?使い方と設定方法について

VLCメディアプレイヤー

.m2ts対応のフリー動画再生ソフト。

vlc_画面

MAC・Linux使いなら、VLC一択でしょう。

「MPC-HC」より軽く、機能的にも再生ソフトの中で郡を抜いています。

ただ、(個人的にですが)細かい操作性がMPC-HCより劣る気がするので、Windows使いなら「MPC-HC」の方がオススメです

VLCメディアプレイヤーとは?特徴と導入方法について

その他

その他のおすすめとしては、

  • Qonoha
  • Light Alloy

などです。

他にも、

  • GOM Player
  • KMPlayer
  • 5KPlayer
  • ・・・etc

などが有りますが、これらはフリーですが所詮”商用”ソフトなので、根本的な使い勝手は劣ります。(広告とか入りますしね。。)

フリーソフトでの一番のおすすめは、先述した「MPC-HC」か「VLC」です。

参考:【情強向】おすすめ動画再生ソフト9選を比較した【ランキング】

あとがき

こんな記事を書いといてなんですが、ブルーレイほどクソなメディアは無いと思います。

DVDと比較して、

  1. 値段高すぎ
  2. 少しの傷ですぐに読み込めなくなりすぎ
  3. 対応ソフトが少なすぎ
    • この記事を見てもらったら分かるように、市販ソフトですら種類が少ないし、フリーソフトでも再生出来ない。
    • オーサリングソフトについても同じ。
  4. AACSがクソすぎ

など、欠点がありすぎます。

というわけで、ブルーレイとかいうクソメディアは使わずに、HDDなどに動画ファイルとして保存して、PCなどで視聴するのが一番賢い方法だと思います( ´Д`)
参考:BDディスクのAACSを解除できるおすすめソフト4選

大容量HDDな時代に、円盤メディアなんてもはやオワコンなので・・。

このページの情報は以上です。

関連ページ:AACSとは?BDのコピーガードの仕組みを簡単に解説

関連ページ:ブルーレイ(Blu-ray)とDVDの違い【メリット・デメリット】(円盤メディアのオワコン具合を解説)

関連ページ:おすすめのDVD・BDオーサリングソフト13選(おすすめの無料・有料のオーサリングソフト)

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. suzuki より:

    勉強になりました!
    あとがき、面白かったです(*^^*)

  2. 匿名 より:

    Leawoメディアプレイヤーって、常時ネット接続がされているパソコンでは市販ブルーレイビデオも再生できませんか?

  3. あのにます より:

    BUFFALOのBDXL外付けを数年前から使っていました。
    先だってのWin10無償アップグレWin7→Win10へ、
    結果サイバーリンクのPowerdvd10が識別不能になり、BUFFALO推奨のソフトアップデートを…で、コレがクソでした。
    強制的Powerdvd12のスタンダードをインストールさせられ、さてこれで良いのかと思いきやBlu-ray対応するには有償版へアップグレードと吐かされました。
    なんてアコギな商売するのかとショックでした。
    ブログ主さまのBlu-rayクソに賛同致します。