ブルーレイ再生可能なおすすめ動画再生ソフト3選【2016】

ブルーレイ再生可能な動画再生ソフトについて色々紹介します。

スポンサードリンク

ブルーレイ再生可能なフリーソフトは存在しない

現状、市販・レンタルなどのブルーレイディスクは、

フリーソフトでは再生する事が出来ません。

理由は、AACSというコピーガードが導入されているからです。

AACSを解除するには、BDAから公認されている再生ソフトじゃないとムリなためです。

(BDAから公認されるにはライセンス料を払う必要があるので、フリーソフトではムリなのです)

なので、AACS付きのBDディスクを再生したい場合は、

市販ソフト(有料ソフト)を使用する必要があります。

ですが、AACSが付いていないBDディスク(自作ディスクなど)なら、BDディスクの中身を開いて、動画ファイル(.m2ts)自体を直接開けばフリーソフト(VLCMPC-HCなど)でも再生可能です。
2016-02-08_15h48_15
(あと、一部の商用のフリーソフトを使用すれば、AACSが付いていないBDディスクならメニュー付きで再生出来たりもします。)

というわけで、まとめると以下のような感じです。

  • 市販のBDディスク」「レンタルしてきたBDディスク」は・・・
    →市販の有料再生ソフトじゃないと絶対に再生できない(AACSがあるため)  
  • 自作したBDディスク(AACSが付いていないBDディスク)」は・・・
    →フリーソフトでも動画ファイル(.m2ts)を直接指定して開く事で再生可能
    (ただし、ファイルを直接開くのでメニューを表示させる事はできない。しかし一部の商用のフリーソフトではメニューの再生も可能だったりする)

と言った感じです。

つまり、ブルーレイは基本的に市販ソフトでしか再生できないという事です。

ブルーレイ再生可能な市販ソフト

BDドライブ付きのメーカー製PCを購入した場合には、ほとんどの場合、再生ソフト(WinDVDやPowerDVDなど)が付属していると思うので、別途購入する必要はありません。

現状、ブルーレイに対応している市販の再生ソフトは以下の3つです。

ちなみにどのソフトもAACSキーの更新は5年間ほど有効なので、5年間は最低でも使用できます。(ただ、5年経過するとAACSキーを更新できなくなるので、最新のBDは見れなくなります。)

①PowerDVD

PowerDirector(動画編集ソフト)でお馴染みの「CyberLink社」の動画再生ソフトです。

powerdvd-15

定番中の定番ですね。

BDドライブが標準装備なパソコンを使用している人なら、このソフトが最初からインストールされている事が多いはずです。

使い勝手も申し分ないので、BDを不具合なく快適に視聴したい人にオススメなソフトです。

AACSについては「2世代後のPowerDVDの発売から1年経過した時点」でAACSの更新サポートが打ち切られるらしいです。(最低でも5年くらいは使えるということ)(ソース

PowerDVDには

  • 「Standard」
  • 「Pro」
  • 「Ultra」
  • 「Live」

4種類のバージョンがありますが、「Pro」以上のエディションじゃないとブルーレイに対応いないので注意です。(公式機能比較ページ

公式

②WinDVD

VideoStudio(動画編集ソフト)などでもお馴染みの「Corel社」の動画再生ソフトです。

windvd

このソフトについても定番中の定番ですね。

PowerDVDと同じく、超有名ソフトなので、不自由することはないと思います。

公式

③Mac Blu-ray Player

(あまり知名度は無いかもしれませんが)「Macgo」という会社が販売している動画再生ソフトです。

Mac Blu-ray Player

このソフト、MPC-HCに似たUI(シンプル)なので、個人的には一番気に入りましたが、ネット上にレビューが少ないですし、実際のところはどうかわかりません。

公式

どれが一番良いか?

どのソフトも試用期間として約30日間無料で使用できるので、

自分で「どれが一番使いやすいか」を試してみて決めるのが良いと思います。

バンドル版のAACS非対応、AC-3非対応な問題(?)

バンドル版(OEM)を持っていないので詳しく分からないのですが、

以下の様な問題がある可能性があるようです。

  • PowerDVDは、バンドル版のエディションによってはAC-3に対応していないせいでBDAVが再生できない事がある
  • WinDVDは、バンドル版の種類によって、もともとAACS自体に対応していないものもある
  • WinDVDは、バンドル版の種類によって、AACSの更新に対応していないものがある

バンドル版を使用しようと考えてる人はよく確認したほうが良いかもしれません。

BDドライブの付属のBD再生ソフトを使用する

BDドライブによっては、

BD再生ソフトが付属しているものがあります。

何かに付属しているタイプのソフトを

  • 「バンドル版」
  • 「OEM版」

などと呼びます。

BDドライブもBD再生ソフトも持ってないからどっちも欲しいんだ!」という人は、

「BD再生ソフトが付属しているBDドライブ」を買った方が安く済むのでオススメです。

例えば、内蔵タイプ(3.5inch)だと以下の様な商品があります。

▲これだと「PowerDVD12」が付属しています。(他にも「Power2Go」というBDオーサリングソフトなど色々なソフトが付属してて単体で買うよりかなり安い)

あと外付けタイプだと以下の様な商品があります。

▲これも同じく「PowerDVD12」と「Power2Go」が付属しています。外付けタイプについては再生ソフトが付属していないものが多いので、選ぶ際には注意です。

フリーソフトでブルーレイ(.m2ts)を再生可能なソフト

フリーソフトでブルーレイ(.m2ts)を再生可能なソフトについて紹介したいと思います。

ただし、先述しましたが、「ブルーレイに対応」しているのではなくて、

「ブルーレイ規格の動画形式として使用されている.m2tsファイルを再生できるソフト」というだけなので、ブルーレイに対応しているわけじゃないので注意です。

AACS無しのBDを再生できるソフト(メニューも再生可能)

AACSが付いていないBDディスクに対応しているフリーソフトです。(私が知らないだけで、ここで挙げてるソフト以外にもあると思います)

  1. Leawoメディアプレイヤー
    Leawoメディアプレイヤー
  2. DAPlayer
    daplayer

.m2tsファイルを再生できるフリーソフト(メニューは再生不可能)

.m2ts対応のフリー動画再生ソフトです。

MPC-HC

mpc-hc_画面

個人的にオススメの動画再生ソフトです。(MPC-BEでもOK)

本当に使いやすいので、使ったことがないなら是非使ってみてください。

MPC-HC+ffdshowと組み合わせて使用するのがオススメです。

参考MPC-HCとは?使い方と設定方法について

VLCメディアプレイヤー

.m2ts対応のフリー動画再生ソフト。

vlc_画面

MAC・Linux使いなら、VLC一択でしょう。

「MPC-HC」より軽く、機能的にも再生ソフトの中で郡を抜いています。

参考VLCメディアプレイヤーとは?特徴と導入方法について(1/2)

その他

その他のおすすめとしては、

  • Qonoha
  • Light Alloy

などです。

他にも、

  • GOM Player
  • KMPlayer
  • 5KPlayer
  • ・・・etc

などがあります。

このページの情報は以上です。

関連AACSとは?BDのコピーガードの仕組みを簡単に解説

関連ブルーレイ(Blu-ray)とDVDの違い【メリット・デメリット】

関連おすすめのDVD・BDオーサリングソフト13選

コメント一覧

  1. suzuki より:

    勉強になりました!
    あとがき、面白かったです(*^^*)

  2. 匿名 より:

    Leawoメディアプレイヤーって、常時ネット接続がされているパソコンでは市販ブルーレイビデオも再生できませんか?

  3. あのにます より:

    BUFFALOのBDXL外付けを数年前から使っていました。
    先だってのWin10無償アップグレWin7→Win10へ、
    結果サイバーリンクのPowerdvd10が識別不能になり、BUFFALO推奨のソフトアップデートを…で、コレがクソでした。
    強制的Powerdvd12のスタンダードをインストールさせられ、さてこれで良いのかと思いきやBlu-ray対応するには有償版へアップグレードと吐かされました。
    なんてアコギな商売するのかとショックでした。
    ブログ主さまのBlu-rayクソに賛同致します。