【AviUtl】3D的な立方体と球体の作り方【アニメーション効果】

AviUtlデフォルトのアニメーション効果である、

  • 立方体(カメラ制御)
  • 球体(カメラ制御)

を使用して、3Dっぽい図形の作り方について紹介します。

スポンサードリンク

余談)

基本的にAviUtlで作れるのは”なんちゃって3D”です。

ちゃんとした3Dモデルを作りたいなら、

Blenderなどの3DCGソフトを使って3D動画を作る」→「AviUtlに読み込んで編集」

という風にした方が良いです。

AviUtlはそもそも”動画編集ソフト”なので3D機能まで求めるのは筋違いなので

立方体

↓こういうのが作れます。

立方体

1つ1つ簡単に説明していきます。

まず、「図形」の「四角形」に

  • 「アニメーション効果」→「立方体(カメラ制御)」
  • 「グラデーション」

の2つのエフェクトをかけます。(図1)

参考色関係エフェクト(色調補正・色ずれ・単色化・グラデーション・拡張色・特定色域変換・縁取り)の使い方

立方体_グラデーション
図1

次に「凸エッジ」で輪郭をはっきりさせます。

デフォルト設定より少し強めな感じでかけます。(図2)

参考輪郭系エフェクト(凸エッジ・エッジ抽出・シャープ)の使い方

立方体_凸エッジ
図2

次に「ノイズ」をデフォ設定のまま「強さ」だけを若干変化させただけのものをかけます。(図3)

参考ノイズエフェクトの使い方

立方体_ノイズ
図3

最後に「モザイク」を「サイズ:6」でかけて完了です。(図4)

参考ぼかし系エフェクト(ぼかし・境界ぼかし・モザイク)の使い方

立方体_モザイク
図4

あと、↑のgifのように360度クルクル回転させるには、「カメラ制御」に「カメラ効果」の「目標中心回転」を追加して、

  • 水平回転を「0」→「360」
  • 水力回転を「0」→「360」

という風にやればOKです。(図5)

カメラ制御の「X」「Y」「Z」で回転させるより楽チンなのでオススメです。

参考カメラ制御の使い方について

カメラ制御_カメラ効果_目標中心回転
図5

最後にこれの設定ダイアログ設定を載せておきます↓。

立方体_設定ダイアログ

球体

「球体(カメラ制御)」も「立方体」と同じ要領で作るだけです。

球体1

同じなので解説は割愛します。(設定ダイアログは↓)

球体_設定ダイアログ

サンプル

例えば、

「音声波形表示」の「Type5」に「球体」を適用すると、以下のようになります。

球体_音声波形表示
参考音声波形表示の使い方

例えば、先ほどの「立方体」の図形を「パーティクル出力」させてみた例です↓。

参考パーティクル出力の使い方

他にも「カスタムオブジェクト」などとも案外相性が良いかも?しれません。

以下は「球体(カメラ制御)」と「多角形」と「ディスプレイスメントマップ」エフェクトを適当に組み合わせた例です↓。

参考カスタムオブジェクトとは?使い方と種類について

関連スクリプト

さつき氏が配布しているスクリプト集の中にある「立体図形(正多角形)-カメラ」などを使用しても、立体的な図形を作れます。

3D系を使用するときはバックアップを!

AviUtlで3D系のアニメーション効果を使用すると、動作が重くなりやすい上に、AviUtl自体の動作が停止してしまう事がよくあります。

なので、動画を作る前に「自動バックアップ機能」がきちんと有効になっているか確認しておくのをオススメします。

参考自動バックアップを有効にするやり方(「自動バックアップを有効」)

参考応答なしになる原因と対処法【フリーズ】

このページの情報は以上です。

コメント一覧

  1. Adel729729183 より:

    関連スプリクトの説明文に脱字があります。
    恐らく”さつき氏が配布しているスクリプト集の中にある「立体図形(正多角形)-カメラ」などを使用しても、立体的な図形を作れます。”ではないでしょうか。

  2. 匿名 より:

    ↓ステレオムービーメーカーを使えば3D動画作れるみたいですね。
    http://stereo.jpn.org/jpn/stvmkr/index.html