エンコード設定の1passと2passの違い【シングルパス・マルチパス】

動画のエンコードに於ける「1pass」(シングルパス)と「2pass」(マルチパス)の意味と違いについて簡単に紹介します。

エンコードする人にとっては割りと必須な知識です。

スポンサードリンク

1passと2passエンコードの違い

動画_アイコン

ビットレートモードの「VBR」「ABR」では、エンコード形式として、

  • シングルパス」でエンコードする方法
  • マルチパス」でエンコードする方法

の2種類の方法が有ります。

「シングルパス」は「1パス」(1pass)、「マルチパス」は「2パス」以上(2pass、3pass、4pass・・・Npass)の事を指します。

※「CBR」は「固定ビットレート」なので、そもそも2passでエンコードしようと結局ビットレートは固定されるので1passのみです

1pass

1passは、ファイル内容を予測しながらエンコードする方法です

  • このファイルは全体的にビットレートが必要そうだ。だから最初からビットレートは節約気味に行こう
  • このファイルはあまりビットレートを必要としなさそうなファイルっぽいから、最初から潤沢にビットレートを割り当てて行こう

という感じで、予測しながらエンコードするようなイメージです。

”予測”しながらのエンコードなので、この”予測”が外れると画質・音質は著しく悪くなります。

つまり、「ファイル内容を予測しやすい動画」(例えばニュース番組とかセミナー動画のような、”動きの無い動画”とか)の場合は、「1pass」でのエンコードが向いてると言えます。

あと、エンコード速度は2passに比べて、単純に2倍くらい早くなります。

2pass

1passは、エンコードする前に一度、ファイル全体をスキャンして必要なビットレートを確認しておいてエンコードする方法です。

事前に必要なビットレートがわかっているので、「必要な部分に適当なビットレートを割り当てて、そうでない部分には割り当てない」という事が確実に出来るようになります。

ただし、1passと違って、事前にファイルをスキャンする必要が有るので、エンコード速度はかなり遅くなります。

ファイル内容を予測しにくい動画」(例えばスポーツ動画のような、”動きの激しい動画”とか)の場合は、「2pass」でのエンコードが向いてると言えます。

3pass以上

3pass以上は、2passと同様「ファイル全体をスキャンして必要なビットレートを確認」を2回以上行う方法です。

また、2passでエンコードした場合にも、「2passでエンコードしたのに、指定されたファイルサイズをオーバーしちゃった場合」に実行される事も有ります。

通常、エンコーダーで3pass以上の設定をする必要は有りません。(2passと殆ど画質が変わらない上に、ヘタすると劣化する場合もあるから)

使い分け

「ファイルサイズ当りの画質・音質」を極限まで上げたいなら「2pass」エンコードがおすすめですが、普通は「1pass」でOKです。(そこまで画質に差は無い)

単純に1passの2倍時間が掛かってしまうので、時間が勿体ないです。

というかビットレートを潤沢に与えてもOKな動画なら、わざわざ2passでビットレートをケチる必要が有りません。(Youtubeに投稿する用の動画とかはビットレートを大量に使ってやれば良い)

ニコニコ動画のような投稿する動画のファイルサイズに制限が有る場合で、画質・音質を極限まで上げたい場合などは「2pass」が良いかもしれません。

※以下のサイトにて1passと2passによる画質の違いについて言及されています。(ビットレートを制限した場合、動きの激しいシーン等では2passの方が如実に画質が優れるみたいです)

まとめ

・pass:「動画を何回解析してエンコードするか」という意味

・1pass:ぶっつけ本番で解析しつつエンコードする

・2pass:事前に1回解析しておいて、その解析結果を元にエンコードする

・3pass:事前に2回解析しておいて、その解析結果を元にエンコードする

・通常は1passで十分

・「ビットレートを1bitも無駄にしたくない!」という場合は2pass以上でエンコードすれば良い

このページの情報は以上です。

関連ページYoutubeに投稿する動画のエンコ条件【動画形式・コーデック他】

関連ページニコニコ用の動画エンコの方法と投稿条件