tsMuxeRの簡単な使い方と【フリーブルーレイオーサリングソフト】

フリーのブルーレイオーサリングソフト「tsMuxeR」を使用して、ブルーレイ形式に動画をオーサリング、オーサリングした動画をBDに書き込むまでを簡単に紹介します。

Linux・MACにも対応してるので、Windowsユーザー以外でも使用できます。

この記事では最低限、オーサリングするのに必要な部分のみを紹介します。

スポンサードリンク

tsMuxeRとは?

tsmuxer_icon

tsMuxeRは、動画をブルーレイ形式である「BDMV」にオーサリングする事が出来るフリーソフトです。(BDAVと違って、BDレコーダーとかだと再生できる機器が結構限られてしまうので注意)

他にも、MPEG2-TS(ts、m2ts)ファイルを直接Muxする機能や、字幕やチャプターを設定出来たりもしますが、正直どうでも良い機能なのでこの記事内では紹介しません。

同じ「BDMV」にオーサリングする事が出来る「multiAVCHD」と比較して、以下のような特徴が有ります。

  • BDMVなのにメニューが作れない
    • BDAVみたいに再生機器独自の再生メニューで動画一覧が表示されたりもしないので、再生を開始したらBD内の動画が一気に再生される(複数動画を書き込んでも、1つの動画みたいな感じになる)
    • その代わり、multiAVCHDと比較して操作が簡単
  • 再エンコード機能が無い
    • なので、ブルーレイにオーサリングする場合は、ブルーレイに準拠しているコーデックで再エンコードしておく必要があります
      • 映像コーデック(MPEG2 or VC-1 or H.264)
      • 音声コーデック(AC-3)
    • あと、解像度とかfpsとかピクセル比とかも全部揃えておく必要があります

元素材がBDに準拠している素材なら、秒速でBDMVを作成できます。

ダウンロードとインストール方法

インストール方法と言っても、ダウンロードして解凍するだけです。(インストーラーは無い)

  1. こちらのページよりtsMuxeR本体をダウンロードする
    tsmuxer_dl
  2. 解凍する

以上で終わりです。

アンインストールしたい場合は、フォルダごと削除します。

使い方

本体ファイルは「tsMuxerGUI.exe」というファイルです。

tsmuxr_file

起動すると以下のような画面が立ち上がるので、「Input files」の部分に動画をドラッグ&ドロップします。

tsmuxr_画面

次に、「Output」の部分を「Blu-ray ISO」か「Blu-ray folder」を選択します。

※BDに書き込んでから「再生できない!」ってなったらBDに焼く時間が勿体ないので、「Blu-ray ISO」でISO出力しておいて、ISOをマウントして再生できるのを確かめてから書き込んだ方が良いです。

あとは、「Start muxing」をクリックすれば、オーサリングが開始されます。

オーサリングが終わったら、「Folder」で指定したパスに、「○○.iso」もしくは「BDMV」フォルダが作成されます。

あとは、このオーサリングした動画をImgBurnなどのライティングソフトで書き込めば、BDMVなBDの完成です。

ImgBurnでBDに書き込む手順

※ImgBurnについては事前に導入しているものとして説明をします

  1. 「Mode」を「Build」にする(日本語化してる人はこれと一緒の意味のやつを選んでください)
    mode_build
    ※「○○.iso」ファイルを書き込みたい場合は、「Write」を選択します
  2. Blu-rayディスクをパソコンに挿入する
  3. さきほどオーサリングした「BDMV」フォルダを上の方のソース入力のテキストエリアにドラッグ&ドロップして、下の方にある「書き込み開始ボタン」を押して書き込みを開始するだけです。
    imgburn_multiavchd

以上で書き込みは終了です。

作成したBDを、BDレコーダーとかで再生すると以下のような感じで再生できます。(これを選択すると、いきなり再生が始まります)

tsMuxeRs_BDMV

この記事(BDMV(BD-Video)とBDAVの違い)では説明した通り、BDMVはメニューが表示されると書きましたけど、tsMuxeRで作ったBDはメニューが表示されません。

※「BDAV」でオーサリングしたい場合は、「MakeBDAV」というフリーソフトがおすすめです。

このページの情報は以上です。

おすすめページ:おすすめのDVD・BDオーサリングソフト13選