【AviUtl】トリミングエフェクト(クリッピング・斜めクリッピング・マスク)の使い方

AviUtl拡張編集プラグインの「トリミング」関係の「エフェクト」の使い方について紹介します。

スポンサードリンク

クリッピング

クリッピングは、オブジェクトの上下左右を任意の長さ分だけクリッピング(切り抜き)できるエフェクトです。

動画の黒帯部分を消したり、画像の一部分だけをトリミングしたりする時に使います。

クリッピング_設定ダイアログ

上下左右

指定した長さ分だけ、

上下左右をクリッピングできる設定です。

クリッピング_上_拡張編集 クリッピング_下_拡張編集 クリッピング_左_拡張編集 クリッピング_右_拡張編集
▲上 ▲下 ▲左 ▲右

中心の位置を変更

クリッピングした際に、「オブジェクトの中心位置もそれにクリッピング後の図形に合わせるか」という設定です。

拡張描画機能のX,Y,Z軸回転などをさせると分かりやすいです。

以下はそれぞれ横部分をトリミングして、「中心の位置を変更」チェックをON・OFFして「Z軸回転」させた例です。

クリッピング_中心位置を変更_ON クリッピング_中心位置を変更_OFF
▲中心の位置を変更:ON

→クリッピング後の図形の中心にして回転している

▲中心の位置を変更:OFF

→クリッピング前の図形の中心にして回転している

マスク

マスクは、指定の形でオブジェクトにマスクを掛けることができるエフェクトです。

指定した形状でオブジェクトをトリミングするようなイメージです。

拡張編集_マスク

X、Y

マスクの位置を設定できます。

マスク_XY

回転

マスク自体を回転させれます。

マスク_回転

サイズ

マスクのサイズを設定できます。

マスク_サイズ

縦横比

マスクの縦横比を設定できます。

マスク_縦横比

ぼかし

マスクの周囲の境界をぼかせます。

マスク_ぼかし

マスクの種類

マスクの形状を変更できます。

「ファイルから選択」や「シーンから選択」を選ぶ場合は、アルファ属性(透明属性)を持つファイル・シーンを選ばないと微妙な感じになるで注意です。

マスクの種類

マスク_背景 マスク_円 マスク_四角形 マスク_三角形
▲背景 ▲円 ▲四角形 ▲三角形
マスク_五角形 マスク_六角形 マスク_星形 マスク_ファイルで指定
▲五角形 ▲六角形 ▲星形 ▲ファイルから選択(使用したファイルはコレ

マスクの反転

反対にマスク部分が見えなくなります。

マスク_反転(星形)

元のサイズに合わせる

オブジェクトのサイズに合わせて、マスクの大きさを調整できます。

斜めクリッピング

斜めクリッピングは、角度を付けてクリッピングしたり、境界線をぼかしたりする事ができるエフェクトです。

「クリッピング」の上位互換です。

「角度」や「ぼかし」などの項目を使用しない場合は、普通の「クリッピング」を使ったほうが良いです。(シンプルで分かりやすいので。)

斜めクリッピング_設定ダイアログ

中心X

設定した数値分だけ、

クリッピングの中心位置をX軸方向に移動できる設定です。

斜めクリッピング_中心X

中心Y

設定した数値分だけ、

クリッピングの中心位置をYX軸方向に移動できる設定です。

斜めクリッピング_中心Y

角度

クリッピングの境界線の角度を設定できます。

斜めクリッピング_角度

ぼかし

クリッピングの境界線のぼかせます。

「中心位置」を下の方にずらして良い感じにぼかせば「幽霊」の足がない感じとかを表現できます。

斜めクリッピング_ぼかし 斜めクリッピング_幽霊
▲ぼかしサンプル ▲幽霊っぽい感じ

クリッピングする幅を設定できます。

  • 0:通常の斜めクリッピング
  • +:中心位置から「幅」で指定した距離分が残り、それ以外がクリッピングされる
  • -:中心位置から「幅」で指定した距離分がクリッピングされ、それ以外が残る
斜めクリッピング_幅0 斜めクリッピング_幅プラス 斜めクリッピング_幅マイナス
▲0 ▲+ ▲-

「クリッピング」と「斜めクリッピング」のクリッピング方法の違い

クリッピングと斜めクリッピングでは、クリッピング後のオブジェクトの範囲が異なってきます。

クリッピングでは、オブジェクトサイズが削り取られるのに対し、

斜めクリッピングではオブジェクトサイズはそのままとなります。

クリッピング_オブジェクト範囲 斜めクリッピング_オブジェクト範囲
▲クリッピング ▲斜めクリッピング

「画像ループ」エフェクトなどを使用した際に違いが出てしまうので注意です。

画像ループ使用時
クリッピング_画像ループ 斜めクリッピング_画像ループ
▲クリッピング ▲斜めクリッピング

関連:「上のオブジェクトでクリッピング」機能

AviUtlの関連機能として「上のオブジェクトでクリッピング」機能があります。

「上のオブジェクトでクリッピング」機能を使えば、1つ上のレイヤーにあるオブジェクトの形状でトリミングができます。

s-2016-02-29_07h03_33
▲この例では「画像」でクリッピングしている

参考「上のオブジェクトでクリッピング」の使い方【自由な形状でクリッピング】

このページの情報は以上です。