【AviUtl】シャドー(カメラ制御)を使って影を付ける方法

AviUtlのシャドー(カメラ制御)を使って、太陽の昇り沈みによる影みたいなのを付ける方法を紹介します。(↓GIF)

シャドー
※かなりやっつけですが、こんな感じです。(高解像度ver

上のgifを作るのに使ったオブジェクトファイル(.exo)です。
https://drive.google.com/file/d/0B6sGG1gp0cL8aS0wbDFHM3JITkU/view?usp=sharing

スポンサードリンク

影を付ける方法

影を付ける一連の流れとしては以下の動画を参照下さい。この記事内では重要な部分だけ解説します。

①「カメラ制御」と「シャドー(カメラ制御)」を追加する

  1. 「メディアオブジェクトの追加」→「カメラ制御」→「カメラ制御」で追加
  2. 「メディアオブジェクトの追加」→「カメラ制御」→「シャドー(カメラ制御)」で追加

「そもそもカメラ制御ってナニ?」という人は以下の記事を参考にして下さい
カメラ制御の使い方について【拡張編集】

カメラ制御追加

②球体を作る

  1. 「メディアオブジェクトの追加」→「図形」で「四角形」を挿入する(※円ではないので注意)
  2. 「アニメーション効果」→「球体(カメラ制御)」を追加する

これで球体を作れます。

球体

③影を映す為の「壁」を図形で作る

  1. 「メディアオブジェクトの追加」→「図形」で「四角形」を挿入する
  2. 四角形に、「グラデーション」と「画像ループ」のフィルターを追加する
    • 「グラデーション」の設定
      1. 「角度」:90
      2. 「中心X」「中心Y」「幅」:0
      3. 「強さ」:100
      4. 「グラデーションの形状」:「線」
      5. 「開始色」と「終了色」:好みの色を選んでください
    • 「画像ループ」の設定
      1. 「横回数」「縦回数」それぞれ:20
      2. 「透明度」:49(なんでも良い)
        ※「奥壁」「側壁」はそれぞれ「縦回数」を「4」に設定します。この回数を多くすればするほど動作が重くなります。

これで壁を作れます。動画内ではカメラを動かして視点を動かしてますので、途中で側壁を消して、対面に側壁を「フェード」で生成してます。

参考①:画像ループエフェクトの使い方【フィルター】
参考②:色関係エフェクト(色調補正・色ずれ・単色化・グラデーション・拡張色・特定色域変換・縁取り)の使い方【フィルター】
参考③:さつき氏のスクリプトの使い方④【FIGURE効果一覧】(市松模様@FIGURE)

壁を作る

④影(シャドー)を作る

  1. 「メディアオブジェクト」→「カメラ制御」→「シャドー(カメラ制御)」を追加する
  2. 「光源X」「光源Y」に「直線移動」を設定する
  3. 真ん中に中間点を挿入する
    • 始点の設定
      • 「光源X」:2000
      • 「光源Y」:0
    • 中間点の設定
      •  「光源X」:0
      • 「光源Y」:-2000
    • 終点の設定
      •  「光源X」:-2000
      • 「光源Y」:0

影を付ける

シャドーダイアログ

イメージ的にはこんな感じです。
シャドーの設定

⑤「東」「西」の表示

テキストを追加した後、「カメラ制御オプション」というフィルタを追加し、「カメラの方を向く」と「シャドーの対象から外す」にチェックを入れます。

こうすることで、文字の表示はカメラを動かしても常にカメラ目線(こっちを向かせる)にさせる設定になり、影(シャドー)の影響を受けなくなります。

東西表示

補足

球体のサイズを小さくして、「壁」の「横回数」「縦回数」をなるべく小さくすれば、AviUtl動作を軽くする事が出来ます。

あと「精度」の値を小さくする事でも動作を軽くする事が出来ます。

シャドー精度

他にもAviUtlのシステム設定を変更する事で動作を比較的に軽くする事が出来ます。設定していない人は下記ページを参考にしてみてください。
AviUtlの初期設定【システムの設定】

このページは以上です。

関連ページ【AviUtl】カメラ制御の使い方