【AviUtl】設定ダイアログでの便利な小技・ショートカットまとめ(3/4)

AviUtlの設定ダイアログでの便利な小技・ショートカットのTipsについて紹介。

スポンサードリンク

数値の指定方法

各パラメータの数値は、以下の3通りの方法で指定出来るが、

screenshot_5411 agreger Animation 2
▲1.バーを動かす ▲2.数値を直接入力する ▲3.数値部分を左右にドラッグする

3.の方法では、SHIFTキーを押しっぱなしにする事で、小数点単位で数値を微調整する事が可能。

設定ダイアログへドラッグ&ドロップ

設定ダイアログへファイルをドラッグ&ドロップする事で、ファイルを変更する事が出来る。

screenshot_5481

例えば、画像オブジェクトの設定ダイアログに画像ファイル(.jpg)をドラッグ&ドロップすると、別画像を置き換える事が出来る。

F5でキャッシュ削除(画像を更新)

例えば、「A.jpg」という画像を読み込んでる場合に、「A.jpg」を別画像編集ソフトなどで編集&保存した場合、設定ダイアログをアクティブにした状態でF5キーを押す事で、キャッシュを削除(画像を更新)する事が出来る。

エフェクトの追加方法

Eキーを押すと、ワンボタンでエフェクトの追加メニューを表示出来る。(ショートカット)

設定ダイアログをアクティブにしていなくても、タイムラインでオブジェクトをアクティブにしているだけでEキーを押せばエフェクトを追加できる
screenshot_5471

「X」「Y」「Z」を単体で移動させる方法

SHIFTを押しながら設定ダイアログの「X」「Y」「Z」の移動方法を変更すると、その軸だけ移動方法を変更できる。

2016-01-18_05h50_42

例えば、「X」は「直線移動」、「Y」は「ランダム移動」、といった具合に分ける事が出来る。

参考【AviUtl】設定ダイアログの移動方法のやり方と種類【パラメータを変化】

作った色の保存方法

「色の選択」ダイアログで、「色見本を右クリック」→「現在の色をプリセット保存」とする事で、現在の色を保存する事ができる。
screenshot_5391

色の指定(スポイト)はAviUtl外でも指定可能

スポイトでは、AviUtl上だけでなく、デスクトップなど他ウィンドウの色も取得することが出来る。
screenshot_5381

例えば、デスクトップ背景の任意の部分の色をスポイト出来たりもする。

画面外に行ってしまった設定ダイアログの戻し方

戻し方としては以下の3通りの方法が有ります。

  1. メニュー「ファイル」→「環境設定」→「ウィンドウの位置を初期化」をクリックする
  2. aviutl.iniを開いて、[拡張編集]という項目の「config_x=XX」と「config_y=XX」という部分の「XX」を「0」にする
  3. 「システムの設定」を開いて、「関連ウィンドウ同士を移動時にスナップする」にチェックを付けて、メインウィンドウをドラッグで振り回す(すると設定ダイアログがメインウィンドウに引っ付く)

このページの情報は以上です。

次ページ:

【AviUtl】プラグインによるショートカットキーの拡張(4/4)【ショートカット追加】
AviUtlでは、自分で好きにショートカットを設定する事が出来ますが、 「ショートカット追加」というプラグインを導入する事で、更にショ...

関連ページ【AviUtl】タイムラインでの便利な小技・ショートカットまとめ(2/4)【オブジェクトの操作】

スポンサーリンク