【AviUtl】上下左右反転動画の作り方【ダンス動画等】

AviUtlを使用して、上下・左右反転動画を作る方法について紹介します。

※「ダンス練習用動画などで左右反転させたい時」や「スマホで撮影して上下が反転してしまった動画を元に戻したい時」などに便利です

スポンサードリンク

拡張編集機能で反転させる方法

拡張編集で反転させる方法としては主に「反転」エフェクトを使用する方法と、「X軸・Y軸回転」させる方法と2通りが有ります。

反転エフェクトを使用する方法

拡張編集機能で、動画を左右反転させるには「反転」エフェクトを使用する事で簡単に反転出来ます。

動画をタイムラインにドラッグ&ドロップします。(図1)

拡張編集ドロップ
図1

動画オブジェクト(動画オブジェクト_画像)をクリックし、設定ダイアログを開きます。(図2)

動画オブジェクト_設定ダイアログ
図2

右上の+マーク(+マーク)をクリックし、「基本効果」→「反転」を追加します。(図3)

  • 上下反転:上下反転します
  • 左右反転:左右反転します
  • 輝度反転:「輝度」を反転します
  • 色相反転:色相を反転します
  • 透明度反転:透明の部分が紫色になり、それ以外の部分は真っ黒になります

「反転」エフェクトや「基本効果」エフェクトの詳細については以下の記事を参考にしてください。
基本効果エフェクトの使い方【フィルター】

設定ダイアログ_基本効果_反転
図3

動画の一部分のみを反転する方法

動画オブジェクトに「反転」エフェクトを追加する方法では、動画の最初から最後まで終始反転されてしまいます。

動画の一部分だけを反転するには、タイムライン上で「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「フィルタ効果の追加」→「基本効果」→「反転」を追加します。(反転オブジェクト_画像

これでタイムラインの「反転オブジェクト」の長さ分、1つ上のレイヤーのオブジェクトを反転する事が出来ます。

反転_範囲

「反転」オブジェクトの端をドラッグする事で長さを引き伸ばす事が出来ます。また、反転オブジェクトを「右クリック」→「長さの変更」からオブジェクトの長さを指定する事が出来ます。

「X軸回転」「Y軸回転」を使用する方法

設定ダイアログの「X軸回転」「Y軸回転」をそれぞれ「180」に設定する事で上下左右反転させる方法です。

動画をタイムラインにドラッグ&ドロップします。(図4)

拡張編集ドロップ
図4

動画オブジェクト(動画オブジェクト_画像)をクリックし、設定ダイアログを開きます。(図5)

動画オブジェクト_設定ダイアログ
図5

右上の更新マーク(更新マーク)から「拡張描画」モードに変更します。(図6)

「X軸回転」「Y軸回転」「Z軸回転」などの項目が追加されるので、「X軸回転」「Y軸回転」をそれぞれ「180」と指定してやる事で上下左右を反転させる事が出来ます。

拡張描画_動画オブジェクト_設定ダイアログ
図6

各回転サンプル
X軸回転 Y軸回転 Z軸回転
X軸回転 Y軸回転 Z軸回転

AviUtl本体機能から反転する方法

AviUtlの本体機能を使用しても動画を上下反転・左右反転する事が出来ます。

ただ、この方法の場合、以下のような欠点が有ります。

  • 動画の一部分のみを反転させる事は出来ない(最初から最後まで終始反転してしまう)
  • 1つの画面に複数の動画を並べている場合など、1つの動画のみを反転させる事は出来ない
    s-AviUtl本体機能_反転欠点
  • 出来ない回転が多い
    • 例:上下左右反転は出来ない(上下反転のみ・左右反転のみ、なら出来る)
    • 例:右に90度回転した後、左右反転などは出来ない
  • 解像度まで変化してしまう
    • 例えば、1280×720の動画を90度回転させたりすると、720×1280の縦長な解像度の動画に変更されてしまいます。エンコードすると縦長な動画として出力されてしまうので注意です
      90度回転させた動画の1フレームをキャプチャしたもの
      元画像 設定ダイアログで回転させた例 本体機能を使って回転させた例
      s-元画像_回転前 s-回転させた例 s-回転_本体機能

      参考:動画をリサイズする方法【アスペクト比】

拡張編集プラグインを導入している場合は、この方法で反転させる意味はあまり有りません。

手順

メニューの「設定」→「画像回転の設定」を選択します。

画像回転の設定

それぞれの項目に応じて動画全体を回転出来ます。右上のチェックボックスにチェックを入れる事で有効になります。

元画像_反転前 右90度回転 左90度回転 180度回転  左右反転 上下反転
 s-元画像_反転前 s-反転_右90度回転  s-反転_左90度回転  s-反転_180度回転 s-反転_左右反転 s-反転_上下反転
スポンサーリンク