【AviUtl】サンプリングレートを変換して読み込む方法

s-114a06b02f38d240a819db74ec557331_s

AviUtlにて、音声ファイル・動画ファイルを読み込む際に「サンプリングレート」を変換する方法について簡単に紹介します。

スポンサードリンク

サンプリングレートとは?

以下記事参照です。

サンプリングレート・ビット深度・ビットレートの意味と関係性
このページでは、 サンプリングレート ビット深度 ビットレート の3つの意味・関係性について紹介します。 ...

変換に使用する入力プラグイン

AviUtlで読み込む動画のサンプリングレートを変換するには、

のどちらかの入力プラグインが必要です。

L-SMASH Works File Readerで変換する方法

「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグインの設定」→「L-SMASH Works File Readerの設定」を開きます。
screenshot_8851

真ん中上らへんにある「Sampling rate」のテキストボックスに”変換したいサンプリングレート”を入力します。
l-smash_サンプリングレート指定

これであとは、普通に「L-SMASH Works File Reader」経由で動画ファイル・音声ファイルを読み込むだけで、指定のサンプリングレートに変換されます。

DirectShow File Readerで変換する方法

「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグインの設定」→「DirectShow File Readerの設定」を開きます。
screenshot_8851

「サンプルレート設定」の中の「指定値を使用する」というラジオボタンにチェックし、”変換したいサンプリングレート”を入力します。
directshow_サンプリングレート指定

これであとは、普通に「DirectShow File Reader」経由で動画ファイル・音声ファイルを読み込むだけで、指定のサンプリングレートに変換されます。

おまけ)外部ツールを使用して変換する方法

基本的に、”音楽編集ソフト”(「DAW」とか)なら、どのソフトを使用してもサンプリングレートを変換する事は可能です。

例えば、フリーソフトの「Audacity」などを使用しても簡単に変換出来ます。

※詳しくは以下サイトの記事参照です。

AviUtlの入力プラグインで上手く変換出来ない場合は、外部ソフトで変換してから読み込んでも良いでしょう。

このページの情報は以上です。

関連ページ【AviUtl】音ズレの原因と対策一覧

関連ページVFRをCFRに変換する方法【フレームレート】

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク