【AviUtl】輪郭系エフェクト(凸エッジ・エッジ抽出・シャープ)の使い方

AviUtl拡張編集機能の「オブジェクトの輪郭」を変更する系のエフェクトの使い方ついて紹介します。

割りと地味なエフェクトばかりですが動画のクオリティを底上げするのに活躍します。

スポンサードリンク

凸エッジ

オブジェクトを2D上で立体的(凸状)に浮き上がらせるエフェクトです。

設定した角度から光を当てて影を作るイメージです。

うまく設定しないと全然立体的に見えないので扱いがちょっと難しいかもです。

拡張編集_凸エッジ

凸エッジ(影)の幅を指定します。
凸エッジ_幅

高さ

凸エッジの(立体的な)高さを指定します。
凸エッジ_高さ

角度

立体化による影の角度を指定します。
凸エッジ_角度

サンプル

文字オブジェクトに「凸エッジ」を使用する事でちょっと高級感があるような感じになります。

文字
文字_凸エッジ_ミラーなし 文字_凸エッジ_ミラー_シャドー
▲「黄文字」に「黒の縁取り」 ▲「黄文字」に「黒の縁取り」+「凸エッジ」+「ミラー」+「シャドー」

また、「オブジェクト分割」エフェクトを用いてそれぞれのオブジェクトに凸エッジを掛けた例です。↓

オブジェクト分割
オブジェクト分割_凸エッジなし オブジェクト分割_凸エッジ
▲凸エッジOFF ▲凸エッジON

オブジェクトの存在をはっきり示したい時とかに使用すると良いかもしれません。

参考:オブジェクト分割エフェクトの使い方【フィルター】

エッジ抽出

オブジェクトの輪郭を抽出できるエフェクトです。

拡張編集_エッジ抽出

強さ

エッジ(抽出線)の太さを指定します。

エッジ抽出_強さ

しきい値

エッジ抽出の基準を指定します。

  • +100で完全に色が分かれている部分のみがエッジ抽出される
  • -100でシルエット表示(影絵)になる

エッジ抽出_しきい値

「輝度エッジを抽出」「透明度エッジを抽出」

輪郭を抽出する基準を「輝度」と「透明度」か選べます。

  • 「輝度」の場合は、黒や白の輪郭を抽出出来ません
  • 「透明度」はアルファチャネルの背景付きのキャラクター画像の輪郭を抽出する時などに向いています
輝度エッジ 透明度エッジ
▲輝度エッジを抽出ON ▲透明度エッジを抽出ON

色の設定

エッジの色を変更出来ます。

エッジ抽出_色の設定
▲赤

サンプル

画像に凸エッジを掛けた例です。

s-画像_凸エッジ s-画像_凸エッジ1
▲元画像 ▲凸エッジON

シャープ

オブジェクトの輪郭をくっきりと鮮明に表示する事が出来るエフェクトです。

拡張編集_シャープ

強さ

シャープ化する度合いを設定出来ます。

大きくすればするほどくっきりと表示されます。(ぼやけなくなる)

s-画像_凸エッジ s-シャープ化_強さ
▲元画像 ▲凸エッジON

範囲

シャープ化する範囲を設定します。

大きくすれば、ぼやけている全ての部分がくっきりと表示されます。(最大までするとかなり不自然になります)

s-シャープ化_強さ s-シャープ化_範囲
▲デフォ設定で凸エッジON ▲「範囲」を大きくした例

サンプル

文字と画像にそれぞれ「シャープ」化させて比較した例です。

シャープ_比較2 s-シャープ_比較1
▲文字 ▲画像

(大きいサイズはコチラ)

画質が悪い動画や画像などに適度にかけてやると若干画質が向上した風に見えるかもしれません。ただ、やりすぎると不自然な感じになりがちなので注意です。

※シャープ化するなら、シャープフィルタプラグインを入れた方が画質向上が見込めます