【自作】PV・MVの作り方【プロモーション・ミュージックビデオ】

動画編集ソフトなどを使用して、

  • PV(プロモーションビデオ)
  • MV(ミュージックビデオ)

っぽい動画を作る方法・手順などについて紹介。

スポンサードリンク

最初に

このページは、「ある程度動画編集を行える人向け」のページです。

動画編集ソフトの使い方が分からない!どんな動画編集ソフトを使えば良いかも分からない!」って人は、先に以下ページなどを参考にして、動画編集ソフトを使える状態にして下さい。

おすすめの無料・有料動画編集ソフトランキングまとめ【違いを比較】

※このサイト的には「AviUtl」を使用する事をお勧めします
AviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】

「PV・MVの作り方教えて下さい!」なんて言ってるような人が、まともなPV・MVを作る為には、最低でも1週間~1ヶ月くらいの期間が必要です。

PVとMVの違い

違いは以下です。

  • PV:何かをプロデュース(宣伝)する為の動画
    • 例えば、
      • 「テレビで流れているCM」
      • 「アニメの予告」
      • 「あるサービスのプロモーション映像」
      • ・・etc
  • MV:ある音源にマッチする映像を付けた動画
    • 例えば、
      • 「音楽CDを購入すると特典で付いてきたりするアーティストのライブ映像」
      • 「ボカロ曲のMV」(ニコニコ動画に有るような動画)

根本的に”伝えるテーマ”的なものが違うので注意です。

以下、PV・MVのサンプル動画です。

PV・MVを作るのに必要なもの

以下のものを準備すれば、PV・MVは作れます。

  1. PV・MVに使用する素材ファイル
    • 音声ファイル(.wavなど)
    • 画像ファイル(.jpgなど)
    • 動画ファイル(.mp4など)
  2. 動画編集ソフト
  3. 動画加工ソフト(高度な映像を作りたいなら必要。それ以外は不要)
    1. Adobe After Effects
    2. Motion(Mac専用)
    3. Blender(Video Sequence Editor)
    4. ・・etc
  4. やる気(一番大事)
  5. センス(有れば尚良い)

実写系のPV・MVを作りたいなら、撮影するための機材も必要です。

PV・MVの種類

PV・MVは、

  • 実写
  • アニメーション

の2種類に分類出来ます。

一般的に難易度的には「実写<<アニメーション」となります。

実写は、映像を撮影をするのが面倒臭いですが、撮影さえしてしまえば、動画編集は(そこまで拘らないのであれば)簡単です。(繋ぎ合わせるだけなので)

逆に、アニメーション映像は、映像を撮影する必要がない反面、全てを0から生み出さないといけない為、動画編集・加工の技術やセンスが、もろに動画に反映されます。

動画初心者な人は、アニメーションPV・MMVを作る前に、動画編集の技術を身につけたほうが良いでしょう。

※ちなみに「モーショングラフィックス」や「3DCG」を作りたいなら、動画編集ソフト以外にも、それ専用のソフトが必要となります。

PV・MVの作り方

どんなPV・MVを作りたいかによりますが、基本的にはやる事は同じです。

作るまでの流れは以下の様な感じです。

  1. 曲を決める
    mp3_曲
  2. 曲に合わせてPVの流れをイメージして「絵コンテ」を作る
    • イメージを実際に絵にすることを「絵コンテ」と言う(PVの設計図みたいなもの)
    • 個人製作なPVなら「絵コンテ」は必須ではない(頭の中でイメージ出来ていれば良い)
  3. 絵コンテ」に合わせて、素材を集める
    • 実写の場合は「撮影」する
    • アニメーションの場合は「画像、動画、音声」などの素材を収集する
  4. 動画編集ソフトにて、集めた素材を「絵コンテ」に合わせて切り貼りしていく
  5. 繋ぎあわせた素材に対して、エフェクト・フィルターなどを適用してPVを完成させる
  6. エンコードする(動画完成!)
    mp41

ここでは、「ある商品のPVを作るとしたらどのような流れになるのか」を具体的に順を追って説明していきたいと思います。

①曲を決める

s-onpu350

商品に合いそうなPVの背景曲(BGM)を決めます

曲によって、商品のイメージがかなり左右されるので、慎重に決めましょう。

②曲に合わせてPVの流れをイメージする(絵コンテを作る)

s-Mostra_story_12
出典:絵コンテ – Wikipedia

次に、曲に合わせて「絵コンテ」を作っていきます。(簡単なPVなら「絵コンテ」は不要です。頭の中でイメージするだけでOKです)

一番難しいのはこれだと思いますが、こればかりは「頑張ってイメージしろ」としかアドバイス出来ません・・。

以下の点などに焦点を当てて決めると良いと思います。

  • PVのテーマは何か
  • 商品の何をアピールしたいのか
  • その商品に合っているのは「実写」か「アニメーション」か

何も思いつかない場合は、似たジャンルのPV、MVなどを色々見て、自分なりに色々考えてみると良いでしょう。

どうしても自分でイメージ出来ないなら、センスのある人にお願いしましょう。

③「絵コンテ」に合わせて素材を集める

s-s-00573-450x337

「絵コンテ」が出来たら、その絵コンテに必要な素材を集めましょう。

音声・音楽・画像・動画、さまざまな”素材”を集めましょう。

④動画編集ソフトにて集めた素材を「絵コンテ」に合わせて切り貼りしていく

動画編集ソフトの”タイムライン”と呼ばれる機能を使って、動画・音声・画像などを切り貼りしていきます。

screenshot_164
▲AviUtlでのタイムライン(例)

これは動画編集ソフトの使い方が分かっていれば迷う事はないと思います。

※AviUtlを使用するつもりなら以下記事を参照して下さい
【AviUtl】拡張編集タイムラインの使い方

⑤繋ぎあわせた素材に対して、エフェクト・フィルターなどを適用してPVを完成させる

例えば、

など。

動画編集ソフトをある程度使いこなしてるなら、迷う事は無いと思います。

⑥エンコードする

動画編集が終わったら、後はエンコードするだけです。

mp41

※AviUtlでのエンコードについては以下記事参照です。
【AviUtl】動画をエンコードするやり方

あとは作ったPV(動画)をYoutubeにうpするなり、DVD・BDにオーサリングするなり、お好きに・・。

補足

PV・MVを作るに当たって非常に参考になる(笑)MVを見つけたので貼っときます。

このページの情報は以上です。

おすすめページ:動画の作り方を0から易しく解説【初心者向け】

関連ページ:【AviUtl】MAD動画の作り方まとめ

関連ページ:解説動画の作り方と気をつけるべきポイント

スポンサーリンク