【AviUtl】プロジェクトサイズを後から変更する方法

「拡張編集のプロジェクトサイズを後から変更したい!」という人向けに

解決策を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

プロジェクトサイズとは?

プロジェクトサイズとは

「新規プロジェクトの作成」の画面で表示される「画像サイズ」のことです。

▲この場合、プロジェクトサイズは1280×720となります

また、プロジェクトサイズは

AviUtlのメインウィンドウのタイトルバーから確認できます。

▲この場合、

  • プロジェクトサイズ:1280×720
  • 最終的に動画として出力する際のサイズ:1920×720

となります。

プロジェクトサイズ → 後から変更はできない

結論から言うと

一度作ったプロジェクトのサイズは変更できません。

▲例えば、このように「1280×720」でプロジェクトを作成した場合、プロジェクトのサイズは「1280×720」から変更できません。

動画の解像度 → 後から変更できる

そもそも「プロジェクトのサイズを後から変更したい!」と考えている人は

  • 「プロジェクトを1920×1080で作っちゃったけど、やっぱり1280×720の動画として出力したい!」
  • 「プロジェクトを1280×720で作っちゃったけど、やっぱり1920×1080の動画として出力したい!」

みたいに「出力する動画の解像度を変更したい!」という人ばかりだと思うのですが

動画のサイズは以下の3つの方法で変更することができます。

  • メニューの「設定」→「サイズ変更」
  • メニューの「設定」→「リサイズフィルタの設定」(プラグインなので追加しないと表示されません)
  • メニューの「設定」→「Lanczos 3-lobed 拡大縮小の設定」(プラグインなので追加しないと表示されません)

詳しくは以下ページをご覧ください。

参考【AviUtl】動画をリサイズする方法

参考【AviUtl】リサイズフィルタの使い方

参考【AviUtl】Lanczos 3-lobed 拡大縮小の使い方

つまり、プロジェクトのサイズは後から変更することができませんが、「そもそも他の方法で動画のサイズは変更できるので、プロジェクトのサイズは変更する必要ないよ!」ということです。

▲青枠で囲っている「1920×1080」というのが、最終的に動画として出力する際のサイズなので、変更した後はここを確認するようにします。

フィルタ順序の設定 → すごく大事

先述した

  • メニューの「設定」→「サイズ変更」
  • メニューの「設定」→「リサイズフィルタの設定」
  • メニューの「設定」→「Lanczos 3-lobed 拡大縮小の設定」
  •  

の3つは、「設定」→「フィルタ順序の設定」→「ビデオフィルタ順序の設定」の設定によって、挙動が大きく変化します。

▲例えばこの場合、「サイズ変更」→「拡張編集」という順番になるので、

  • サイズ変更:1920×1080
  • 拡張編集:1280×720(プロジェクトのサイズ)

という風にした場合、「1920×1080という用紙の上に、1280×720という用紙を置く」みたいなイメージになります。

逆に、例えば、「拡張編集」→「サイズ変更」という順番にすると、「1280×720という用紙を1920×1080まで広げる」みたいなイメージになります。

このように、フィルタ順序によって挙動がまったく異なるので

「思ったとおりにサイズが変更されない!なんで?」という人は、この設定を見直してみてください。

詳しくは以下ページをご覧ください。

参考【AviUtl】フィルタの順序とは?

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

フォローする