地デジチューナーにおける内蔵と外付のメリット・デメリット

地デジチューナーは、「内蔵」タイプのものと、「外付け」タイプ(主にUSB)の2種類有ります。

どちらにどういうメリット・デメリットが有るのか、簡単に紹介したいと思います。(当たり前な事しか書いてません。期待しないで下さい。。)

※ここで言う「内蔵」と「外付け」というのは、「元々地デジチューナーが付いていないパソコンを買った場合、買い足すならどっちの方が良いか」という意味です。

元々、地デジチューナーが装備されてるパソコンのことではないので注意。
(ちなみに、元々地デジチューナーが装備なパソコンはかなり割高なので買わない方が良いです)

スポンサードリンク

最初に注意

「内蔵」も「外付け」も、地デジチューナーとしての性能は全く同じです。

「内蔵の方がラグが少ない!」とか「画質がキレイ!」と言ったことは一切有りません。

なので、選ぶ基準は「どちらの方が自分に合っているか」という点だけです。

※アナログチューナーな時代は、「内蔵の方がノイズが多い!」みたいなことがありましたが、デジタルではどちらも同じです。

内蔵タイプのメリット・デメリット

内蔵タイプってこんなん↓です。

内蔵タイプ(接続:PCI Express x1)
地デジチューナー1
Amazon:PX-W3PE REV1.3

パソコン本体のカバーを外して、こういうのを取り付ける必要があります。

これのメリット・デメリットについてです。

メリット

  • パソコン本体に収納できるのでスッキリする
  • 外付けタイプより(比較的)値段が安い
  • 外付けタイプより使ってる人口が多いので、ネットでトラブルシューティングし易い
  • 無茶な視聴・録画をしても、(本体自体に)熱を持ちにくい
  • ドロップ、エラー、スクランブルが増えづらい(安定しやすい)

「チューナー増設しまくって、全番組同時録画してやるぜ!」って人とかの場合は、外付けタイプだとPC周りがゴチャゴチャしすぎて大変なので、内蔵が向いてます。

デメリット

  • ノートパソコンには取り付けれない
  • デスクトップパソコンな場合でも、「PCI」や「PCI Express」っていう接続端子がマザーボードに無いと接続出来ない
    • 昔は「PCI」が主流でしたが、最近の地デジチューナーはほとんどが「PCI Express」です
    • あと「PCI Express」は更にバージョンが「x1」「x4」「x16」って分かれてますけど、主に使われるのは「x1」です(端子がちっちゃいやつ)
  • 1回取り付けちゃうと(取り外すのが面倒くさいので)そのPCでしか使えなくなる(取り外せば使える)
  • デスクトップパソコンな場合でも、省スペースな小さいケースのパソコンだと取り付けれないかもしれない
  • 接続端子が廃れちゃうと使えなくなる(「PCI Express」の次の規格とか開発されちゃったらって話)
  • パソコン本体を開ける必要が有るので、パソコンに疎い人にはちょっと分からないかもしれない

「パソコンの中身なんて何がなんだか分からない!」って人には、デスクトップPCだとしてもムリかもしれません。

※まぁそもそも、「TS抜きしてやろう!」なんて考える人は、そこそこPCスキルに長けている人ばかりだと思いますが。。

外付けタイプのメリット・デメリット

外付けタイプってこんなん↓です

外付けタイプ(接続:USB)
地デジチューナー2
Amazon:PX-S3U2

単に、こういう機器に直接B-CASカードを挿して(もしくはカードリーダーを用意する)、USBでパソコンと繋ぐだけです。

これのメリット・デメリットについてです。

メリット

  • USBなので、別PCでも使いまわせる(ただし、その場合はパソコン側の設定が必要)
  • 内蔵と違って、USBは廃れるような規格じゃないので、地デジ規格が変わらない限り一生使える
  • パソコンに繋がずに、機器単体(スタンドアロン)で録画可能な機器もある
    • 録画したものは、パソコンに落としこめるし、機器に外付けしたHDDに保存したりする事も出来る

ノートパソコンな人は外付け一択です。パソコンについてあんまり詳しくない人な場合も、外付けの方が向いてます。

デメリット

  • 内蔵と比べて(若干)値段が高い
  • ケーブルがゴチャゴチャする
    • 複数チューナーを使って録画する場合には、USBからの供給電気だけじゃ足りなくなる可能性もあるので、付属しているACアダプターも接続する必要がある(かもしれない)
  • スリープ復帰時とかに録画できていなかったりするトラブルが稀に起こり得る
    • 個体差・使用しているパソコンにもよりますが、「録画出来ていなかった」みたいなトラブルが、内蔵タイプより起こりやすいかもしれません
    • 冬とか気温が低い時期に起こりやすいらしい?(低温病?)
  • 内蔵と比べて安定しにくい(?)

「6、7番組くらいを同時録画したい!」って場合は、チューナーを3個くらい買う必要が有るので、そういう場合は外付けだとPC周りがすごくゴチャゴチャしてしまうので、内蔵を検討した方が良いかもしれません。

まとめ

というわけで、内蔵を選ぶか、外付けを選ぶかは、完全に自分の好み・環境次第なので、好きなものを選べば良いと思います。

この記事の内容は以上です。

関連ページ:録画保存(TS抜き)可能なおすすめ地デジチューナー12選

関連ページ:TS抜きに使用できるおすすめカードリーダー6選

スポンサーリンク