MXONEの評判とは?使用してみた感想【使用レビュー】

INTERNALという会社から販売されている「MXONE2」(MXONEではない)というソフトを実際に色々使ってみましたので、レビューを書いてみたいと思います。

このソフトは、お試し版・試用版が無いので、「MXONE2ってどんなソフトなんだ?評判は??」みたいな感じで気になっている人が居るんじゃないかと思います。

そういう人向けに書きました。

※私が使用したエディションは「Ultimate」(最上位版)です

※「レビュー」記事なので、「使い方」とか「設定方法」には触れてませんのであしからず

MXONE2とは?

mxone_kidou

MXONE2は、動画をダウンロード・エンコード・デスクトップキャプチャ・オーサリングする事が出来る、有料の動画ソフト全般的な総合的なソフトです。

エディションが、「通常版」「Pro」「Extreme」「Ultimate」の4種類に分かれていて、それぞれで出来る事が違います。

公式サイトでは、細かい点まで色々解説されていますが、かいつまんで説明すると主に以下の様なことが出来ます。

  1. 動画共有サイト(Youtubeとかニコニコとか)から動画をダウンロード出来る(全エディション共通)
    ダウンロード_画面_MXONE
  2. 機器用(iPhoneとかPS3とか)に動画をエンコード出来る(全エディション共通)
    エンコード画面_MXONEmxone_kiki

    • CUDA・QSVにも対応してるので、PCによっては高速でエンコ可能(cuda_qsv
  3. 動画をデスクトップキャプチャ出来る(Pro版以上限定)
    レコーダー_MXONE

    • ブラウザ上に映っている動画ウィンドウを自動で識別して、デスクトップキャプチャ出来たりもする(Extreme版以上限定)
  4. 動画の結合が出来る
  5. ブルーレイをオーサリング出来る機能がある(Ultimate版限定)
    ブルーレイオーサリング_MXONE

    • BDMV限定(BDAVはムリ)
    • メニューとかも比較的自由に作成出来る
  6. MXOneプレイヤーとかいう動画再生ソフトが付属(全エディション共通)
    mxone_Player

    • ブルーレイ再生には対応してません

使ってみて思った感想としては、「超初心者向けのソフトだな」という点です。(「コーデックってなに?AVIってなに?MP4ってなに?」みたいな人向け)

動画について全く知識が無い人でも、何となく扱えるインターフェースになっています。

公式のマニュアルも、難しい用語とかなるべく使わないようにしてくれてるので、スラスラ読めると思います。(というかマニュアルすら見なくても、直感で操作出来るレベルで簡単です)

ただ逆に、動画について詳しい人からすると、あまり満足出来るソフトでは無いかもしれません。

インストール

基本的に、「公式サイトでソフトを購入する」→「インストーラーをダウンロードする」→「インストーラーでインストールする」みたいな流れです。

パッケージ版を購入した場合は、送付されてきたCDからインストールする流れだと思われ

ちなみに、インストールの際にffdshowを自動的にインストールされるみたいです。

  1. インストーラーを起動する
    mxone_installer
  2. ウィザードに従って「次へ」とクリックしていく
    mxone_install1
  3. 最後のウィンドウで「完了」を押して完了です
    mxone_install2

これであとは、アイコン(mxone2_icon)をダブルクリックして起動させるだけです。

それぞれの機能の評価

ソフトを起動すると、最初に以下の様な初期ウィザード的なウィンドウが立ち上がります。

mxone_メインウィンドウ

このウィンドウから、各機能を呼び出すような感じになります。

※それぞれの番号順に機能をレビューしたいと思います。

①ダウンロード機能

ダウンロード_画面_MXONE

使い方としては、フリーの動画ダウンローダー(Craving ExplorerとかFree make Video Downloader)と同じような感じです。

このソフトのキャッチフレーズとして「高速ダウンロード出来る!」と大きく謳っていたので、本当に高速なのかYoutubeの動画をダウンロードしてみたところ、Free make Video Downloaderなどのフリーソフトだと2MB/sくらいの速度しか出なかったのが、MXONE2だと10MB/sを上回りました。
2016-01-15_10h57_08
本当に高速みたいです。(フリーソフトは速度が制限されてるみたいな事なんですかね)

また、ニコニコ動画から動画をダウンロードした場合は、コメント付き(XMLファイル)でダウンロードする事が出来るので、コメント再生(XML)に対応している再生ソフトで再生すると、コメントも一緒に再生することも出来ます。

※以下の記事で紹介している方法で、XMLとFLVファイルを合成する事も可能です。
FLVとXML(コメント)ファイルを結合する方法【ニコニコ】

それと注意点として、有料の動画配信サービス(HuluとかNetflixとか)の動画をダウンロード出来るわけじゃないので注意です。

②エンコード機能

2016-01-15_11h26_31

フリーのエンコーダーと同じような感じです。普通に使い易いです。

CUDAQSVにも対応してるので、最新のPCとかグラボを積んでるPCなら高速でエンコード出来ます。

主要なコーデックも抑えられているので、不自由も感じないと思います。

あと、動画を複数読み込んで、それらを結合して1つの動画としてエンコードする機能とかもあるみたいです。

エンコ出来る仕様を詳しく知りたい人向けの情報

対応してるコーデック:

  • H.264
  • Xvid
  • WMV2(VC-3ではない)
  • MPEG-4
  • MPEG-2
  • (—-↓ここから音声抽出↓—-)
  • MP3

対応してる動画形式:

  • AVI(Xvidのみ)
  • MP4(XvidとH.264)
  • WMV(WMV2のみ)
  • FLV(H.264のみ)
  • MPEG(MPEG2のみ)

fps:最大29.97までしか対応していないようです。

変換速度:比較してませんので、早いかどうかは不明ですが、遅くはないと思います

③キャプチャ機能

IEブラウザ上に映っているキャプチャ出来る機能です。(こんな感じ↓でデスクトップキャプチャーできる)

mxone_kyaputya

Extreme以上のエディションなら、このデスクトップキャプチャの範囲を、ブラウザ内の「動画」部分のサイズに合わせて自動的に調整して録画出来ます。(手動で合わせる必要がない)

この「自動的に調整して録画できる機能」は、Hulu・dTVなどの有料動画配信サービスなどでも使用出来る機能のようでした。(違法なのでやってはいけませんが)

しかも、録音するのは「キャプチャ対象のウィンドウのみ」なので、録画中に音楽を流したりしても、録画対象の音声だけを録音できます。(これは普通のデスクトップキャプチャソフトに無い機能です)

ちなみに、このキャプチャ機能は、ffdshowのVFWを使用してキャプチャするみたいなので、パソコン内のffdshowをアンインストールしてはいけません

マニュアルの中では、ffdshowのエンコーダ設定としてMJPEGが推奨されていますが、もっと低負荷にキャプチャしたいなら、「HuffYUV」とか「FFV1」を選んだほうが良いです(どっちも可逆圧縮コーデックなので)
2016-01-15_10h33_44

④動画結合機能

エンコード画面_MXONE

②の「エンコード機能」で動画の結合が出来るのに、何故機能が分かれてるのかよく分かりません。

しかも、結合を試そうとして色々動画を読み込んでみても、ことごとくエラーを吐いて読み込んでくれないので、もうなんかよく分かりません\(^o^)/
2016-01-15_12h03_50
(こんな感じのエラーが出る)

というか読み込める動画の仕様を公開してくれないと、レビューのしようがありません。。

というわけで、私の環境ではエラーを吐きまくって使えませんでした。

⑤DVD/BDオーサリング+書き込み機能

オーサリング機能は使いやすくて、機能も優秀だと思います。

メニューのテンプレとかもかなり豊富で、メニューの書式設定とかも簡単に設定出来ます。
s-buru-rei_title

ブルーレイにオーサリング出来るソフトは、フリーソフトだと初心者には敷居が高いソフト(multiAVCHDとかtsMuxeRとか)しか無いので、ブルーレイに動画を焼きたい人にとってはかなり重宝するかもしれません。

※有料のブルーレイオーサリングソフトって大体1万くらいするので、この機能だけでも割と価値があると思います

おすすめのDVD・BDオーサリングソフト13選

⑥MXOneプレイヤー(再生ソフト)

mxone_Player

正直、このプレイヤーについては、使う価値が無いと思ったのでレビューは割愛します。(というか詳細な仕様が公開されていないのでレビュー出来ません。1つ1つ自分で検証するのも面倒くさいですし。。)

これを使うならMPC-HCVLCなどのフリーの再生ソフトを使ったほうが良いと思います。

まとめ

というわけで個人的な評価をまとめると、「PC初心者・動画初心者なら買う価値は有るかな」って感じでした。

エディション的には、「ブルーレイオーサリング機能」が不要なら「Extreme」、欲しいなら「Ultimate」って感じで選ぶと良いかもしれません。(通常版とProはあんまオススメじゃない)

まぁ私は軽く使っただけなので、買おうか迷ってる人は自分で公式サイトを見て、自分で判断すれば良いと思います。

mxone2box
>>公式サイトへ