ムービーグラバーの評判とは?使用してみた感想【使用レビュー】

INTERNALという会社から販売されている「ムービーグラバー6」というソフトを実際に色々使ってみましたので、レビューを書いてみたいと思います。

このソフトは、お試し版・試用版が無いので、「ムービーグラバー6ってどんなソフトなんだ?評判は??」みたいな感じで気になっている人が居るんじゃないかと思います。

そういう人向けに書きました。

※私が使用したエディションは「Ultimate」(最上位版)です

※「レビュー」記事なので、「使い方」とか「設定方法」には触れてませんのであしからず

ムービーグラバー6とは?

movie_grabber

ムービーグラバー6は、(自動)デスクトップキャプチャ・オーサリング・エンコード機能を備えた、有料の動画総合ソフトです。

エディションが、「通常版」「HD」「Ultimate」の3種類に分かれていて、それぞれで出来る事が違います。

公式サイトでは、細かい点まで色々解説されていますが、かいつまんで説明すると主に以下の様なことが出来ます。

  1. 機器用(iPhoneとかPS3とか)に動画をエンコード出来る(全エディション共通)
    movie_grabber2

    • 対応してるグラボ(GT950X以上)なら、H.265でのハードウェアエンコードが可能
  2. 動画をキャプチャ出来る(全エディション共通)
    movie_grabber3

    • ブラウザ上に映っている動画ウィンドウを自動で識別して、キャプチャ出来たりもする(HD版以上限定)
    • 同時に複数のウィンドウをキャプチャー出来る(Ultimate版限定)
    • DRM動画とかを再生して、それをキャプチャー出来る(全エディション共通)
  3. ブルーレイをオーサリング出来る機能がある(Ultimate版限定)
    movie_grabber4

    • BDMV限定(BDAVはムリ)
    • AVCHDに対応
    • メニューとかも比較的自由に作成出来る

こんな感じです。

エンコードとかオーサリング機能とかはオマケ的な機能で、メインはキャプチャー機能だと思います。

キャプチャーにのみ特化したソフトと言えます。(ダウンロード機能は有りません)

※同じくINTERNALから「MXONE2」というソフトも販売されていますが、こちらにはダウンロード機能が付いています。
参考:MXONE2の評判とは?使用してみた感想【使用レビュー】

インストール

インストールする流れとしては、「公式サイトで購入する」→「インストーラーをダウンロードする」→「インストールする」みたいな流れです。

パッケージ版を購入した場合は、インストールする為のCD-ROMが送付されてきます。

インストールの手順としては以下の様な感じです。

  1. インストーラーを起動する
    movie_grabber_icon
  2. 基本的にウィザードに従って「次へ」と押していくだけです
    movie_grabber_install1
  3. 最後に「完了」をクリックして終了です
    movie_grabber_install2

インストールが終わったら、ムービーグラバー6のアイコン2016-01-16_04h57_53をダブルクリックすれば起動できます。

それぞれの機能の評価

それぞれの機能について簡単に感想を書いていきたいと思います。

エンコード機能

動画をエンコード出来る機能です。可もなく不可もなく、って感じの機能です。

movie_grabber2

NVENCに対応したグラボ(NVIDIA製のグラボ)なら、H.265のハードウェアエンコードも可能みたいです。

キャプチャ機能

ブラウザ上の動画部分をキャプチャできる機能です。

movie_grabber3

HD版以上だと、動画部分を自動的に識別して、その部分だけをキャプチャする事が可能でした。

HuluとかNetflixみたいな、有料動画配信サービス(オンデマンド)にも対応してるっぽかったです。(当たり前ですが違法なので注意です)

これが多分、この商品の目玉機能でしょう。

また、HD版なら、2つまで、Ultimate版なら無制限に同時にキャプチャする事が出来ます。

※当たり前ですが、同時にキャプチャ出来る数はPCスペックに影響します。また、高圧縮なコーデックを使用するとその分キャプチャ出来る数が減ります。

あと、DRM付きの動画を再生してキャプチャする機能とかも有ります。

DVD/BDオーサリング・書き込み機能

動画をオーサリングして、DVD/BDに書き込む事が出来る機能です。

movie_grabber4

一般的なオーサリングソフトと同じような感じです。

正直、エンコード機能とかは微妙ですが、このオーサリング機能はかなり使いやすくて、機能自体も優秀だと思います。

メニューのテンプレとかもかなり豊富で、メニューの書式設定とかも簡単に設定出来ます。
2016-01-16_06h16_49

DVDはフリーソフトが充実しているので正直不要ですが、BDはフリーのオーサリングソフト(multiAVCHDとかtsMuxeRとか)がほとんど無い上に、使い方が難しいものばっかりなので、「BDをオーサリングしたい!」という人にはうってつけの機能と言えます。

Ultimate版にしか付いてない機能ですが、オススメ出来る機能です。

まとめ

というわけで一言でまとめると、「パソコン・動画初心者向けのソフト」です。

あと、オンライン配信している動画を複数同時にキャプチャしたり、DRM動画をキャプチャしたりしたい人にも向いてると思います。(DRMを解除できるわけじゃないので注意です)

自分で公式サイトを見てみて、自分が欲しい機能が有るなら買ってみると良いかもしれません。

mgrabber6box
>>公式サイトへ