キャラ素材スクリプトで小道具(アイテム、マーク、プレート、ウィンドウ)が表示されないときの対処法

ズーズ氏のキャラ素材スクリプト(@キャラ素材.anm)では、一部のスクリプトで画像が使用されています。

そのため、画像へのパスを正しく指定しないと

  • アイテム1
  • アイテム2
  • マーク
  • プレート3
  • ウィンドウ2

などのスクリプトがうまく動作しません。(表示されません)

▲nicotalkのフォルダを開くと分かると思いますが、一部のスクリプト用に画像が用意されています。(これはマークの画像用です)

というわけで

@キャラ素材.anmで画像へのパスを指定する方法について紹介します。

スポンサードリンク

@キャラ素材.anmで画像へのパスを指定する方法

まず、小道具の画像を用意します。

小道具の画像は、nicotalkの「素材」フォルダに入っているので、nicotalkをダウンロードしてきます。

そしてnicotalkフォルダの中に入っている「素材」フォルダを、任意の場所に移動させましょう。

▲ここでは、「D:\素材」に移動したものとして説明を続けます。

移動させたら次に

AviUtlフォルダにある「@キャラ素材.anm」を開きます。

そして「CHARA_SOZAI=””」と書かれている部分を、移動した小道具のフォルダのパスに書き換えます。

▲例えば「D:\素材」に移動した場合、

CHARA_SOZAI=”D:\\素材\\”

と書き換えます。(\\は2個必要です)

ちなみに、「CHARA_SOZAI=””」と書かれている箇所は、合計8ヶ所くらいありますが、書き換えるのは

  • @アイテム1
  • @アイテム2
  • @マーク
  • @プレート3

と書かれている部分だけでOKです。

これで、AviUtlで小道具がうまく表示されるようになるはずです。

ゆっくりムービーメーカーでexo出力すると → @キャラ素材.anmが上書きされる

注意点なのですが、ゆっくりムービーメーカーでexo出力すると

AviUtlフォルダ内にある「キャラ素材.anm」の「CHARA_SOZAI=””」の部分が、ゆっくりムービーメーカーのあるフォルダのパスで上書きされてしまいます。

例えば、ゆっくりムービーメーカーのフォルダが「c:\yukkuri」にある場合に、ゆっくりムービーメーカーでexo出力すると

CHARA_SOZAI = “C:\\yukkuri\\キャラ素材\\”

みたいな感じで上書きされてしまいます。

なので、「ゆっくりムービーメーカーに上書きされるのを防ぎたい!」という場合は

ゆっくりムービーメーカーの設定で、以下のように「@キャラ素材.anmが存在する場合は上書きしない」にチェックを付けましょう。

▲「ファイル」→「設定」より「キャラ素材」→「全般」→「@キャラ素材.anmが存在する場合は上書きしない」にチェック

ちなみに、ゆっくりムービーメーカーのフォルダ内にある「キャラ素材」フォルダの中に

「小道具」→「マーク」「アクセサリ」みたいな感じでフォルダを作って、その中に小道具の画像を移動させる

というやり方でも、AviUtlで小道具を表示されるようにできます。

nicotalkを実行すると → @キャラ素材.anmが作成される

nicotalkの「step3」を実行した場合にも、AviUtlの「script」フォルダ内に「@キャラ素材.anm」が作成されますが

ゆっくりムービーメーカーと違って、 AviUtlの「script」フォルダ内に「@キャラ素材.anm」が存在する場合、上書きはされません。

なので、安心して実行してOKです。

このページの情報は以上です。

関連【AviUtl】ズーズ氏のキャラ素材スクリプトまとめ

関連キャラ素材スクリプトの使い方と設定(2/2)【ゆっくりムービーメーカー,Nicotalk】

スポンサーリンク

フォローする