【AviUtl】金の髭氏のスクリプトまとめ【多角形配置・螺旋・3Dリピート・多角柱マッピング・球状配置・他】

ニコニコユーザーでもある「金の髭」氏が公開しているAviUtlスクリプトのまとめです。

スポンサードリンク

導入

以下のページの説明欄にあるURLからダウンロード出来ます。

中に入っている「.anm」ファイルをAviUtlの「script」フォルダに移動させれば導入は完了です。

  • フォルダ構成
      • AviUtl
        • script
          • @GH3Dリピート.anm
          • @GHスケール.anm
          • @GHデバッグ用.anm
          • @GH円軌道配置.anm
          • @GH各種調整用.anm
          • @GH球状配置2.anm
          • @GH多角形配置.anm
          • @GH多角柱マッピング.anm
          • @GH螺旋配置.anm

効果一覧

  • 全て順不同です
  • 以下の効果の説明は省いています
    1. GHデバッグ用.anm(スクリプト製作者用なので割愛)
    2. GH各種調整用.anm(「基本効果」エフェクトとほぼ同じなのでで割愛)
    3. GHスケール.anm(さつき氏の「XYスケール」と同じ効果なので割愛)

円軌道配置

オブジェクトを円軌道上に回転させたりできる効果です。

円軌道配置2 円軌道配置
▲向き:0 ▲向き:1

球状配置2

球状にオブジェクトを配置できる効果です。

20160207-090017-773 20160207-091501-287 20160207-091532-272
▲「四角形」に適用した例 ▲「三角形」に適用した例 ▲「星形」に適用した例

  • 経線頂点:
    • 経線上のオブジェクトの数
  • 緯線頂点:
    • 緯線上のオブジェクトの数
経線頂点 緯線頂点 両方
▲経線頂点:0→20 ▲緯線頂点:0→20 ▲経線頂点、緯線頂点:0→20

軸回転と組み合わせると面白い感じになります。

Y軸回転
▲Y軸回転:0→180

多角形配置

指定した多角形上に、指定したオブジェクトを並べる事ができる効果です。

使用するには、

  1. 「多角形配置-1’(定義のみ)」
  2. 「多角形ずらし設定」(省略可能)
  3. 「多角形配置-2(描画)」

のセットで使用します。(「多角形ずらし設定」は省略可能)

2016-02-06_06h46_01

左2つの画像みたいに指定した図形上にオブジェクトを配置できます。

また、右2つの画像みたいに「多角形配置したオブジェクト」を更にコピーできます。

四角形_向き0 三角形_向き2 (2) 繰り返し3 20160206-064522-348
「五角形」上に「四角形」を配置

(向き:0)

「七角形」上に「三角形」を配置

(向き:2)

←の画像の

繰り返し:3

←の画像の

縦方向に並べる:ON

  • X差,Y差,Z差:
    • ある多角形ピースから見た、「繰り返し軸のプラス方向にあるピース」の相対X,Y,Z座標
  • 半径差:
    • ある多角形ピースから見た、「繰り返し軸のプラス方向にあるピース」の相対半径差
20160206-065303-113 20160206-065214-365 20160206-065228-664 20160206-065536-558
▲X差:+ ▲Y差:+ ▲Z差:+ ▲半径差:+

設定ダイアログの「X軸回転」などを回転させると、各オブジェクトを中心にして回転させたりも出来ます。

回転_多角形配置 X軸回転_多角形配置
▲「多角形配置-2(描画)」の回転:0→360 ▲X軸回転:0→360

最後に色々組み合わせた感じのサンプルgifです。

多角形配置 ・適用オブジェクト:円図形
・「縁取り」適用
・隙間:-70→0→-70
・回転:0→360
・X軸回転:0→360
・半径差:0→50→0
・Y差:0→30→0
・縦向き
多角形配置でずらしを使う2 ・適用オブジェクト:四角形
・「X差」「Y差」「Z差」
「半径差」「半径調整」「回転」全て適当
・横向き

この記事では、分かりやすいように全て「図形」に適用していますが、

  • 動画
  • 画像
  • テキスト
  • シーンカスタムオブジェクト

などにも適用できます。

余談ですが、FF8(PSゲーム)のバハムート戦でもこんな感じのエフェクト使われてたりします。
baha

螺旋

オブジェクトを螺旋状に配置する事ができる効果です。

使用するには、

  1. 螺旋-1(’定義のみ)
  2. 螺旋-2(描画)」とセットで使用します。

と2つ組み合わせる必要があります。

2016-02-07_01h16_31

  • 個数:
    • 配置するオブジェクトの数
20160207-005541-972 螺旋
▲円図形(個数:9) ▲円図形(個数:0→100)

  • 回転差分:
    • オブジェクト1つごとの回転の変化量
20160207-005838-004 20160207-005849-268 20160207-005857-296
▲回転差分:2 ▲回転差分:3 ▲回転差分:17

  • 座標差分:
    • オブジェクト間の隙間
20160207-010456-799 20160207-010612-084 20160207-010636-355
▲座標差分:2 ▲座標差分:24 ▲座標差分:40

  • 回転:
    • オブジェクトが螺旋状に回転する
  • 回転に同期して軸方向に移動:
    • 回転方向にオブジェクトが移動する
回転_螺旋 回転_螺旋_同期
▲回転:0→360 ▲回転に同期して軸方向に移動:ON

  • 半径差分:
    • オブジェクト1つごとに半径の変化量をピクセル数
  • 初期半径:
    • 螺旋の始まりの半径
20160207-013450-278 20160207-013514-426
▲半径差分:1 ▲半径差分:100
  • 向き:
    •  螺旋を構成するオブジェクトの向き
    • 0: 面の向きを指定しない
    • 1: 表面を円の外側に向ける(軸がZの場合は上側を円の外側に向ける)
    • 2: 表側を円の内側に向ける(軸がZの場合は上側を円の内側に向ける)
20160207-014429-828 20160207-014436-374 20160207-014440-273
▲向き:0 ▲向き:1 ▲向き:2
  • 軸:
    •  螺旋の中心軸
    • 0: X軸
    • 1: Y軸
    • 2: Z軸
20160207-015155-130 20160207-014605-134 20160207-015209-433
▲軸:0 ▲軸:1 ▲軸:2

「多角形配置」と同じく、分かりやすいように全て「円図形」に適用して説明しましたが、

  • 動画
  • 画像
  • テキスト
  • シーンカスタムオブジェクト

などにも適用できます。

TA個別螺旋

「螺旋」のテキストバージョンです。

「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを付けて使用します。

20160207-021020-735

※パラメータは「螺旋」と全て同じなので説明は省略します。

3Dリピート

指定したオブジェクトをX,Y,Z方向に画像ループさせて、拡大率・透明度・間隔・回転率なども変更できる効果です。

使用するには、

  1. 「3Dリピート基本設定」
  2. 「3Dリピート相対回転設定」(省略可能)
  3. 「3Dリピート相対拡縮・不透明度設定」(省略可能)
  4. 「3Dリピート描画」

と4つセットで使用します。

2016-02-07_04h25_37

  • X差,Y差,Z差:
    • 相対的なX,Y,Z座標
3Dリピート_X差 3Dリピート_Y差 3Dリピート_Z差
▲X差:-100→100 ▲Y差:-100→100 ▲Z差:-100→100

  • X回転差,Y回転差,Z回転差:
    • 相対的なX,Y,Z回転
20160207-043751-291 20160207-043802-887 20160207-043818-902
▲X回転差:15 ▲Y回転差:15 ▲Z回転差:15

  • 拡縮差:
    • 相対的な拡大・縮小の差
20160207-044507-300 20160207-044624-313 20160207-044549-878
▲拡縮差:0 ▲拡縮差:35 ▲拡縮差:-15

  •  基本透度:
    • 基準位置のオブジェクトの透明度
  • 不透明差:
    • 相対的な不透明度差
20160207-044716-044 20160207-044903-510
▲基本透度:100  不透明差:-15 ▲基本透度:0  不透明差:35

  • 繰り返し:
    • コピーする数
20160207-043110-259 20160207-043052-239
▲繰り返し:3 ▲繰り返し:6

  • 間隔:
    • コピーしたオブジェクトの間隔(この場合、「Z差」を変更するのと同じ効果)
20160207-045042-873 20160207-045046-869
▲間隔:50 ▲間隔:130

  • 捻り:
    • 繰り返し描画時の相対的なZ軸回転(この値と「Z回転差」の値との和が、相対的なZ軸回転となる)
20160207-045304-088 20160207-045237-632
▲捻り:0 ▲捻り:30

  • 回転:
    • 回転させる角度
3Dリピート_回転
▲回転:0→360

多角柱マッピング

読み込んだオブジェクトを、多角柱の表面に貼り付けるような形で描画できる効果です。

使用するには、

  1. 「多角柱マッピング基本設定」
  2. 「多角柱テキスト設定」(「テキスト」に適用する際に使用、それ以外では省略してOK)
  3. 「多角柱図形設定」(「図形」に適用する際に使用、それ以外では省略してOK)
  4. 「多角柱輪切り設定」(省略可能)
  5. 「多角柱輪切りずらし設定」(省略可能)
  6. 「多角柱マッピング(縦)」 or 「多角柱マッピング(横)」

という感じで、基本2セット、フル機能を使いたいなら5つセットで使用します。(2.と3.はどちらか一方だけ)

2016-02-07_06h02_41

全部説明するとキリがないので、部分的に紹介します。

元画像は全部コレ↓です。
s-Tulips

  • 輪切り数:
    • 多角柱を何分割するか
20160207-061141-143 20160207-061149-737
▲輪切り数:2 ▲輪切り数:4

  • 隙間:
    • 輪切りしたオブジェクトの間隔
20160207-061233-080 20160207-061255-613 20160207-061327-684
▲隙間:0 ▲隙間:10 ▲隙間:50

  • 捻り:
    • ねじり量
20160207-061255-613 20160207-061443-806
▲捻り:0 ▲捻り:30

  • 半径差:
    • オブジェクト1つごとに半径の変化量(ピクセル数で指定)
20160207-060933-085 20160207-061533-837 20160207-061603-752
▲半径差:0 ▲半径差:20 ▲半径差:70

  • X差,Y差,Z差:
    • ある多角柱ピースから見た、「軸のプラス方向にあるピース」の相対X、Y、Z座標
20160207-061720-251 20160207-061651-407 20160207-061627-772
▲X差:40 ▲Y差:40 ▲Z差:70

  • 分割数:
    • ○角柱にするか
20160207-062640-306 20160207-062649-902 20160207-062700-008
▲分割数:3 ▲分割数:5 ▲分割数:7

  • 表示個数:
    • 多角柱の面の表示個数を指定(分割数=表示個数で全て表示される)
表示個数
▲表示個数:0→5

  • 半径調整:
    • 多角柱の外接円の半径を指定
20160207-060933-085 20160207-062144-248 20160207-062148-430
▲半径調整:0 ▲半径調整:30 ▲半径調整:150

  • 回転:
    • 回転させる角度
回転_多角柱マッピング
▲回転:0→360

「多角柱マッピング(縦)を適用した場合は縦向きな多角柱、「多角柱マッピング(横)を適用した場合は横向きな多角柱になります。

20160207-060933-085 20160207-060937-103
▲多角柱マッピング(縦) ▲多角柱マッピング(横)

このページの情報は以上です。

関連外部スクリプト | AviUtlの易しい使い方

スポンサーリンク

フォローする