【AviUtl】カメ氏のスクリプトまとめ【吹き出し・シャッフルレター・丸付折線テキスト・簡易水玉等】

カメ氏のスクリプトまとめです。

スポンサードリンク

導入

以下ページからダウンロード出来ます。

効果一覧

※順不同です

角付き丸吹き出し

吹き出しを付ける事ができるアニメーション効果です。

角付き丸吹き出し
▲「AviUtl」というテキストに適用した様子

(テキストに直接適用する際は、領域拡張などを併用しないと上手く表示されないので注意です)

シャッフルレター

文字がランダムにシャッフルして、最終的に指定したテキストに変化するカスタムオブジェクトです。

  • シャッフルの間隔(何文字シャッフルしたら表示するか)
  • シャッフルの補正値(予め指定した数値分だけシャッフルした状態でスタート)
  • 縁取り・シャドー・フォント色変更
  • 「文字のみのシャッフル」か「文字+数字+記号のシャッフル」の2種類の切り替え可能

なども指定可能です。

シャッフルレター シャッフルレター1
▲文字 ▲文字+数字+記号

簡易水玉

指定した図形をコピーする事ができるカスタムオブジェクトです。

簡易水玉 簡易水玉3
▲図形:円 ▲図形:四角形

拡大率(間隔)なども変更できますし、「基準」を動かせばシーンチェンジなどとしても使えます。
(間隔を大きくすると動作が重くなる)

簡易水玉3 (2) 簡易水玉_基準
▲「間隔」:10 ▲「基準」を動かした例

色も変化させれます。

簡易水玉_色
▲色1:水色 色2:赤色

丸付折線テキスト

設計図に使われているような”注釈”みたいなのを作れるカスタムオブジェクトです。

丸付折線テキスト

カバー付きワイプ シーンチェンジ

指定したレイヤーにあるオブジェクトでシーンチェンジできるシーンチェンジです。(本家の「ワイプ(縦/横) 」と効果自体は同じ)
2016-02-19_20h19_33

例えば以下の様なタイムラインで、

2016-02-19_20h17_19

シーンチェンジの「LayerNo」をそれぞれ1,2,3と指定すると以下の様に変化します。

koara koara2 koara3
▲レイヤー1を指定

→レイヤー1のコアラの画像で、チューリップ→あじさいにシーンチェンジする

▲レイヤー2を指定

→レイヤー2のチューリップの画像で、チューリップ→あじさいにシーンチェンジする

▲レイヤー3を指定

→レイヤー3のアジサイの画像で、チューリップ→あじさいにシーンチェンジする

オブジェクトなら何でも指定できるので、

などを指定したりも出来ます。

カバー画像付ワイプ シーンチェンジ

「カバー付きワイプ シーンチェンジ」の”設定ダイアログから画像を指定するバージョン”です。

このページの情報は以上です。

関連外部スクリプト | AviUtlの易しい使い方

スポンサーリンク

フォローする