【AviUtl】動画を縦横に回転させる方法

AviUtlを使用して、動画を回転させる方法について紹介します。

縦向きに撮ってしまった動画を横向きに直したり、縦向きの動画を縦向きに直したりしたい場合に有効です。

スポンサードリンク

方法①:「回転」(Z軸回転)を使う

設定ダイアログのパラメータ「回転」(拡張描画の場合は「Z軸回転」)を使用する方法です。

0~360度まで好きな角度で回転させる事が出来るのが特徴です。

動画をタイムラインにドラッグ&ドロップする(図1)

拡張編集ドロップ
図1

動画オブジェクト(動画オブジェクト_画像)をクリックし、設定ダイアログを出す(図2)

回転」を任意の角度に変更する事で動画を回転させる事が出来ます。

「90」と指定すると「右に90度回転」します。「180」と指定すると「上下反転(右に180度回転)」します。

動画オブジェクト_設定ダイアログ
図2

また、右上の更新マーク(更新マーク)から「拡張描画」モードに変更すれば、「X軸回転」「Y軸回転」「Z軸回転」などの項目が追加され、オブジェクトを3D回転させる事も出来ます。

各回転サンプル
X軸回転 Y軸回転 Z軸回転
X軸回転 Y軸回転 Z軸回転

※標準描画モードで言うところの「回転」は拡張描画モードの「Z軸回転」の事です。

その他の設定ダイアログの機能の使い方については以下の記事を参考にして下さい
設定ダイアログの使い方【拡張編集】

方法②:「ローテーション」エフェクトを使う

動画オブジェクトに「ローテーション」エフェクトを追加する事で回転させる方法です。

0・90・180・270・360度と「90度間隔」で回転させる事が出来るのが特徴です。

動画をタイムラインにドラッグ&ドロップする(図3)

拡張編集ドロップ

動画オブジェクト(動画オブジェクト_画像)をクリックし、設定ダイアログを出す(図4)

動画オブジェクト_設定ダイアログ
図4

設定ダイアログ右上の+マーク(+マーク)から「基本効果」→「ローテーション」を追加する(図5)

ローテーション_設定ダイアログ
図5

0~4までを指定する事でオブジェクトを90度毎に回転させる事が出来ます。

0:そのまま 1:90度回転 2:180度回転 3:270度回転 4:360度回転(そのまま)
ローテーション_0 ローテーション_1 ローテーション_2 ローテーション_3 ローテーション_0

これは単に「方法①」で言うところの「回転(Z軸回転)」を90度ずつ増やしていくだけの設定なので、特段、このエフェクトでしか出来ない事ではありません。

移動方法を「ランダム移動」にすれば↓gifのような荒ぶっている風な表現とか出来たりしますが、特に需要の有る動きではないですね。

ローテーション_使用例

多分、90度ずつ回転させる為だけに、わざわざ「回転」で中間点を駆使して90度ずつ「瞬間移動」させると言ったことが面倒くさいので、生まれたエフェクトなのかもしれません。(分かりませんが)

方法③:「基本効果」エフェクトの「回転」を使う

「基本効果」エフェクトの「回転」を使用する方法です。効果的には「方法①」と同じです。

1つの画面に複数の動画を表示させていたりする場合に、「グループ制御」オブジェクトを使用して、全ての動画をそれぞれの動画を中心として同じように回転させる事が出来ます。

グループ制御にて普通に回転させたい例 基本効果の回転も追加した例
グループ制御_Z軸回転 グループ制御_Z軸回転_基本効果_回転追加

この方法については以下の記事の「回転」の項を参考にして下さい。
基本効果エフェクトの使い方【フィルター】

方法④:「画像回転」プラグインを使う

まるも製作所様製作の「画像回転」プラグイン(rotate-0.3.0.lzh)を使用する方法です。

導入方法

以下、導入方法です。

  1. まるも製作所より「画像回転」プラグイン(rotate-0.3.0.lzh)をダウンロードする
  2. ダウンロードしてきたファイルを解凍する
  3. 解凍したフォルダの中にある「rotate.auf」を、AviUtlの「Plugins」フォルダの中に入れる(もしくはAviUtlのフォルダ直下に入れる)

最終的に、以下のようになります。

  • フォルダ構成
      • AviUtl
        • Plugins
          • rotate.auf

使い方

メニューの「設定」→「画像回転の設定」を選択します。

画像回転の設定

それぞれの項目に応じて動画全体を回転出来ます。右上のチェックボックスにチェックを入れる事で有効になります。

元画像_反転前 右90度回転 左90度回転 180度回転  左右反転 上下反転
 s-元画像_反転前 s-反転_右90度回転  s-反転_左90度回転  s-反転_180度回転 s-反転_左右反転 s-反転_上下反転

左右反転・上下反転などに関しては、拡張編集機能を使って反転させたほうが遥かに便利なのでそちらをオススメします。
上下左右反転動画の作り方【ダンス動画等】

このプラグインの特徴

このプラグインで動画を回転させた場合、動画自体の解像度も変更できます

例えば、「1280×720」の動画を90度回転させたりすると、「720×1280」という風な縦長な解像度に変更できます。

90度回転させた動画の1フレームをキャプチャしたもの
元画像 設定ダイアログで回転させた例 本体機能を使って回転させた例
s-元画像_回転前 s-回転させた例 s-回転_本体機能

なので、エンコードすると、「1280×720」のつもりが「720×1280」で出力されてしまった!という風なことになるので注意が必要です。

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. AviUtl初心者 より:

    まるも製作所様製作の「画像回転」プラグインの「rotate-0.3.0.lzh」を導入しないと、このページ内での解説にある、

    方法④:本体の「画像回転機能」を使う
    AviUtl本体の機能で回転させる事が出来る方法です。この方法で回転させるメリットは特段有りません。(拡張編集プラグイン未導入環境でも出来るという事くらい)

    は、実現できません。
    解説中に有る、「メニューの「設定」→「画像回転の設定」を選択します。
    の、項目も無いですしダイアログも存在しません。

    「AviUtl本体の機能で回転させる事が出来る方法」との解説だったので、小一時間悩みました。

    AviUtlに関しては全くの初心者で、このHPを参考にイチから順番に試して試行錯誤していた最中でしたが、この項目に関しては修正なり加筆した方が、より適切で初心者向けだと思いますが。

    例えば、Googleの検索サジェストを無効にした環境でもこのHPは上位にランクしますので、「aviutl」等で検索した方々には目に触れることが多いと思われます。

  2. 匿名 より:

    AviUtl初心者さん、ありがとうございます。
    私も「画像回転の設定」を散々探しました。
    もしかしたらAviUtlのバージョンが違うのかと無駄に色々調べてしまいました。

    誤情報なので修正した方がいいと思うのですが、3ヶ月前の指摘に反映がない所を見ると、管理人さんはコメントチェックされてないのかもしれませんね。

  3. 管理人 管理人 より:

    「AviUtl初心者」様、「匿名」様、ご指摘ありがとうございます。

    コメント間違った情報を載せてしまって申し訳ありませんでした。
    記事の方、修正しましたm(_ _)m