【AviUtl】動画の一部を拡大・縮小する方法

AviUtlを使用して、動画の一部を拡大・縮小する方法について紹介。

スポンサードリンク

拡大縮小する方法

方法①:中間点を使用する方法

中間点を使用する方法です。

※中間点の使い方が理解できていないと、この方法は理解出来ないかも知れません。
中間点の使い方を知りたい人はこの記事参照。 ⇒中間点とは?

「にゅ~~ん」って感じで、拡大縮小出来ます。

中間点は使いたくない!」という人は「方法②」か「方法③」にしましょう。

※最初に

中間点を挿入する際の挙動は、タイムラインを「右クリック」→「環境設定」→「中間点追加・分割時に中間の値を反映する」のチェックの有無で変わってきます。
中間点で拡大・縮小する場合、このチェックが外れてる方がやりやすいので確認して下さい。(外れていないと操作がめんどくさくなる)
2016-02-23_10h17_12
参考ページ:環境設定の各項目解説

タイムラインにD&Dで動画を読み込む。(図1)

2016-02-23_10h20_05
図1

以下の2箇所に中間点を挿入する。(図2)

  1. 拡大を開始したいフレーム
  2. 拡大をストップしたいフレーム

※Pキーでワンボタンで挿入できる

2016-02-23_10h22_22
図2

中間点を挿入した区間の、

  • 「X」
  • 「Y」
  • 「拡大率」

のそれぞれの「移動方法」を「直線移動」とかにして、拡大する場所を調整する。(図3)

移動方法の種類

2016-02-23_10h27_48
図3

以下の2箇所に中間点を挿入する。(図4)

  1. 縮小を開始したいフレーム
  2. 縮小をストップしたいフレーム

2016-02-23_10h50_25
図4

縮小する区間の「X」「Y」「拡大率」の終了値を、初期値に戻す。(縮小させる)(図5)

2016-02-23_10h53_10
図5

操作自体は以上で終わりです。あとは普通に再生すれば拡大縮小されるはずです。

あと、それぞれの中間点の位置を動かせば、

  • 「拡大する区間」
  • 「そのままにする区間」
  • 「縮小する区間」

のそれぞれの長さを後から変更する事も可能です。(図6)

2016-02-23_11h07_24
図6

あと、「設定ダイアログ」上にあるタイムラインを右クリックする事で、それぞれの「区間の長さ」を”秒数”や”フレーム”で指定する事も出来ます。(図7)

2016-02-23_11h08_26
図7

方法②:エフェクトをタイムラインに追加する方法

「中間点はややこしくて良く分からん!」という人にオススメの方法です。(↑の動画の1:10~から説明してます)

タイムラインに、

  • 「基本効果」→「拡大率」
  • 「基本効果」→「座標」

の2つのエフェクト追加して拡大・縮小を使う方法です。

タイムライン上で「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「フィルタ効果の追加」から「基本効果」で追加出来ます。
2016-02-22_22h45_40

この方法では、方法①と違って「一瞬でパッ!」って拡大します。(中間点を使えば「にゅ~~ん」って感じの拡大も出来ますが。。)

また、拡大・縮小は「これらのオブジェクトを設置した区間だけ」行われます。

動画オブジェクトに直接中間点を付けて汚さない(?)ので、見た目がスッキリします。

方法③:フレームバッファを使用する方法

これが一番簡単かも?しれません。(方法②を書き終わってから気づいたので動画は別です。。)

フレームバッファ(もしくは直前オブジェクト)を追加して、フレームバッファ自体の、

  • 「X」
  • 「Y」
  • 「拡大率」

をいじるだけな方法です。

※簡単なので解説も付けてません。

まとめ

方法②と方法③については簡単なので特に難しいとも思わないでしょう。

方法①は、難しそうに見えるかもしれませんが、慣れれば1ヶ所の拡大・縮小に20秒程度あれば出来るようになります。(慣れの問題です)

あとAviUtlは、「ショートカットをどれだけ上手く活用するか」によって作業効率が全然違ってくるので、ショートカットはなるべく覚えるようにしましょう。

コメント一覧

  1. sheephuman より:

    オレはクリッピングでやってる。見やすいので。