【AviUtl】画面に合わせた枠を配置する方法

AviUtlで

以下のように、画面に合わせて枠のようなものを配置する方法について紹介します。

▲画面に合わせて赤色の枠を配置した様子
スポンサードリンク

枠の配置方法

以下の手順で配置できます。

  1. タイムライン上で右クリック→「図形」を追加する
  2. 設定ダイアログ上で、以下のように設定する
    • 図形の種類:背景
    • ライン幅:10
    • 色の設定:赤

参考【AviUtl】設定ダイアログの使い方

枠を編集する方法

2つだけ例を紹介します。

1.枠にグラデーション

グラデーションエフェクトを適用すれば、枠をグラデーションにできます。

  1. 設定ダイアログでグラデーションエフェクトを追加する
  2. 開始色と終了色を設定する

参考グラデーションの使い方

2.枠を二重色にする

縁取りエフェクトを適用すれば、いろいろな色を枠に重ねることができます。

  1. 設定ダイアログで縁取りエフェクトを追加する
  2. 「色の設定」で好きな色を設定する

参考縁取りの使い方

まとめ

・図形(背景)のライン幅を小さくすれば、枠を作れる

・エフェクトを適用すれば枠をいろいろ編集できる

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

フォローする