【AviUtl】フレームバッファ・直前オブジェクトの使い方

AviUtlの

  • フレームバッファ
  • 直前オブジェクト

の2つのオブジェクトの使い方について解説します。

スポンサードリンク

フレームバッファとは?

フレームバッファは、フレームバッファより上のレイヤーに配置したオブジェクトを1つのオブジェクトとして表示する事が出来るオブジェクトです。

↓gifで言う所の手前の「黄枠」部分が「フレームバッファ」となります。

フレームバッファ例 ←gifのタイムライン
フレームバッファ_例 タイムライン_フレームバッファ

▲この例で言うと、奥にあるそれぞれの図形(青星図形・緑三角図形・赤丸図形)を1つのオブジェクトとして表示出来ます。

また、それぞれの図形(青星図形・緑三角図形・赤丸図形)に適用したエフェクトもフレームバッファにも適用された状態でコピーされます。

フレームバッファの用途

フレームバッファは主に以下のような事に使用します。

  • フレームバッファより上にあるオブジェクト全てに一括でエフェクトを掛ける
  • フレームバッファ自体の「合成モード」を変更して映像に味付けする

フレームバッファの各項目解説

基本的な項目は他のオブジェクトと殆ど変わりません。

※詳しくは以下の記事を参考にして下さい。
設定ダイアログの使い方【拡張編集】

フレームバッファ_設定ダイアログ

  • フレームバッファをクリア
    • フレームバッファより上にあるオブジェクトを非表示にします

フレームバッファ使用例

基本的に「”画面全体”に何かしらのエフェクト掛ける」というが全てのフレームバッファの基本的な使用方法です。

「1画面に4つの動画オブジェクトを挿入した状態」を仮定して、例を出して説明します。

①ディスプレイスメントマップ

「フレームバッファ」に「ディスプレイスメントマップ」エフェクトを追加したサンプルです。

画面全体を一気に歪ませる事が出来ます。

「変形方法」を「拡大変形」にして、「変形X」「変形Y」「サイズ」「ぼかし」などを「直線移動」に指定して、適当な値まで変更しています。

②反転(輝度反転)

輝度反転をさせた例です。

「反転」エフェクトの「輝度反転」を「フレームバッファ」に追加して、適当に「クリッピング」や「マスク」を適用しています。

③砕け散る

画面全体を砕け散らせた例です。

各動画を一時停止させ、ネガポジ反転させた後、「フレームバッファ」に「アニメーション効果」の「砕け散る」を追加します。

④画像ループ

画面を倍々に増やしていくような感じの例です。

色んな動画で使われている表現だと思います。

  1. 「フレームバッファ」に「画像ループ」を追加
  2. 適当な位置に中間点を挿入
  3. 「瞬間移動」で「横回数」と「縦回数」を倍倍にしていき、それに合わせて「拡大率」を半々にしていく
  4. 増やしたい数分だけ3.~ 5.を繰り返す
  5. 最後に「中間点を時間で均等配置」を選択
  6. 「長さを変更」で均等位置を保ったまま長さを変更

ちなみに、倍々に増やすだけならフレームバッファを使用せずとも、「画像ループ」と「基本効果」の「拡大率」だけで実現可能です。
(他にエフェクトを掛ける場合はフレームバッファ必須)

直前オブジェクトとは?

直前オブジェクトは、1つ上にあるオブジェクトをコピーするオブジェクトです。

「フレームバッファ」の1つ上のオブジェクトだけをコピーするバージョンです。(少機能版です)

フレームバッファと同じく、コピー元のオブジェクトに適用されたエフェクトも直前オブジェクトにコピーされます。

直前オブジェクト_使い方_タイムライン
▲この例では分かりやすいようにエフェクトオブジェクトを1つ1つ設置していますが、各オブジェクトの設定ダイアログからエフェクトを追加した場合でも同様にコピーされます。

単に直前オブジェクトの「合成モード」を通常以外に変更して、動画の雰囲気を手軽に変更したい場合などにも使用します。

まとめ

上記で挙げたのはほんの一部ですが、「発光」「グロー」「色調補正」など、フレームバッファとの組み合わせは無限大です。

また、動画の一部を拡大・縮小したりするのにも使えます。

スポンサーリンク