【AviUtl】動画背景の作り方・透過方法・切り抜き方法とか色々まとめ

AviUtlで動画編集する上での背景関係についてのTipsまとめ。

スポンサードリンク

その前に

背景の作り方ってどうやるんですか??」とかそういう質問している人は、「設定ダイアログ」や「タイムライン」の仕組みを理解できていない人が大半だと思うので、先に以下記事を見るの推奨です。

AviUtlのデフォ背景を「黒」→「白」とかに変更する方法

タイムライン上で「右クリック」→「図形」を追加して、

  • 「図形の種類」を「背景」
  • 「色の設定」で「白」

にすれば背景を変更できます。

※背景を変更するにはこの方法しか有りません

screenshot_4861

グラデーションな背景の作り方

  1. タイムライン上で「右クリック」→「図形」を追加
  2. 「図形の種類」を「背景」に変更
  3. 「グラデーション」エフェクトを追加

という風にすれば作れます。

screenshot_4871

動画の指定した背景色を透過する方法

例えば、「指定した色に似た背景のみを透過する」というのは、

  • 「クロマキー」
  • 「カラーキー」
  • 「ルミナンスキー」

などの透過エフェクトを使用すれば出来ます。

screenshot_490
▲透過前(元動画)

screenshot_4881
▲透過後

背景を別の色に置き換える方法(塗りつぶし)

例えば、先述した「グラデーションな背景」と「背景を透過した動画」のレイヤーを重ねたりするだけで背景を置き換えれます。

screenshot_48911

背景を別の画像に置き換える方法

同じく、「背景を透過した動画」と「画像」をレイヤーを重ねれば置き換えれます。


screenshot_4911
▲画像


screenshot_4921
▲画像+透過した動画

動画内の指定した物体だけを切り抜く方法(それ以外を透過する方法)

例えば、

  • 「動いてる人物だけを切り抜く」
  • 「動いてる人物以外の背景を透過させる」

と言った事は、AviUtlでは出来ません

そういうのがやりたい場合は、「Adobe After Effect」などの動画加工ソフトを使うしか有りません(「ロトブラシ」とかでググってみて下さい)

※フリーソフトでどうにかしたいならこのページ(nukIM@S-2 / コミュ抜き解説 – ニコニコ動画:GINZA)などが参考になるかもしれません。(フリーソフトだと複雑な物体・背景の場合にはキレイに抜けない事が多いですが。。)

というかAviUtlはただの”動画編集ソフト”なので、そんな機能を求めるのは筋違いです。

フランス料理人に「寿司作ってくれ」って注文するくらい筋違いです。

もし、AviUtlのみで実現したいなら、撮影の段階でクロマキーなどのキーイングで透過出来るような背景の所で撮影するしかないです。(例えばダンス動画とかで「背景のみを切り抜きたい!」とかなら自前で青の背景布などを買ってきて、撮影時に後ろに被せたりするしかない)

http://www.amazon.co.jp/dp/B00Y9O5KWQ?tag=avi-22

※動いてる物体に対してモザイクを掛けたりする方法については以下ページ参照です。
モーショントラッキングを使って顔を隠す方法【追跡機能】
画像で顔を隠す方法(中間点を駆使する方法)
モザイクで顔を隠す方法(中間点を駆使する方法)
mo

動画の背景をぼかす方法

例えば、「動画内の特定の範囲以外をぼかす」と言った事は、「カスタムオブジェクト」の「周辺ボケ光量」を使用すれば出来ます。

タイムライン上で「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「カスタムオブジェクト」で追加出来ます。

周辺ボケ光量あり 周辺ボケ光量なし
カスタムオブジェクト_周辺ボケ光量 カスタムオブジェクト_周辺ボケ光量なし

それか、「部分フィルタ」+「ぼかし」とかでも出来ます。(他にも色々方法が有りますが、挙げ出したらキリがないので割愛)

ぼかすのと同時に、部分フィルタ色調補正などもかけてやると、動画の雰囲気をガラッ変えたりも出来ます。(部分フィルタの「ぼかし」パラメータなども弄る必要あり)

元画像 ぼかし+色調補正(部分フィルタ)
s-screenshot_494 s-screenshot_493

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク