【AviUtl】動画背景の作り方・透過方法・切り抜き方法とか色々まとめ

AviUtlで動画編集する上での

背景関係Tipsまとめです。

スポンサードリンク

最初に

背景ってどうやって作るんですか?」のような質問してくる人は、

「設定ダイアログ」や「タイムライン」の仕組みを理解できていない人が大半だと思われます。

なので、そのような人たちは、

先に以下ページを見ると、理解が早いと思います↓。

参考【AviUtl】設定ダイアログの使い方

参考【AviUtl】拡張編集タイムラインの使い方

AviUtlのデフォ背景を「黒」→「白」に変更する方法

タイムライン上で「右クリック」→「図形」を追加して、

  • 「図形の種類」を「背景」
  • 「色の設定」で「白」

にすれば背景を変更できます。

※背景を変更するにはこの方法しかありません

screenshot_4861

グラデーションな背景の作り方

  1. タイムライン上で「右クリック」→「図形」を追加
  2. 「図形の種類」を「背景」に変更
  3. 「グラデーション」エフェクトを追加

という風にすれば作れます。

参考【AviUtl】色関係エフェクト(色調補正・色ずれ・単色化・グラデーション・拡張色・特定色域変換・縁取り)の使い方

screenshot_4871

動画の指定した背景色を透過する方法

例えば、「指定した色に似た背景のみを透過する」というのは、

  • クロマキー
  • カラーキー
  • ルミナンスキー

などの透過エフェクトを使用すれば出来ます。

参考【AviUtl】透明化エフェクト(クロマキー・カラーキー・ルミナンスキー)の使い方【キーイング】

screenshot_490
▲透過前(元動画)

screenshot_4881
▲透過後

背景を別の色に置き換える方法(塗りつぶし)

例えば、先述した

  • 「グラデーションな背景」のレイヤー
  • 「背景を透過した動画」のレイヤー

をそれぞれ重ねるだけで背景を置き換えれます。

screenshot_48911

背景を別の画像に置き換える方法

同じく、

  • 「背景を透過した動画」のレイヤー
  • 「画像」のレイヤー

をそれぞれ重ねれば置き換えれます。


screenshot_4911
▲画像


screenshot_4921
▲画像+透過した動画

動画内の指定した物体だけを切り抜く方法(それ以外を透過する方法)

例えば、

  • 「動いてる人物だけを切り抜く」
  • 「動いてる人物以外の背景を透過させる」

と言った事は、AviUtlでは出来ません

AviUtlは”動画編集ソフト”なので、そのような機能を求めるのは筋違いです。

フランス料理人に「寿司を作ってくれ」と注文するくらい筋違いです。

このような機能がほしい場合、”動画加工ソフト”を購入しましょう。

AviUtlに限らず、フリーソフトで、「背景を透過させる」などのようなことができるソフトはありません。

「どうにかしてAviUtlで実現させたい!」と言う場合は、以下の記事などの内容を応用すれば、実現できるかもしれませんが、

参考モーショントラッキングを使って顔を隠す方法【追跡機能】

参考画像で顔を隠す方法(中間点を駆使する方法)

参考モザイクで顔を隠す方法(中間点を駆使する方法)
mo

ただ、これらの方法でも、複雑な物体・背景の場合にはどうしてもキレイに透過させることができません。

もし、AviUtlのみで「キレイに透過したい!」と思っているなら、撮影の段階でクロマキーなどのキーイングで透過できるような背景の所で撮影するしかありません

(例えばダンス動画で「背景のみを切り抜きたい!」という場合、自前で青の背景布などを買ってきて、撮影時に後ろに被せたりするしかありません)

「有料ソフトでも良いからキレイに透過したい!」と言う場合は、「Adobe After Effect」などのソフトがオススメです。

※「ロトブラシ」などのワードでググってみて下さい。

「AviUtl以外のフリーソフトでどうにかしたい!」と言う場合はこのページ(nukIM@S-2 / コミュ抜き解説 – ニコニコ動画:GINZA)が参考になるかもしれませんが、

フリーソフトでは、限界があります(複雑な物体・背景はキレイに透過できない)し、使い方もややこしかったりします。

動画の背景をぼかす方法

例えば、「動画内の特定の範囲以外をぼかす」と言った事は、「カスタムオブジェクト」の「周辺ボケ光量」を使用すればできます。

タイムライン上で「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「カスタムオブジェクト」で追加できます。

参考カスタムオブジェクトの使い方と種類【周辺ボケ光量】

カスタムオブジェクト_周辺ボケ光量 カスタムオブジェクト_周辺ボケ光量なし
▲周辺ボケ光量:あり ▲周辺ボケ光量:なし

それか、「部分フィルタ」+「ぼかし」など実現できます。(他にも色々方法がありますが、挙げ出したらキリがないので割愛)

「ぼかし」と同時に、「部分フィルタ」で「色調補正」をかけてやると、動画の雰囲気をガラッ変えたりも出来ます。

s-screenshot_494 s-screenshot_493
▲元画像 ▲ぼかし+色調補正(部分フィルタ)

このページの情報は以上です。