【AviUtl】拡張編集で.gifファイルが読み込めない時の対処法【画像】

拡張編集のデフォルト設定では、拡張編集タイムラインに「.gif」ファイルをドロップすると”画像”ファイルとして読み込まれてしまいます。

gifを画像といて読み込み
▲こんな感じで画像として読み込まれる

この場合、gif動画の最初の1フレームだけがの”画像”として読み込まれます。

なので、gifを”画像”ではなく、”動画”として読み込みたい場合は「gifファイルをどのオブジェクトとして読み込むか」を変更してやる必要があります。

スポンサードリンク

gifを”画像”ではなく”動画”として読み込む方法

これは根本的に読み込み方法を変える方法です。(恒久対策)

AviUtl本体フォルダにある「exedit.ini」というファイルを開きます。

gif_exeditini書き換え

「.gif=画像ファイル」と書かれている行を「.gif=動画ファイル」と書き換える事で、動画ファイルとして.gifを読み込めるようになります。

ちなみに、ここに書かれていない拡張子のファイルはタイムラインにドロップしても読み込む事が出来ません。(反応しない)

なので、ここに書かれていない「.mov」「.mkv」「.wmv」などのファイルを読み込み事が出来るようになります。

動画オブジェクトを挿入してそこにドロップする方法

これは応急処置的な方法です。

拡張編集タイムラインにて「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「動画ファイル」を選択します。挿入した動画オブジェクトの設定ダイアログ画面に「.gif」ファイルをドロップ

設定ダイアログにgif

今回だけ”動画”オブジェクトとして読み込んで、それ以外では”画像”オブジェクトとして読み込みたい場合にオススメの方法です。

スポンサーリンク