【AviUtl】拡張編集で.gifファイルが読み込めない時の対処法【画像】

AviUtlのデフォルト設定だと、

タイムラインに「.gif」ファイルをドロップすると、”画像”として読み込まれてしまいます。

gifを画像といて読み込み
▲gif動画の最初の1フレームだけがの”画像”として読み込まれる

このページでは、

gifを”画像”ではなく、”動画”として読み込む方法について紹介します。

スポンサードリンク

gifを”画像”ではなく”動画”として読み込む方法

2つ方法あります。

1.の方法だと、恒久的にgifを”動画”として読み込むようになります。

2.の方法だと、一時的にgifを”動画”として読み込めます。

1.exedit.iniを変更する方法

AviUtl本体フォルダにある「exedit.ini」というファイルを開きます。

gif_exeditini書き換え

そして、

「.gif=画像ファイル」と書かれている行を
「.gif=動画ファイル」と書き換えます。

すると、タイムラインに動画ファイルとしてgifを読み込めるようになります。

関連【AviUtl】拡張編集で読み込める拡張子を増やす方法【exedit.ini】

2.動画オブジェクトを挿入→ そこにドロップする方法

タイムラインにて「右クリック」→「メディアオブジェクトの追加」→「動画ファイル」を選択します。

挿入した動画オブジェクトの設定ダイアログ画面に「.gif」ファイルをドロップします。

設定ダイアログにgif

これで、gifを動画としてタイムラインに追加できます。

このページの情報は以上です。