【AviUtl】gif動画を作成する方法【作り方】

AviUtlを使用して、「1からgif動画を作成する方法」「既存動画の一部をgif動画に変換する方法」について紹介します。

↓のように「自作CG動画」であったり「実写動画」と”動画”であれば何でもgifに変換出来ます。

 CG動画っぽいのをgifにした例  スマフォ動画の一部をgifにした例
ランダム複数回転 gif_実写

操作的には非常に簡単です。

スポンサードリンク

CG動画をgifとして出力する手順

自分で作成したCG動画をgifとして出力する方法です。

大まかな流れは以下の動画を参照して下さい。

出力したい動画を作成する

動画内で使用しているオブジェクトは「カメラ制御」と「図形(円)」と「図形(背景)」のみです。

あとは、「図形(円)」オブジェクトに「アニメーション効果」「縁取り」「グラデーション」エフェクトを掛けてるだけです。

参考:カメラ制御の使い方について【拡張編集】

出力したい部分を「範囲指定」する

gifとして出力したい部分を「範囲指定」します。範囲指定するには、本体ウィンドウの選択範囲終わりボタンで終点、選択範囲始まりボタンで始点を指定します。

作成した動画の全部分を出力する場合には、拡張編集タイムラインで「右クリック」→「範囲指定」→「最後のオブジェクト位置を最終フレーム」を選択して余白を埋めます。

最後のオブジェクト

これをやっておくと、動画の最後に「空白部分」が残ってしまっていた場合、空白部分を詰める事が出来ます。

gif出力する

AviUtlには標準で.gifを出力する機能が備わっていませんので、有志が作った出力プラグインを導入する必要が有ります。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。(このプラグイン以外にもgifとして出力するプラグインは何個も有ります)
.gifを直接出力(保存)する方法【出力プラグイン】

動画の一部をgifとして出力する手順

既存の動画の一部をgifに変換する方法です。

動画を読み込む

拡張編集タイムラインにgifにしたい動画をドロップします。

「動画の一部をgifとして出力するだけ」(他に何も編集しない)なら、AviUtl本体ウィンドウにドロップしても構いません。その場合、本体ウィンドウのみで作業を完結出来ます。

拡張編集ドロップ

出力したい部分を「範囲指定」する

(前述した通りですが)gifとして出力したい部分を「範囲指定」します。範囲指定するには、「現在位置」(シークバー)を該当位置まで移動させて、本体ウィンドウの選択範囲終わりボタンで終点、選択範囲始まりボタンで始点を指定します。

作成した動画の全部分を出力する場合には、拡張編集タイムラインで「右クリック」→「範囲指定」→「最後のオブジェクト位置を最終フレーム」を選択して余白を埋めます。

最後のオブジェクト

これをやっておく事で、動画の最後に「空白部分」が残ってしまっていた場合、空白部分を詰める事が出来ます。

gif出力する

(前述した通りですが)AviUtlには標準で.gifを出力する機能が備わっていませんので、有志が作った出力プラグインを導入する必要が有ります。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。(このプラグイン以外にもgifとして出力するプラグインは何個も有ります)
.gifを直接出力(保存)する方法【出力プラグイン】

スポンサーリンク