【AviUtl】gifアニメ(動画)をフレーム単位で画像に分解する方法

AviUtlを使用して、gif動画をフレーム単位で画像に分解する方法について紹介します。

このページでは例として以下↓のgifを画像に分解してみます。

stucki

スポンサードリンク

.bmpとして出力する方法

拡張編集タイムラインに画像に分解したい動画をドロップして読み込みます(図1)

DD
図1

メニューの「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張編集AVI/BMP出力(RGBA)」を選択します(図2)

この項目では、アルファチャンネル(透明情報付)AVIファイルを出力したり、フレーム単位で画像に分解してBMPとして出力したりする事が出来ます。(図3)

次に「ビデオ圧縮」を選択します。

拡張編集avi_開き方
図2

拡張編集AVI_ビデオアッシュク
図3

「圧縮プログラム」が「RGBA(32bit)」になっているのを確認します。(図4)

RGBAは、元動画のフレームをそのまま圧縮なども何もせずに無圧縮(劣化なし)で出力する設定です。基本的に「無圧縮」で出力して、あとで出力した画像それぞれを圧縮して使う(.jpgとかにする)のが良いかと思います。

「無圧縮出力」については以下の記事などを参考にしてみてください。
未圧縮とYUY2との違いについて【YUV422、RGB】

RGBA32bit
図4

前画面に戻り、「ファイルの種類」を「BmpFile(*.bmp)」に変更します。(図5)

あとは「ファイル名」に好きな名前を入れて「保存」ボタンを押すだけです。

ファイルの種類_フレーム分解
図5

出力結果としては以下の様な感じになります。このgifは合計57フレームだったので、0~56のナンバーの.bmpが出力されています。

出力結果

 .jpgとして出力する方法

AviUtlではデフォルトで「.jpg」で出力する機能がありませんので、別途有志の方が作られた出力プラグインを導入する必要があります。

このページでは「JPEG 3点セット」という出力プラグインを導入して.jpgを出力する方法について紹介します。

導入

  1. 以下のページで「JPEG 3点セット」の本体ファイルをダウンロードする
    AviUtl プラグイン フィルタ by うえぽん
    jpg3点セット
  2. ダウンロードしてきたファイルを解凍し、「jpeg_input.aui」「jpeg_output.auo」「jpeg_print.auf」の3つのファイルをAviUtl本体フォルダに移動させる

インストールは以上で終了です。

使い方

基本的には.bmpとして出力する際の手順と全く同じです。

メニューの「ファイル」→「プラグイン出力」→「連番JPEG出力(YC48)」を選択します。

jpg3点セット_メニュー
図6

保存ダイアログが出てくるので、「ファイル名」を入力し、「保存」をクリックします。(図7)

jpg3点セット_ダイアログ
図7

出力結果としては以下の様な感じになります。このgifは合計57フレームだったので、0~56のナンバーの.jpgが出力されています。

jpg3点セット_出力結果

また、保存ダイアログ画面で「ビデオ圧縮」ボタンを押す事で出力時の設定を開く事が出来ます。

圧縮設定

圧縮品質jpg3点セット_ビデオ圧縮設定

数字を上げれば上げるほど高画質になります。その分ファイルサイズも大きくなります。数字を下げるとファイルサイズは小さくなりますが、ノイズブロック的なのが大きくなっていきます。ある数値を境に一気に画質が悪くなるような気がします。

ハフマンテーブル最適化

「ハフマンテーブル」を最適化します。ハフマンテーブルについては以下のページなどが参考になります。
Crazy*Planet:お絵描き研究室:JPEG(原理編3)(外部ページ)

プログレッシプ

jpg画像を「プログレッシブ」で出力するか「ベースライン」で出力するかを設定します。これらの違いについては以下のページなどが参考になります。
JPEGには2種類ある!プログレッシブとベースラインの違いは何?(外部ページ)

ダウンサンプリング

YUVで出力する際のサンプリングの方法について指定出来ます。「4:2:2(2×1)YUY2相当」を選ぶと、メニューの「AVI出力」で「YUY2」出力したのと同じ画質になります。

基本的に↑にいけばいくほど画質が上がりますが、ファイルサイズも大きくなります。

YUY2とRGBの違いについては以下の記事を参考にしてください
YUV422とRGBの違い

量子化テーブル

量子化の仕方を設定出来ます。以下サンプル。

標準 フォトショ風 ジグザグ
標準 フォトショ風 ジグザグ

※よく見ると細かい違いが散見できます

補足

このプラグインを導入する事で、メニューの「編集」→「JPEGワンクリック保存」という項目が追加され、現在選択中のフレームをワンクリックでjpgに保存出来ます。

JPEGワンクリック保存

参考:【AviUtl】動画の1フレームをPNG・JPEG画像にして保存する方法【プラグイン】

スポンサーリンク