Free Video Converterの使い方と設定方法

音楽・動画ソフトでお馴染みの「Freemake」が公開しているフリーソフト「Free Video Converter」の使い方とかを簡単に紹介します。

※この記事で試したバージョンは「4.1.9」です

スポンサードリンク

Free Video Converterとは

Freemake-Video-Converter

フリーで公開されている動画エンコーダー兼オーサリングソフトです。動画の知識が全く無くても直感で扱えるくらい簡単に使えます。

あと、簡単な動画編集(カットとか結合とか)も出来ます。

具体的にどんな事が出来る?

以下の様な事が出来ます。

  • 動画のエンコードが出来る
    • DVD・Blu-ray(BDMV限定)にオーサリング出来る
    • AVI、WMV、MPEG、MKV、FLV、SWF、3GP、DVD、MP4などの各動画形式に変換できる
    • NVIDIAのCUDA・DXVAなどのGPU機能を使ってハードウェアエンコードも出来る
  • 動画の回転・カット・結合とか出来る
  • 動画に字幕を追加出来る(有料版のみ)
  • 音楽ファイルを可視化出来る
    • ※不具合で変換が進まない事が多い(?)

他のエンコードソフトと比較して、かなり使いやすくて機能も豊富です。

回転・カット・結合などの簡単な動画編集機能も付いてるので、動画編集ソフトを使いこなせない人にとってはかなり良ソフトかもしれません。

発展途上中のソフトなので、今後にもかなり期待出来そうです。

使用条件

Freemake系のソフトは、「.NET Framework 4.0 Client Profile」というソフトを入れておかないと動作しません。(Client Profileというのは少機能バージョンらしいです)

net

システム要件としては、Windows XP SP3以降のOSでないと導入出来ないので、これ以前のOSでは使えません。

導入していない人は、こちらのページからダウンロードする必要があります。(Windows Updateを正常に行っている場合は、多分行う必要は有りません)

インストールとダウンロード方法

※Freemake系のソフトに共通する事ですが、何も考えずデフォルト設定でインストールしちゃうと、広告として不要なソフトが一緒に大量にインストールされてしまうので注意です。

導入方法は以下です。

  1. こちらのページより本体ファイルをダウンロードする
    Freemake Video Converter_インストーーラー
  2. 起動する
  3. 「日本語」を選択して「OK」をクリック
    Free Video Converter_インストール1
  4. 「次へ」をクリック
    Free Video Converter_インストール2
  5. 「カスタムインストール(上級)」にチェックを付けて、「PC Mechanic~」のチェックを外して「次へ」をクリック
    Free Video Converter_インストール3
  6. 「カスタムインストール(上級)」にチェックを付けて、「The Desktop Weather~」のチェックを外して「次へ」をクリック
    Free Video Converter_インストール4
  7. 「Driver Reviver エンドユーザ向け~~」のチェックを外して「次へ」をクリック
    Free Video Converter_インストール5
  8. 場所を変更してインストールしたい場合は「カスタムインストール」を選択、デフォ設定で良い場合は「フルインストール」を選択してして「次へ」をクリック
    Free Video Converter_インストール6
  9. 「完了」をクリック
    Free Video Converter_インストール7

以上で導入は終了です。

使い方

使い方の大まかな手順は以下の様な感じです。

  1. 上メニューから動画の素材を読み込む
    Free Video Converter_素材

    • ビデオ:動画ファイルを読み込む
    • オーディオ:音楽ファイルを読み込む
    • DVD:DVDの動画ファイルを読み込む
    • 写真:画像ファイルを読み込む
    • URLを貼り付ける:動画共有サイトの動画をダウンロードして読み込む
      • 著作権の無い動画はダウンロード出来ないようです
        このビデオダウンロードするためにはあなたのアカウント情報が必要です
        ※「このビデオダウンロードするためにはあなたのアカウント情報が必要です」と表示されてしまう
        この機能を使用するなら「Freemake Video Downloader」で動画をダウンロードした方が良いです
        ●参考:Freemake Video Downloaderの導入方法と使い方
  2. 素材が「動画ファイル」の場合は「回転・カット・結合」などの動画編集、「音楽ファイル」の場合は「可視化」などの各処理を行う
    s-Free Video Converter_使い方2
  3. 下メニューからエンコードする動画形式を設定する(ここでは例として「MP4」を選択したとして進めます)
    Free Video Converter_使い方3

    • DVD:動画をDVDにオーサリングする
    • Blu-ray:動画をBlu-rayにオーサリングする(BDMV限定)
    • AVI,WMV,・・・その他:動画を普通にエンコードする
  4. エンコード設定を行った後、エンコード(変換)を開始
    Free Video Converter_使い方4
  5. あとは変換が始めるので、待つだけです
    Free Video Converter_使い方5

エンコード設定のやり方

詳細なエンコード設定の方法についてのやり方です。

freemake_エンコード設定

基本的に「プリセット」の中から選んでエンコードを開始するだけですが、歯車マーク(Free Video Converter_詳細設定)を押す事で更に詳細なエンコードの設定画面を開けます。

Free Video Converter_詳細設定画面

  • フレームサイズ
    • 動画のサイズを指定出来ます
  • ビデオコーデック
  • フレームレート
  • ビットレートタイプ
    • 「オート」か「カスタム」かを指定出来ます。「オート」ならその動画に最適なビットレートを勝手に割り当てられます。
  • オーディオコーデック
  • チャンネル
    • チャンネル数を指定出来ます。通常は「ステレオ」でOKです。
  • サンプルレート
    • 音声のサンプリングレートを指定出来ます。通常「44100Hz」でOKです。
  • ビットレート
    • 「オート」か「指定ビットレート」を指定出来ます。「オート」ならその動画に最適なビットレートを勝手に割り当てられます。

このページは以上で終わりです。

関連ページ:おすすめのフリーエンコードソフト11選

関連ページ:おすすめのDVD・BDオーサリングソフト13選

関連ページ:オーサリング・エンコード・動画編集ソフトの違い

スポンサーリンク