【AviUtl】ファイル拡張子の種類・意味とオススメのフォルダ構成について

  • AviUtlで使用する、ファイル拡張子の種類とそれぞれの意味
  • AviUtlフォルダ内のオススメのフォルダ構成

などについて紹介します。

フォルダ構成については最初にある程度決めておくと、フォルダ内がすっきりして管理もし易くなるのでオススメです。

スポンサードリンク

ファイル拡張子の種類

プラグイン系

プラグインとして使用するファイルの拡張子です。

.aui 入力プラグイン。
メニューの「ファイル」→「環境設定」→「入力プラググイン優先度の設定」に追加されます。
.auo 出力プラグイン。
メニューの「ファイル」→「プラグイン出力」の欄に追加されます。
.auf フィルタ系のプラグイン。
メニューの「フィルタ」の欄に追加されます。
.auc 色変換のプラグイン。
メニューの「設定」→「色変換の設定」に追加されます。
.aul 言語拡張のプラグイン。
メニューの「ファイル」→「環境設定」→「言語の設定」に追加されます。

これらのファイルはAviUtlフォルダの中に「plugins」というフォルダを作成し、全て中に放り込みます。

※ただし、他のexeファイルとの兼ね合いがあるので何も理解せずに移動させるとプラグインが動作しなくなったりするので注意。(例えばx264guiExの「x264guiEx.auo」などを移動させたりすると「exe_files」フォルダへのパスが変わってしまって自分で再設定しなければならなくなる)

ちなみに、どのようなプラグインも元は「AviUtl Plugin SDK」にて.dllファイルとしてビルドされています。なので拡張子をリネームしただけで実質中身は.dllです。

スクリプト系

「スクリプト制御」系のファイルの拡張子です。有志が作成した様々なエフェクトなどを追加出来ます。

.anm エフェクトの「アニメーション効果」に追加するスクリプトを書いたファイル。
.obj 「カスタムオブジェクト」に追加するスクリプトを書いたファイル。
.scn 「シーンチェンジ」に追加するスクリプトを書いたファイル。
.cam 「カメラ効果」に追加するスクリプトを書いたファイル。
.tra 「変化方法」(直線移動とかの類)を追加するスクリプトを書いたファイル。

これらのファイルはAviUtlフォルダの中に「script」というフォルダを作成し、全て中に放り込みます。

参考:外部スクリプトファイルを追加する方法【配布方法】

設定とか状態を保存する系

.aup 「プロジェクト」の保存ファイル。
(参考:作業状態を保存する方法【aupとexo】)
.cfg 「プロファイル」の保存ファイル。
(参考:プロファイルの使い方について【設定】)
.exo 拡張編集の「オブジェクト」のエクスポートファイル。
(参考:作業状態を保存する方法【aupとexo】)
.exc 各オブジェクトの「初期値」を保存したファイル。
(参考:設定ダイアログの使い方)
.exa 各オブジェクトの「エイリアス」を保存したファイル。
(参考:エイリアス(.exa)の使い方

フォルダ構成について

オススメのフォルダ構成は以下のようになります。

「AviUtl本体フォルダ」はAviUtl関係のファイルが全て入っているフォルダを指します。

・「.exc」は「exedit.auf」と同じ階層にしないと初期値として反映されません。

・「.exo」も「exedit.auf」と同じ階層にする事で、「メディアオブジェクトの追加」からワンクリックで挿入出来るようになります。

・「backup」には、自動的に保存されたプロジェクトファイルが保存されます。(拡張子が「.exedit_backup」ですが中身は「.aup」です)

・「transition」は「ワイプ」「シーンチェンジ」に新たな効果として追加する為のフォルダです。pngファイルとして追加したものが新たな効果して追加されます。(⇒シーンチェンジ・ワイプの種類を追加する方法【transition】

・「figure」も同じく「図形マスク」に新たな図形として追加する為のフォルダです。pngファイルとして追加したものが新たな図形して追加されます。(⇒図形の種類を追加する方法【figure】

・「各エイリアス格納フォルダ(任意の名前)」は、設定ダイアログ上で「右クリック」→「設定の保存」→「現在の設定でエイリアスを作成する」を選択する事で作成されるフォルダです。

・「script」は各スクリプトを格納する為のフォルダです。また、「フォルダ分け(任意の名前)」のように更にフォルダを作成して、その中にそれぞれのファイルを入れても問題有りません。(更にフォルダを作るのはダメ)

・「plugins」は各プラグインを格納する為のフォルダです。

・基本的に全て「exedit.auf」と同階層にしないと機能しません。

・フォルダ名については「半角文字」であれば大文字でも小文字でも構いません(ScRipTみたいな名前でも可)

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク