【AviUtl】使用できるフォントを追加する方法

AviUtlで使用できるフォントを追加する方法について紹介します。

スポンサードリンク

AviUtlで使用できるフォントを追加する方法

まず、使用したいフォントを探します。

(Googleで「フォント かっこいい」などと検索すれば、いくらでも見つかると思います。)

ここでは、以下のフォントを入れるものとして紹介します。

このフォントをダウンロードして、ファイルを展開すると「bokutachi.otf」というファイルが入っているので

このファイルをダブルクリックします。

追加するフォントによっては、「.ttf」という拡張子な場合がありますが、その場合もダブルクリックしてください。

すると、以下のような画面が開くので、左上の「インストール」というボタンを押します。

これでインストールは完了です。

あとはAviUtlを開いて、テキストを追加してフォントを変更すると、「ぼくたちのゴシック」というフォントが追加されているのが確認できます↓。

フォントをインストールするときにAviUtlを起動していた場合は、AviUtlを再起動しないとフォントは追加されません。

フォントによっては、追加されるフォントの名前が違う場合があります。

例えば、「ぼくたちのゴシック」の場合で言うと

  • 「Bokutachi no gosikku」
  • 「Our Gothic」

みたいにローマ字表記だったり、英語表記だったりする場合があります。

フォントの管理 → NexusFontがオススメ

というわけで、AviUtlで使用できるフォントを追加する方法について紹介したわけですが

この紹介した方法では、フォントは自分のパソコンにインストールされてしまいます。

なので

  • 自分のパソコンが壊れたらインストールしたフォントはすべて消えてしまう
  • フォントをたくさんインストールすると、どれがどのフォントかわけがわからなくなる
  • フォントをインストールしたパソコン以外では、インストールしたフォントは使えない(例えば、2つのパソコンを持っている場合、フォントをインストールしていないほうのパソコンでは使えない)

という3つのデメリットが生じてしまいます。

「このデメリットはどうしようもないんじゃないの?」と思うかもしれませんが

実はこの3つのデメリットをすべて解消できる方法があります。

それは「NexusFont」というフリーのフォント管理ソフトを使う方法です。

▲NexusFont

「NexusFont」を使えば

・「NexusFont」というソフトの中にフォントをインストールできる

・「NexusFont」を起動している間だけ、インストールしたフォントがAviUtlで使えるようになる

・「NexusFont」で、フォントをフォルダ分けして管理できる

などが可能になります。

「NexusFont」はポータブル版もあるので、Googleドライブなどのオンラインストレージに入れておけば、どんなパソコンでも自分が使いたいフォントを使うことができますし、パソコンが壊れてもオンラインストレージから復元することもできます。

正直、たくさんのフォントを使う人にとってはみたいなソフトだと思うので、インストールするのをオススメします。

ちなみに「NexusFont」はWindows専用のソフトなので、Macの人は他の代替ソフトを使いましょう。

「NexusFont」の詳しい使い方については、外部サイトをごらんください↓。

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

フォローする