FakeAacWav(FAW)とは?使い方を簡単に紹介【AAC→擬似WAV】

AACな音声ファイルを擬似WAVな音声ファイルに、変換する事が出来る「FakeAacWav(通称:FAW)」というソフトの使い方とかについて簡単に紹介します。

スポンサードリンク

何に使うもの?

2016-01-22_12h33_48

基本的にこのソフトは、DGIndex・BonTsDemuxなどのソフトを使用して、地デジ・BS/CSなどのTSファイルを「映像」(M2V)と「音声」(AAC)した後の、AACファイルを擬似WAVに変換するのに使用するソフトです。

AAC↔擬似WAV」という感じで、相互に変換可能です。

擬似WAVってなに?

「擬似WAV」というのはその名の通り、「中身はAACだけど、外面(そとづら)だけWAVなファイル」のことを指します。

何故、擬似WAV化にするの?

理由は以下のとおりです。

  • 音声を無劣化でエンコード出来るから
    • AACとして読み込んでしまうと、カット編集などをした場合には、必ず再エンコードをする必要が出てくる為、音声が劣化してしまうが、擬似WAVとして読み込ます事で再エンコードする必要が無くなる(無劣化編集できる)
  • 単純に、AACファイルを読み込める動画編集ソフトが少ないから
    • AviUtlでは、L-SMASH Worksで読み込める事には読み込めるけど、擬似WAVしても大して手間は変わらない上に、メリットが大きい
  • 音ズレが起きにくいから

ダウンロード

ダウンロードは以下のページから行えます。

ダウンロードが終わったら、ファイルを解凍して適当な場所に移動させて下さい。

これで導入は終了です。

使い方

「FAW.exe」を立ち上げます。

faw_画面

▲このような画面が立ち上がるので、このウィンドウに「AAC」ファイルをドラッグ&ドロップして、右下の変換を押せば、擬似WAVを出力できます

変換した「擬似WAV」は、再度ドラッグ&ドロップして、右下の変換を押せば、AACとして出力できます。

また、右下の「FAWサイズ」を1/2に変更すると、出力される擬似WAVファイルのファイルサイズが半分になります。(昔はx264guiExが2GB以上対応していなかったので設定する意味がありましたが、今は特に有りません)

あとは、この擬似WAVファイルを、各種動画編集ソフトなどに読み込ませてMux・エンコードするだけです。

AviUtlの手順

AviUtlで、エンコードするまでの流れを簡単に紹介します。

  1. AviUtlに「ファイル」→「音声読み込み」から、擬似WAVファイルを読みこませる
  2. x264guiExの設定画面を立ち上げる
  3. 「fawcl.exeの指定」で、パスを通す(このファイルはFAWフォルダの中に入ってます)
    2016-01-20_21h17_14

こういうふうに設定しておけば、「fawcl.exe」が、Muxの前に「擬似WAV」→「AAC」へ無劣化で変換してくれます。

また、DGIndexやBonTsDumuxなどでDemuxした際の音声のDelay分も、勝手に補正してくれます。(ファイルに「DELAY -375ms」とか書かれてる分)

普通にAACのまま編集するよりも、音ズレなども発生しにくいようです。

というわけで、FakeAacWav(FAW)の説明は以上で終わりです。

※AviUtlを使用して、TSファイルをH.264に再エンコードする一通りの手順については以下記事を参照して下さい。

TSファイルをAviUtlでH.264エンコードするまでの手順【初心者向け】