DVD・BDパッケージの裏面表記の見方【DVD-Videoの仕様・リージョンコードとか】

需要ないような気がしますけど、DVDのパッケージ裏面に書いてる表記の見方について簡単に紹介。

※紹介するのは「アプリケーションフォーマット」が「DVD-Video」のもの

スポンサードリンク

DVDパッケージの見方

↓この画像(実際のDVDパッケージの裏面)を例に説明します。

jacket02

表記意味
①WSP-003DVDの型番。そのDVDだけに付けられる世界で1つだけのもの。
②89min収録時間が89分ということ。
③片面1層「片面一層のDVD-ROM」だということ。
これが「片面2層」だと単純にデータ量が2倍になるので、収録時間が2倍にできたり、画質(ビットレート)を2倍良く出来たりする。
あと「片面2層」だと、古いPCだと読み込めない事が稀にある。
コスト的に「片面1層」とほとんど変わらないので、レンタルDVDとかはほとんど「片面2層」。(ブルーレイもほとんど「片面2層」)
④COLOR「カラー」か「モノクロ」かということ。
「COLOR」ならその名の通り「カラー」、「MONOCHROME」なら「モノクロ」(白黒)表示ということ。
⑤MPEG2動画コーデックが「MPEG-2」だということ。
DVD-Videoの標準は暗黙の了解で「MPEG-2」だけど、稀に「MPEG-1」が使われてることもある。
「MPEG-1」はVHS並に画質が悪い。
参考:動画コーデックの種類と違い(H.264・VP9・MPEG・Xvid・DivX・WMV等)【比較】

ちなみにブルーレイだと「MPEG-4 AVC」(h.264のこと)と書かれている事が多い。(それかVC-1とか)
⑥ステレオ 2chチャンネルが2chまでしか対応していないってこと。(5.1chとか対応じゃないってこと)
⑦セル専用 レンタル専用「セル専用」というのは、「販売専用」ということ。つまり「レンタルには使用できないよ!」ってこと。
(下に「レンタル禁止」って書いてるけど)
⑧DVD-Videoアプリケーションフォーマットが「DVD-Video」だということ。
DVDに対応している機器なら100%対応しているフォーマット。
他にも「DVD-VR」とか「編集可能」なフォーマットもあるけど、これは一部のDVDプレイヤーには対応していないことがある。
⑨09.12.25このDVDが販売された日付。
⑩3900円(税込み)このDVDの値段。
⑪日本語字幕字幕に対応している言語。
英語とかにも対応しているなら「英語字幕」って表記も追記される。
⑫16:9アスペクト比。
ブラウン管時代は4:3が多かったけど、今は全て16:9。
⑬DOLBY DIGITAL音声コーデックが「AC-3」だということ。
「対応させようと思ったら5.1chもいけるよ!」みたいなコーデック。
音質的にはMP3以上、AAC以下って感じ。たぶん。
⑭ALL NTSC「リージョンコード」が全地域に対応しているっていうこと(ALLの部分)

ここの部分が「1」とか書かれてたら、アメリカとかで売られてる「DVDプレイヤー」じゃないと「リージョンコードが違います」とか言われて再生できない。
ただ、プレイヤーによっては「このDVDはリージョンコードが違います。プレイヤー自体のリージョンコードを変更して再生しますか?」みたいに訊いてくるプレイヤーもある。
ただし、リージョンコードの変更の回数には限りがあるので、「日本のDVD→海外のDVD→日本のDVD」みたいな感じで交互に見まくってたら終いには変更出来なくなる。

NTSC」は「カラー信号」の規定。
「NTSC」の他に「PAL」「SECAM」というのもあるけど、日本のDVDプレイヤーは「NTSC」しか対応していないので観ることが出来ない。
そういう時は、パソコンで視聴すると良い。
パソコン内蔵のDVDドライブは、「NTSC」でも「PAL」でもどんな方式のDVDでも読み込めるので、そのままPCで観るか、PCで「PAL」のものを「NTSC」に焼き直して、日本のDVDプレイヤーで観るとかいう方法も出来る。

BDパッケージの見方

基本的にはDVDと同じです。

ブルーレイ裏面_パッケージ

MPEG-4 AVC(H.264のこと)」はブルーレイでしか使用できないコーデックなので、このパッケージはブルーレイという事です。(他にも「VC-1」(WMV9のこと)「MPEG-2」が使われていることも稀にある)

右下の「A 日本市場向」というのは「リージョンコード」の事ですね。

日本市場向けと書いておきながら「ALL」という意味なので、どの国のDVDプレイヤーでも視聴出来ます。