ドロップフレームとノンドロップフレームの違いについて

ドロップフレーム」と「ノンドロップフレーム」な動画の違いについて簡単に解説します。

※この記事を理解するためには、最低限「フレームレート」「インターレース」「プログレッシブ」の意味を理解しておく必要があります。

※この記事では、難しい部分はかなり端折って説明しているので、正確には異なっていますので注意。

スポンサードリンク

ドロップフレームとノンドロップフレームの違い

s-PAL-NTSC-SECAM.svg
出典:NTSC – Wikipedia

2つの意味の違いについて理解するには、まず、テレビの歴史について知らなければなりません。

テレビ(NTSC)のfpsは元々、モノクロ放送時代は「30fps」でした。

しかし、カラー放送に移行する際に、情報量が増える事が原因で,標準fpsが「30fps」から「29.97fps」に変更せざる得なくなりました。

※技術的な事については以下のページが参考になります。
NTSC のフレームレートはなぜ 29.97fps なのか – swk’s log

fpsを変更したのは良いですが、このままでは「1秒を30フレームでカウントしてるのに、動画のソース自体は29.97フレーム分しか無い」ので、放送しているとどんどん時間のズレが生じてしまいます。(タイムコードにズレが生じる)

タイムコード例
タイムコード

具体的に言うと、1時間放送したとしたら、「30fps」の方は「108000」フレームあるのに、「29.97fps」の方は「107892」しか有りません。これは時間に直すと3.6秒ほど(108フレーム分)です。

この僅かな時間差をどうにかしようと考えられた概念が「ドロップフレーム」です。

「ドロップフレーム」な動画では、「10分当り、18フレームの誤差が出る」という事が問題点なので、「各分数毎に2フレームずつ修正して、10分に繰り上がるところは修正を行わない」という風な感じで修正を行って、従来の30fpsと同じようにタイムコードを修正します。

イメージとしては以下の動画のような感じです。

また逆に、「ドロップフレーム」の対義語として、ドロップフレーム動画以外の動画のことを「ノンドロップフレーム」と呼ぶようになりました。

具体的なフレーム数

簡単な違いですが、以下の様な感じです。

○ドロップフレームな動画のフレームレート

  • 59.94fps
  • 29.97fps
  • 23.976fps

○ノンドロップフレームな動画のフレームレート

  • 60fps
  • 30fps
  • 24fps

動画編集の際のドロップフレームの扱い

正直、「テレビで流す用の動画で、1時間の動画をぴったり1時間の動画(タイムコードを1時間ジャスト)として作りたい!」とか言う場合以外は、ドロップフレーム・ノンドロップフレームについて意識する必要は有りません。

どっちでも良いです。

編集の際は「元動画のフレームレート」に合わせとけばOKです。

例えば、その動画が29.97fpsな動画なら29.97fpsとして読みこめばOKですし、30fpsな動画なら30fpsとして読みこめば良いです。

基本的に無の状態から動画を作り出すなら、ノンドロップフレーム動画として作ればOKです。(24、30、60などの整数fps)

というか何回も言いますが、「どっちでも良い」です。

どのような動画がドロップフレームなのか

テレビで放送されている地上デジタル放送などはドロップフレームなのは言うまでもないですが、日本で発売されている「デジカメ」「スマフォ」などの動画も、日本のテレビ規格であるNTSC(今はISDB-Tっていう規格)と互換性を持たす為に全て「ドロップフレーム」形式となっています。

すなわち、フレームレートで言う所の、

  • 59.94fps
  • 29.97fps

などです。

実際の商品の表記では、「60fps」「30fps」と書かれている事が多いですが、実際にはこれはドロップフレームです。

どのような動画がドロップフレームなのか_例
参考:価格.com – CANON PowerShot G7 X スペック・仕様

▲ユーザーが分かり易いように整数で表記してくれてますが、この画像で言うと、実際は「60fps」じゃなくて「59.94fps」です

実際にメーカーの仕様ページとか見てみると、こんな感じ↓で小さい文字で書いてます。(書いてないメーカーもあります)

どのような動画がドロップフレームなのか11

この表記の場合、インターレースかプログレッシブかは表記されていませんが、インターレースな場合は必ず「60i」みたいに表記されてるはずなので、このデジカメはプログレッシブしか撮影出来ないデジカメだと分かります。

結局何が言いたいかと言うと、「私達が普段撮影している動画はほとんどドロップフレームな動画」という事です。

スポンサーリンク