ビットレートはどれくらいが妥当か|目安とか求め方

動画や音声をエンコードする際の「ビットレート」の目安などについて簡単に紹介します。

※「ビットレートってそもそも何?」という人は以下ページを参考にして下さい。
参考ビットレートとは?画質・音質・コーデックとの関係

スポンサードリンク

最初に)そもそもビットレートの目安なんて決める必要ない

s-e8e4d2fb2cf6071352ee749fc272e687_s

こんな記事を書いておいてですが、ビットレートの目安なんてそもそも決める必要は有りません。

何故なら、今主流のx264エンコーダーなら、1passでも自動で最適なビットレート(”品質”を指定できる)を割り当ててくれますし、

普通のエンコーダーでも2passでエンコードすれば、ファイル内容を予測できるので、的確にビットレートを予測できるからです。

なので、そもそもビットレートの目安なんて求める必要は有りません。

機械(パソコン)に任せておけばOKです。

(目安を知っておけば、「この動画はちょっとビットレートが不足気味だなぁ~」とか分かるようになりますが)

ビットレートはどれくらいが妥当か

s-987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s

このページ(ビットレートとは?画質・音質・コーデックとの関係)でも少し説明しましたが、

「どのくらいのビットレートが妥当か」というのは、

によって異なります。

例えば、「1920×1080」と「1280×720」なら、前者の方がビットレートを2.25倍ほど多く必要とします。(解像度の違い)

例えば、「60fps」と「30fps」なら、前者の方がビットレートを2倍多く必要とします。(フレームレートの違い)

例えば、「H.264」と「MPEG2」なら、後者の方がビットレートを2倍ほど多く必要とします。(映像コーデックの違い)

例えば、「LPCM」と「MP3」なら、前者の方がビットレートを10倍ほど多く必要とします。(音声コーデックの違い)

例えば、「動きの激しい動画(スポーツ番組等)」と「動きの少ない動画(ニュース番組等)」なら、前者の方がビットレートを2~4倍ほど多く必要とします。(動画内容の違い)

このように、ビットレートというのは、一概に「○○Mbpsにしとけば良い!」と決めつけるものではないということです。

映像ビットレートの目安

とは言っても、「どれくらいにすれば良いか全然検討も付かない!」という人が多そうなので、具体例を示して”目安”を紹介します。

あくまで”目安”なので、動画の内容によっては全く異なるので注意です

※ビットレートの数値は、以下のサイトなどを数値を参考にしています。
参考:RealNetworks FAQ: 最適なビデオ品質が得られるエンコーディング設定を選ぶ方法はありますか?
参考:H.264エンコードでのビットレートの目安 – 蜥蜴日記

※ちなみに式は以下です。

ファイルサイズ[MB] = (映像ビットレート[kbps] + 音声ビットレート[kbps] ) × 再生時間[秒] ÷ 8 ÷ 1024

具体例①:フルHD動画

例えば以下の様な条件の動画だとします。

  • 解像度:1920×1080
  • フレームレート:30fps
  • 映像コーデック:H.264
  • 音声コーデック:AAC-LC

最高画質で保存したい場合

もし「動きの激しい動画」なら、13~15Mbps前後くらいが妥当です。

もし「動きの少ない動画」なら、10~13Mbps前後くらいが妥当です。

高画質で保存したい場合

もし「動きの激しい動画」なら、9~10Mbps前後くらいが妥当です。

もし「動きの少ない動画」なら、8~9Mbps前後くらいが妥当です。

中画質で保存したい場合

もし「動きの激しい動画」なら、6~8Mbps前後くらいが妥当です。

もし「動きの少ない動画」なら、5~6Mbps前後くらいが妥当です。

低画質で保存したい場合(低容量)

もし「動きの激しい動画」なら、5~6Mbps前後くらいが妥当です。

もし「動きの少ない動画」なら、3~5Mbps前後くらいが妥当です。

具体例②:ニコニコ動画投稿用

例えば以下の様な条件の動画だとします。(参考:ニコニコ用の動画エンコの方法と投稿条件

  • 解像度:1280×720
  • フレームレート:30fps
  • 映像コーデック:H.264
  • 音声コーデック:AAC-LC
  • 動画長さ:10分
  • 動画内容:ゲーム実況

ニコニコの場合、「1280×720」「15分以内」「1000kbps以上」という3つの条件を満たすと「高画質」な動画になります。

なので、1,000kbpsでエンコすれば高画質になります。

※詳しくは次のページを参考にして下さい。
【ニコニコ】新仕様で変わったこと(エンコード仕様等)を分かりやすく解説【100MB→1.5GB】

具体例③:Youtube投稿用

例えば以下の様な条件の動画だとします。(参考:Youtubeに投稿する動画のエンコ条件とか方法【動画形式・コーデック他】

  • 解像度:1280×720
  • フレームレート:30fps
  • 映像コーデック:H.264
  • 音声コーデック:AAC-LC
  • 動画内容:PV・MV(参考:PV・MVの作り方

Youtubeの場合は、超高ビットレートにしてうpすればOKです。(ファイルサイズ制限がないし、どうせ再エンコされるので)

この場合、「10Mbps」もあれば最高画質になるでしょう。

音声ビットレートの目安

非可逆コーデック(MP3、AAC、Vorbis等)なら、どのコーデックでも「128kbps」もあれば十分でしょう。

もし、”音質重視の動画”なら、「192~320kbps」程度まで上げると良いでしょう。

あなたが普段、音楽を満足して聴けるビットレートで十分です。

※ちなみに、私のように「128kbps以上を聴き分けられない!」という人は、128kbps以上は割り当てても無駄です

ビットレートが多く必要になる場面とは?(エンコ殺し)

ビットレートというのは、「前フレームと差があればあるほど必要となってくるもの」です。

なので、映像が常に変化する動画では、ビットレートは普通より多く必要となります。

例えば、「雨」や「雪」などのシーンなどでは、常に画面全体が微妙に変化するのでビットレートを食いまくります。

つまり、エンコードでビットレートを予測する際には、「その映像内で場面が変化するシーンがどれくらいあるか」がかなり重要になります。

ちなみに、「ビットレートを食いまくるシーン」の事を、俗に「エンコ殺し」などと呼びます。

ノイズ3
▲こんな感じのノイズ映像はまさに「スーパーエンコ殺し」と言えます
規則性がない為にコーデックによる圧縮アルゴリズムも全然効かないので、エンコード的には最悪の映像です
(ちなみにこのノイズ映像を1920×1080で表現しようとしたら、300Mbpsくらい必要になる)

実写とアニメの違い

s-screenshot_799 s-himawari
▲アニメ ▲実写

「実写」な動画と「アニメ」な動画なら、(基本的に)「実写」の方が多くのビットレートを必要とします。

実写の方が、アニメより遥かに細かなディティールを必要とするからです。(まぁ見れば分かりますよね・・)

あと、エンコーダーによっては、

  • 「実写映像」に最適化する設定
  • 「アニメ映像」に最適化する設定

などが用意されていたりするので、使い分ける事でビットレートを削減出来ます。

screenshot_186
▲x264guiExの場合「チューニング」という項目で最適化出来る(参考:x264guiExの各設定項目の解説③

このページの情報は以上です。

関連ページ動画のビットレートを計算する方法【ファイルサイズとの関係】

関連ページCBR(固定)とVBR(可変)とABR(平均)の違い【ビットレート】