【AviUtl】ランダム配置の使い方【アニメーション効果】

AviUtl拡張編集プラグインのエフェクトの1つである、

アニメーション効果」の「ランダム配置」の使い方ついて紹介します。

スポンサードリンク

ランダム配置

オブジェクトをランダムに配置します。

アニメーション効果_ランダム配置

ランダムに配置するオブジェクトの数を指定できます。

ランダム配置_数5 ランダム配置_数10
▲数:5 ▲数:10

範囲

ランダムに配置するオブジェクトの範囲を設定できます。

大きくすればするほど広範囲に配置できます。

ランダム配置_範囲広

回転

1つ1つのオブジェクトがその場で回転する速度を設定できます。

ランダム配置_回転
▲範囲:20

拡散

オブジェクトの拡散具合を設定できます。

ランダム配置_拡散

設定

右下にある設定ボタン(設定ボタン)から更に詳細な設定をできます。

ランダム配置_設定

ランダム角度

配置されたオブジェクトの角度を全てランダムにします。

ランダム配置ON ランダム配置OFF
▲ランダム角度:ON ▲ランダム角度:OFF

 カメラ方向を向く

どの角度から見ても常にカメラの方を向くようになります。

カメラ制御を使ってカメラを移動させた様子
ランダム配置_カメラの方向を向くON ランダム配置_カメラの方向を向くOFF
▲カメラ方向を向く:ON

常にコチラを正面になるように角度が自動的に変わる

▲カメラ方向を向く:OFF
サンプル

カメラ制御を使ってカメラを移動させたサンプルです。

・3D配置:ON
・ランダム角度:OFF
・カメラ方向を向く:ON

・3D配置:ON
・ランダム角度:OFF
・カメラ方向を向く:OFF

・3D配置:ON
・ランダム角度:ON
・カメラ方向を向く:ON

関連スクリプト

このページの情報は以上です。